• The Cellar Osaki
  • The Cellar Roppongi
  • スタッフのおすすめワイン
  • facebook

営業日カレンダー

2017年 02月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
今日
この色のついた日は、発送業務、メール等のお問い合わせ対応の休業日となります。
 

トップ > 今週の新入荷&再入荷ワイン > バディオ ティント 2011

商品詳細

バディオ ティント 2011
Vadio Vinho Tinto 2011

商品番号 5600392741090
商品名 バディオ ティント 2011
原産国 ポルトガル
生産地域DOCバイラーダ
色・味わい赤 ミディアムボディ
容量750ml
アルコール度数13%
販売価格 2,250 円(税込)
ポイント 22 ポイント
数量  
かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • メールでシェアする
  • お問い合わせ
ポルトガル DOCバイラーダ 赤 ミディアムボディ
品種:バガ主体
バディオはバイラーダのポウテナ村を拠点とする小さな家族経営のワイナリーで、バイラーダの伝統的なブドウ品種を使って本物のDOCバイラーダのワインを造ることを心がけています。
砂質石灰岩土壌の畑で栽培された平均樹齢60年のブドウを使用。フレンチオークとアメリカンオークで18ヶ月樽熟成した後、18ヶ月の瓶内熟成を経てリリースされます。いろいろな赤い果実の香りにやや土っぽいニュアンス。果実味を引き締める酸味としっかりとしたタンニンを持つ余韻の長いワインです。
(アルコール度数:13%)

♪ 別府のおすすめワイン
12月のお薦めなので、今年印象的だったワインは何だっけなと改めて思い返すと、もちろん色々あるのですが、やはり僕としてはこれかなと。
ポルトガルはバイラーダのワインです!
と言ってもなかなかご存知ない方多いと思いますが、ポルトガルのちょうどリスボンとポルトの間、ダォンの海側。
ポルトガルでもそこまで認知されている産地ではありません。
実際今年生産者と話もしたのですが、この地域の代表品種であるバガは昔から他の品種と比べて価格も非常に安かったとのこと。
しかしこの品種は非常に独特な魅力があり、実はネッビオーロにも似たしっかりしたタンニンと強い酸が特徴で、きちんと造ってあげれば、バイラーダの特徴でもある粘土石灰土壌とも相まって、天にも昇るような目の覚めるミネラル感とエレガントな酸のある、とても魅力的なワインになるのです。
このバディオは、香りはかつお節や梅のようなちょっと日本的なニュアンスがあり、ふわーっと上に向かう味わいがとても特徴的。
柔らかい果実感が強い芯を包み込んでいて、じわじわ旨みが出てきます。
何にあうかなと考えていたのですが、牡蠣は面白そうです。
生もいいですが、焼き牡蠣のほうがよりいいかな。
この季節、是非お試し下さい。
(2014年12月)