東京・港区虎ノ門のワイン専門店通販

「G20サミット」に伴う交通規制の影響によるお届けの遅延と一部サービスの中止について

新規会員登録で500ポイントプレゼント!!

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

ソムリエに相談する
  • ペログビワイン日記
  • 新しいワイン空間 The Cellar Roppongi
  • 公式インスタグラム

営業日カレンダー

2019年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
この色のついた日は、発送業務、メール等のお問い合わせ対応の休業日となります。
2019年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

シャトー・ド・ラ・マルトロワ ブルゴーニュ・アリゴテ 2016
Chateau de la Maltroye Bourgogne Aligote 2016

シャトー・ド・ラ・マルトロワ ブルゴーニュ・アリゴテ 2016

拡大画像を見る

※画像は実際のヴィンテージ、ラベルとは異なる場合があります。

商品番号4580018600295
商品名シャトー・ド・ラ・マルトロワ ブルゴーニュ・アリゴテ 2016
原産国フランス・ブルゴーニュ
生産地域AOCブルゴーニュ・アリゴテ
色・味わい白 こくのある辛口
容量750ml
アルコール度数12.5%
販売価格2,300 円(税込)
ポイント23 ポイント
数量
カートに入れるすぐに購入する
  • お気に入りに追加
  • 商品についてのお問い合わせ
ブルゴーニュ AOCブルゴーニュ・アリゴテ 白 こくのある辛口
品種:アリゴテ
シャサーニュ村の中央、葡萄畑を見下ろす好位置にあるのがシャトー・ド・ラ・マルトロワ。15世紀に造られたこのシャトーを1940年に手に入れてドメーヌを立ち上げたのはダニエル・ピカール氏。1992年からダニエルの孫にあたるジャン・ピエール・コルニュ氏が栽培・醸造の責任者を務めています。1970年代の末まで、非常に良い畑を持っていたにもかかわらず、別の醸造元にワイン造りを任せていたため、ワインの評価は芳しくありませんでしたが、1980年代に入って次第に改善されていき、現在ではシャサーニュを代表する造り手の一人になっています。
クロ・デュ・シャトー・ド・ラ・マルトロワの隣に位置する約0.3haの畑から造られます。粘土・泥灰土・小石の混ざった土壌から、良い骨格がありエレガントなワインが生み出されます。アリゴテはクレーム・ド・カシスを入れてキールを作るためのワインと多くの生産者が言う中、マルトロワでは全くそうでなく、シュール・リーの12ヶ月間の熟成を得て、複雑味と力強さをもつワインに仕上がっています。
(アルコール度数:12.5%)

♪ 千田のおすすめワイン
10月のお勧めワインは、シャトー・ド・ラ・マルトロワのアリゴテです。
秋にアリゴテとは、なんだか季節に逆行しているようですが。。。(笑) 先日エキスパート試験を終え、濃い目のカベルネや樽のきいたシャルドネばかり飲んでいたので、久々に癒しの味わい(?)を求めて手に取りました。
このマルトロワ、サッパリとしたアリゴテをイメージして飲むと、意外にもボリュームのある味わいに驚かされます。
香りは、さわやかなレモンサイダーに、ふくよかなオークやミネラルのニュアンス。
酸は控えめで、ほんのり舌先に感じる程度の優しい口当たり。
グレープフルーツやフレッシュな洋ナシの果実の中に、リンゴの蜜のような芳醇さも感じられます。
シンプルですが、鼻から抜けるオークの香りが心地良く、スイスイっとすすんでしまいます。
どんなお食事にも万能に合う1本としておススメです!
(2018年10月)


トップへ
戻る