• The Cellar Osaki
  • The Cellar Roppongi
  • スタッフのおすすめワイン
  • facebook

営業日カレンダー

2018年 07月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
この色のついた日は、発送業務、メール等のお問い合わせ対応の休業日となります。
 

トップ > スタッフのおすすめワイン > ぼんじゅーる農園 ア・エ・イグレック くらかけブラン ピノ・ノワール 2017

商品詳細

ぼんじゅーる農園 ア・エ・イグレック くらかけブラン ピノ・ノワール 2017
Bonjourfarm a. et y. Kurakake Blanc Pinot Noir 2017

商品番号 2985340502866
商品名 ぼんじゅーる農園 ア・エ・イグレック くらかけブラン ピノ・ノワール 2017
原産国 日本
生産地域長野県
色・味わい白 こくのある辛口
容量750ml
アルコール度数12%
販売価格 3,600 円(税込)
ポイント 36 ポイント
数量  
かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • メールでシェアする
  • お問い合わせ
日本 長野県 白 こくのある辛口
品種:ピノ・ノワール100%(長野県東御市鞍掛地区産)
2010年設立のぼんじゅーる農園で収穫されたブドウを原料とし、同じ東御市のワイナリー、リュードヴァンに委託醸造して生産された白ワイン。白ワインながらもピノ・ノワールらしいボディと骨格が感じられます。
(アルコール度数:12%)

♪ 渡邊のおすすめワイン
今回私がお勧めしたいワインは、「a. et y.(ア・エ・イグレック)くらかけブラン ピノ・ノワール 2017」です。
長野県東御市にあります、ぼんじゅーる農園は、蓑輪さんご夫婦2人で始めた農園で、ぶどう畑は、長野県東御市北部の「鞍掛(くらかけ)」「祢津(ねつ)」地区の標高740〜820m付近にあり、日当たりと水はけに恵まれた南向きの緩斜面で、ワインぶどうの栽培に適した土地です。
ワインの名称はこの2つの地区名に由来しています。
まだ醸造所はもたれていないため、ワインは、ぼんじゅーる農園で収穫されたブドウを原料とし、醸造は同じ東御市内のワイナリー、「リュードヴァン」にて委託醸造されておりますが、将来的には東御市内で、フランス・ブルゴーニュ地方にあるような、家族経営で小規模な醸造所の設立を目指している為、醸造にも立会い、一緒に行っているそうです。
ワインのブランド名の「a. et y.(ア・エ・イグレック)」も、ご夫婦2人のイニシャル、「AとY」に由来しています。
今回4回目のリリースとなる「くらかけブラン ピノ・ノワール 2017」は、黒ブドウであるピノ・ノワール種を、白ワインの製法で仕込んだ、いわゆる「ブラン・ド・ノワール」と呼ばれる白ワインです。
2017年は春の気温が低く、ブドウ樹の萌芽や開花は遅かったものの、夏から秋にかけて穏やかな天候に恵まれ、素晴らしいヴィンテージとなったそうです。
グラスに注ぐと、とても綺麗な黄金色で美しく、目を引きます。
香りは、摩り下ろした赤林檎や青林檎、グレープフルーツなどの黄色い果実の香りもし、とても芳醇です。
口に入れると、これもまた蜜のたっぷりな林檎や、フレッシュな黄色い柑橘系の味わいが広がり、キュっとした綺麗な酸が全体を引き締めます。
大振りのグラスでゆっくりと飲んでいたのですが、時間が経って温度が上がると、桜桃やアップルパイなどの甘やかな果実味も出てきて、ワインの厚みや、ブドウ自体のポテンシャルを感じました。
こちらは、日常的な和食や、魚介系のお料理とも相性抜群だと思います!
私でしたら、アサリの酒蒸しや、カツオのタタキ、大きな魚と貝類とお野菜をトマトソースで蒸したアクアパッツァにもとても良く合うと思います。
黒ブドウのピノ・ノワールから造られた白ワイン、「ブラン・ド・ノワール」。
生産本数も少なく、日本ワインとしてはとても珍しいと思いますので、皆様ぜひ一度お試し下さいませ!
(2018年6月)