• The Cellar Roppongi
  • スタッフのおすすめワイン
  • facebook

営業日カレンダー

2018年 10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
この色のついた日は、発送業務、メール等のお問い合わせ対応の休業日となります。
.
 

トップ > スタッフのおすすめワイン > カンティーナ・クリフォ カステル・デル・モンテ ロザート 2017

商品詳細

カンティーナ・クリフォ カステル・デル・モンテ ロザート 2017
Cantina di Ruvo di Puglia Castel del Monte Rosato 2017

商品番号 8003698001467
商品名 カンティーナ・クリフォ カステル・デル・モンテ ロザート 2017
原産国 イタリア
生産地域プーリア州
色・味わいロゼ すっきりとした辛口
容量750ml
アルコール度数11.5%
販売価格 1,400 円(税込)
ポイント 14 ポイント
数量  
かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • メールでシェアする
  • お問い合わせ
イタリア プーリア州 DOPカステル・デル・モンテ ロゼ すっきりとした辛口
品種:ボンビーノ・ネーロ
カルペンティエーレ社は、プーリア州バーリ県、アドリア海より約15km内陸に入ったムルジャ高原の町コラートの丘陵ゾーン海抜約450mに位置しています。現在では国立公園に指定されているこの高原には、かつて羊飼いたちが夜の寒さや、狼から身を守る目的で建てた強固な石灰岩を使った独特な形状の建造物、ジャッツォがあちこちに残っており、カルペンティエーレ社は、1200年代に造られたジャッツォの1つをそのまま社屋のエントランスとして利用しています。栽培品種の割合は、ネーロ・デ・トロイアが12ha、メルロとカベルネが2.5haずつ、ボンビーノ・ネーロが1ha。
ボンビーノ・ネーロは比較的果皮の色素の弱い赤品種で、ロゼ用にプーリア全土で栽培されていますが、カステル・デル・モンテで栽培発酵されるものだけがDOCGを冠せられます。収穫は10月中旬。収穫時の気温が安定かつての正式名称の頭文字からカンティーナ・クリフォと愛称が付けられたこのワイナリーは、1960年代に27人のパイオニアにより設立された協同組合で、現在の組合員は1,020名。近代的な醸造所とボトリング施設により、一部ワインを除き、そのほとんどを一元生産しています。カンティーナ・クリフォは、イタリア国内外に向けて、デイリーユースから特別の日のワインまで、どのようなシーンにもマッチするワインを醸造、販売しています。近年、組合代表が変わり、ワインのラインナップを一新。より、お客様に寄り添うよう、醸造方法から見直しました。また、2016年にワイナリーの正式名称を「カンティーナ・ディ・ルーヴォ・ディ・プーリア(Cantina di Ruvo di Puglia)」に変更しています。
手で収穫したブドウを除梗破砕、ソフトプレスしてモストを搾り、白ワイン醸造します。マセラシオンは低温で軽く、加熱醸造もします。世界一美しいロゼと定評のある、北部プーリアのロザートは、シクラメンのようなロゼ色、ラズベリーのような爽やかな香りがします。きりっとした酸味と穏やかながら感じるタンニンとが、お魚にもお肉にも合わせやすく、お野菜の風味にも寄り添います。日常のお料理と気軽に合わせてみてください。
(アルコール度数:11.5%)

♪ 川合のおすすめワイン
ロゼ推しのワタクシがおすすめするのは、イタリアはプーリア州のロゼワインです。
イタリアのロゼワインの60%以上がプーリア州で生産されているとか。
今年の5月には、プーリア州のロゼだけを集めた試飲会も開かれていましたっけ。
このワインはプーリアの土着品種ボンビーノ・ネーロで造られていますが、まず色の美しさにうっとり。
赤いベリーやサクランボの香りが心地よく、口に含むと思ったよりしっかりした酸味にちょっとびっくりします。
そもそもこのワインを選んだのは、暑くて、疲れて、何かさっぱりしたものが飲みたいな、と思っていたとき。
アルコール度数を確認すると11.5%と低め。
値段も千円台前半とお財布にやさしい。
晩ゴハンの南蛮漬けともぴったり寄り添い、疲れがすっと取れる感じがしました。
白ワインのようにピシッと冷やしてどうぞ♪
(2018年7月)