• The Cellar Roppongi
  • スタッフのおすすめワイン
  • facebook

営業日カレンダー

2018年 11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
この色のついた日は、発送業務、メール等のお問い合わせ対応の休業日となります。
.
 

トップ > ニュージーランド > 別府おすすめ☆リッポン白品種飲み比べ3本セット

商品詳細

別府おすすめ☆リッポン白品種飲み比べ3本セット

商品番号 2587721624626
商品名 別府おすすめ☆リッポン白品種飲み比べ3本セット
原産国 ニュージーランド
生産地域セントラル・オタゴ
色・味わい
容量750ml×3
アルコール度数10.5%〜14%
販売価格 7,680 円(税込)
ポイント 76 ポイント
数量   残りあと4個
かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • メールでシェアする
  • お問い合わせ
別府おすすめ☆リッポン白品種飲み比べ3本セット

こんにちは、色々担当バイヤーの別府 です。
この時期はワイン業界的には年末に向けた試飲会がたっぷりあり、色々担当としては行かなくてはいけない試飲会ばかり。
昼間から酒飲んで。。。と冷たい目で是非見ないで頂きたいのですが、ずっと集中していることもあり、試飲会ってかなり体力的にもキツいんです。
一日数件あったりするともう大変で。。。

そんな身を削って探してきている当店のワインでですが、今回はニュージーランドはセントラル・オタゴの白ワイン3本セットです。
NZ?ソーヴィニヨン・ブランでしょ?と思うなかれ。
世界最南端の栽培地域、つまりとっても冷涼な気候のセントラル・オタゴは、リースリングやゲヴェルツトラミナーなどの所謂アルザスやドイツ系品種の栽培でも大注目の産地なのです。
綺麗な酸と豊かな果実実が織り成すハーモニーは、(試飲会に)疲れた舌に心地よく広がります。
オタゴを代表するリッポンのワイン。
是非お試し下さい。

【セット内容】

■リッポン ゲヴュルツトラミネール 2010
ニュージーランド セントラル・オタゴ レイク・ワナカ 白 こくのある辛口
品種:ゲヴュルツトラミネール
リッポンはニュージーランド南島の南端、セントラル・オタゴにある風光明媚なワイナリー。1975年に一族の3代目であるロルフ・ミルズが実験的にヴィティス・ヴィニフェラのブドウを植樹。その後、専門家の反対を受けつつも、気候的なデータに勇気づけられ、1982年に商業用のブドウ畑を開墾。1989年に最初のワインをリリースしました。これがセントラル・オタゴにおけるワイン造りのパイオニア、リッポン・ヴィンヤードの始まりです。今日、リッポン・ヴィンヤードのワインメーカーは息子のニック・ミルズ。彼はフリースタイル・スキーの選手として知られ、21歳の時に国内チャンピオンに輝いたほどの腕前。1998年の長野オリンピックでも期待されましたが、数ヶ月前に膝を痛め、残念ながら夢は打ち砕かれました。その年に彼はフランスへと渡り、4年間、ジャン・ジャック・コンフュロンやドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティで修業。2002年にリッポンに戻り、ワイン造りの指揮をとることとなりました。
ニックはビオディナミ農法と、新世界では珍しく灌漑によらないブドウ栽培を実践。リッポンのテロワールに忠実なワインを生み出すことに取り組み、彼の手がけるピノ・ノワール、リースリング、ゲヴュルツトラミナーなどのワインは、世界で高い評価を受けています。リッポンの畑はいまだフィロキセラの被害を受けていない、世界でも数少ない畑です。
シスト土壌で育まれたブドウを自然酵母で全房発酵し、澱と一緒に熟成。エレガントで旨みのある味わいに仕上がっています。
(アルコール度数:14%)

■リッポン ジュネス ヤングヴァイン リースリング 2014
ニュージーランド セントラル・オタゴ レイク・ワナカ 白 フルーティーな辛口
品種:リースリング
この若樹のブドウを使用したリースリングは、アプリコットやラ・フランスの華やかな香りとライムパイの様な淡いフレーバーが若いうちから愉しめつつ、セラーで10年寝かせても期待できます。
(アルコール度数:10.5%)

■リッポン ソーヴィニヨン・ブラン 2016
ニュージーランド セントラル・オタゴ レイク・ワナカ 白 こくのある辛口
品種:ソーヴィニヨン・ブラン
4年樽を使用して、一部樽発酵。ミネラルが強いソーヴィニヨン・ブランで、テクスチュアがしっかりある味わいです。
(アルコール度数:12.7%)