topへ戻る
  • HOME
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • ワインの選び方
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
日本ワインコラム
まとめ買いがおトク☆よりどり2本以上で5%OFF
ラスト1本10%OFF
情野ソムリエ特集
リーデル商品ページ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

インポーターで選ぶ

インポーター紹介
店舗一覧
HPはこちら
熨斗・ラッピング対応しております。
メルマガ会員募集中
 

トップ>ポール・ピヨ

ポール・ピヨ

ポール・ピヨ

現当主のティエリー氏と3代目の父ポール氏
現当主のティエリー氏と3代目の父ポール氏
妹のクリステルと畑
妹のクリステルと畑

シャサーニュ村で3世代続く名門ピヨ家。
樽職人のジャン・パティスト、畑を少しずつ購入し創業したアンリ、1968年に現在のドメーヌの礎を築いたポール(写真右)と引き継がれ、1999年に4代目のティエリー(写真左)、2003年に妹のクリステルが家業に合流した家族経営のドメーヌです。

ティエリー氏は「自分自身が好む、シャサーニュで育てられたシャルドネが放つ、豊かで芳醇なアロマ、柔らかく穏やかで若いときから愉しむことができ、熟成にも耐えうるワインを造りたい」と日々真摯にワイン造りと向き合っています。

現在は、シャサーニュ・モンラッシェ、サン・トーバン、サントネーに13haの畑を所有。除草剤、殺虫剤は使用しないリュット・レゾネを採用し、冬場のビュタージュ(ブドウの樹を寒さから守るため根元にフカフカの土壌を被せる作業)、収量制限などの丁寧な畑仕事を通して異なるテロワールの魅力を最大限引き出すようにしています。

白ワインの醸造はステンレスタンクで「デブルバージュ(澱引き)」を10-12時間低温で行い、この段階で純度の高い果汁と白濁した澱を分けます。その後再度澱の質を確認し、適切と判断した澱を一緒に樽に注ぎアルコール発酵を実施します。ティエリーはこの工程を「果汁のデキャンター」と呼び、ワインにピュアさを与えています。

白ワインの新樽の使用はアリゴテを除き20-25%と控えめ、12〜16カ月間澱と共に熟成。最小限の不純物のみを取り除き、澱やその他ワインの成分を残したまま共に熟成させることで、味わいに深みがもたらされます。豊かなコクと、樹液を思わせるリッチで芳醇な果実味を持ち、同時に熟成に耐えうるポテンシャルも備えた素晴らしい仕上がりです。

販売ページ