topへ戻る
  • HOME
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • ワインの選び方
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
日本ワインコラム
まとめ買いがおトク☆よりどり2本以上で5%OFF
ラスト1本10%OFF
情野ソムリエ特集
リーデル商品ページ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

インポーターで選ぶ

インポーター紹介
店舗一覧
HPはこちら
熨斗・ラッピング対応しております。
メルマガ会員募集中
 

トップ>アピシウス シェフソムリエ 情野氏 が薦める、“今”オススメのワイン"

アピシウス シェフソムリエ 情野氏 が薦める、“今”オススメのワイン

ソムリエ
情野 博之氏

情野 博之氏

有楽町フランス料理店「アピシウス」シェフソムリエ。
ワイン専門誌への連載のほか、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』にて密着取材が放送されるなど、メディアでも活躍。

■国際ソムリエ協会認定 インターナショナル・ソムリエ
■ゴ・エ・ミヨ ガイド2019「ソムリエ オブ ザ イヤー」
■シャンパーニュ・アンリオ アンバサダー
■自由が丘ワインスクール主任講師
■女子栄養大学非常勤講師
■シャンパーニュ騎士団 認定オフィシエ

こんにちは、ソムリエの情野博之です。

ソムリエを生業にしてから約30年、数えられないほどの様々なワインを飲んできました。
本業は40年続く有楽町のフレンチレストラン「アピシウス」のシェフソムリエですが、 それに加え、ワイン雑誌やメディア関連、インポーターさんの試飲会などを含めるとワインの試飲数は年間2000本近くになります。

このコンテンツではその出会ったワインの中から、自分の舌で確信した「美味しいから本当に飲んで欲しい!」をベースに 「気軽に楽しく飲める旨いワイン」を紹介させて頂きます。

今月のオススメ

―ABC(Anything but Chardonnay)シャルドネ以外の夏向き品種―

マッタリ、コクあり、まろやかなという三拍子揃った品種といえばシャルドネです。
白ブドウ品種としては世界で最も広い栽培面積を誇ります。
従って流通量も多く、我々プロのソムリエも「潰しが効く品種」として重宝しています。

ですが、これから梅雨が終われば夏本番、暑い夏が始まります。
食欲も落ちてくるこの時期、しっかりとしてコクのある低重心なシャルドネはなかなか選びづらいこともあるかと思います。
というわけで、今回はシャルドネをあえて外して、夏本番にふさわしい「スッキリ・爽やか・キレが良い」アイテムを取り揃えました。

「スッキリ」は酸味の美しさ
「爽やか」はブドウのピュアさが活きていること
「キレ」は樽香がないこと、と捉えてみました。

フレッシュで爽やか、食欲も増すようなワイン。毎日飲んでも飲み飽きない癖のなさ。
デイリーにハードローテしたくなるような白ワイン!
是非お試しください。

誰からも好まれる生き生きした仕上がり

ラポストール グラン・セレクション ソーヴィニヨン・ブラン 2018

ラポストール
グラン・セレクション ソーヴィニヨン・ブラン 2018

税込2,365

 

情野ソムリエのオススメポイント
オレンジリキュールで知られる『グラン・マルニエ』の創業者ラポストール家がチリに移住して始めたワイナリー。
チリの気候は乾燥しているので、暑い時期には特に喉が渇きます。このワインはまさにそんな特に喉で楽しめる仕上がり。苦みほどほど、酸味ほどほどでバランスのよい口当たり。雑味が少ないので、ワインがきれいに仕上がっています。
魚介が名産のお国柄のワインですし、ソーヴィニョン特有のハーブっぽい抜け感はフィッシュアンドチップスなどと好相性。
よく冷やして庭先やベランダで楽しむと夏を満喫できます。詳しく見る

繰り返し楽しみたくなるちょっと切なさを感じる胸キュンワイン

ドップ・オ・ムーラン リースリング キュヴェ・ユーロップ 2019

ドップ・オ・ムーラン
リースリング キュヴェ・ユーロップ 2019

税込2,662

 

情野ソムリエのオススメポイント
アルコールのヴォリューム感はありながら、飲みやすい果実味が味わいの中心にあるアルザス白。
リンゴ酸由来のキレが程よく味わいを引き締めてくれます。
余韻のリンゴ的な後味が心地よく、思わず「切ない気持ち」にさせてくれます。
スッキリしていながらもコクのある味わいでバランスがよい。
お料理との相性はどれもよさそうですが、特に生の魚のカルパッチョなどと合わせると、ワインがより生き生きしてきます。
詳しく見る

巨匠が生み出す、品種の個性をじっくり楽しめる一本

ド・ヴィレーヌ ブーズロン 2018

ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ
ブーズロン 2018

税込4,840

 

情野ソムリエのオススメポイント
このワイナリーのオーナーはかの有名なドメーヌ・ロマネ コンティのオーナー、ドヴィレーヌ氏です。
アリゴテ種はもともとは酸が強いのですが、ド・ヴィレーヌ家は古樽でワインを仕込むので酸味がよりまろやかに仕上がります。
味わいはコクがありしっかりとした味わいで飲みごたえがあります。
後味に塩味のような風味が感じられて、やや唾が出てくるほど滋味に溢れています。
コクがありながらキレの良い味わいを活かすには、香ばしい料理と合わせたいところ。
エビグラタンや棒棒鶏などと合わせると面白いです。詳しく見る

厚みのある豊潤な味わい

ニコライホーフ グリューナー・ヴェルトリーナー 2018

ニコライホーフ
グリューナー・ヴェルトリーナー 2018

税込3,674

 

情野ソムリエのオススメポイント
オーストリア固有の品種、グリューナー・フェルトリーナーは今世界で最も注目されている品種で、この品種を好むワインラヴァーを『グルーヴィー』と呼ぶそうです。
『スパイシートーン』と呼ばれる『胡椒のような』香りがこの品種の最大ので個性ですが、味わいにはしっかりしたバランスのよさが感じられて意外に飲みやすい。
後味にほんのりと苦味があって味わいに立体感があります。
唐揚げなどの揚げ物などにはドンピシャでハマります。詳しく見る

控えめな甘みで幅広い料理とマッチング

イーラス ピノ・グリ 2016

イーラス
ピノ・グリ 2016

税込3,300

 

情野ソムリエのオススメポイント
フランスのピノ グリはやや重心が低めですが、フランス以外で造られる場合軽やかに仕上がっていることが多く、デイリーユース白ワインの王様と呼べそうです。
癖がなくフードペアリングが容易ですし、何しろバランスがよくまろやかな味わいなので、どんなシュチュエーションの食事でもピタリと寄り添ってくれます。
良い意味で主張が強すぎず、まろやかな味わいなので、食事の真ん中に持ってきても良いワイン。
肉野菜炒めや焼売など少し塩味が効いた料理にベストマリアージュを見せてくれます。詳しく見る

おまとめセットのご案内

おまとめセット

情野さんおすすめ5本セット

税込14,850

 

上記ワインをすべてお入れしたワインセットをご用意しました。
おまとめセット特価(10%OFF)にて販売いたします。詳しく見る

スペシャルワイン

「ラングドックの宝石」 情野博之氏も驚いた、特別なロゼワイン!

ジェラール・ベルトラン
▲ジェラール・ベルトラン
クロ・デュ・タンプル 2019
ジェラール・ベルトラン
▲ジェラール・ベルトラン訪問
ジェラール・ベルトラン
▲ジェラール・ベルトランの畑

名実ともに世界で最高のロゼワインになった(※)ジェラール・ ベルトランが創り出す、ラングドックのロゼワイン、クロ・デュ・タンプル 2019のお話をさせていただきます。
(※)クロ・デュ・タンプル 2019がドリンクス ビジネス誌主催のグローバル ロゼ マスターズ 2020にて最高得点96点を獲得

ラングドックは南フランスの一地方ながら、世界のワイン産出『国』と比較しても5番目に相当するといわれるほどの産出量を誇ります。このことからも分かるように、その大地はラングドックとひとくくりにするには広大すぎるほどです。僕もラングドックへの訪問は3回目にして、ようやくハジからハジまで訪れることができました。

2019年の7月、ラングドックワイン委員会とのご縁で、ラングドックを訪れさせていただきました。滞在中にラングドックワイン委員会が勧めた生産者やラングドックワイン委員会委員長との海辺での会食、ラングドックの様々なワインやスタイルを垣間見させていただきながら地中海の陽気な空気を満喫させてもらいました。

訪問3日目、その日の訪問地はカブリエール。一説によればラングドック・カブリエールはロゼの発祥の地とも言われる産地で、1357年のフランス王室による宴の席でルイ14世に供されたというほどの素性の良さ。しかし現状のワインは自社でのワイン生産はほんの一握りで、残りのほとんどが協同組合にバルクで販売してしまうばかりといいます。そこで立ち上がったのが、ジェラール・ベルトラン。ローマ時代から続く区画に目を付け2017年に土地を取得し、この産地を再生すべくロゼの常識を超えるワインに挑むことを開始したとのこと。

山の中に車を走らせること1時間、地中海とは程遠い山の中腹部の畑に連れられて行きました。そこは田舎も田舎、畑以外何もないヘンピな土地でした。しかも19年の7月ですから異常ともいえる暑さ。ドライバーから麦わら帽子が配られブドウ畑の急な傾斜を何とかして登り、畑の頂上でセラーマスターと良く冷やしたクロ・デュ・タンプルのファーストヴィンテージ2018年を試飲しました。

その時はその暑さもあり、喉越しがよくシンプルに美味しいと思ったのですが、余韻に残る後味が妙に複雑で心地よい余韻に浸ることができました。

このクロ・デュ・タンプルの区画をジェラール・ベルトランは聖なる土地と言い切り、スピリチュアルに富んだ『聖なる土地』なんだそうです(僕にはそういった「霊感」はさすがに良く分かりませんが。。。)栽培されるブドウはサンソー40%、グルナッシュ30%、シラー15%、ムールヴェードル10%、ヴィオニエ5%とその殆どが黒ブドウ。そのブドウをダイレクトプレスして作るロゼです。

通常ダイレクトプレスのそのほとんどは、白ワイン寄りの味わいで、飲んでみると『白だか、ロゼだか判らない』ものが多いですが、このロゼは別格でした。

アプリコットのような香りに満たされ、飲むとしっかりと舌を掴み込んでくるような味わいから後味にむけて余韻が長く続き、フランスの9大白ワイン『シャトー・グリエ』?と思わせるようなコッテリした味わいでした。

本当に『目から鱗のロゼワイン』、心のそこから『旨い!』と呟くほどでした。
一言で言えば『妖しい香りを放つ妖艶なワイン』。やはり世界ナンバー1ロゼワインの称号を貰うだけの逸品。白とも違う、赤とも違う。これが歴史を超越したワインなのだと思わず納得してしまいました。

僕らの業界でも最近はロゼワインの評価は高く、地球温暖化のなか『バカンスワイン』として密かにブームです。
知り合いの女子ソムリエは『男性が恥ずかしがらずにロゼを飲むのはとてもカッコ良くてクールですね』とも言い切っています。
クロ・デュ・タンプルは気軽に楽しむ『バカンスワイン』を通り越して『夜のワイン=ディナーワイン』と言った立ち位置です。

聞くところによると年間生産量は凡そ8,000本、当然日本への割当はごく僅か。
なかなかお目にかかることができない超レアなロゼワインです。

ラングドックで最も高貴でエレガンスを極める「ラングドックの宝石」
是非ロゼワインのトップ中のトップを味わっていただきたいです。

ジェラール・ベルトラン クロ・デュ・タンプル 2019 の商品情報はこちら