topへ戻る
  • HOME
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • ワインの選び方
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
日本ワインコラム
まとめ買いがおトク☆よりどり2本以上で5%OFF
ラスト1本10%OFF
情野ソムリエ特集
リーデル商品ページ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

インポーターで選ぶ

インポーター紹介
店舗一覧
HPはこちら
熨斗・ラッピング対応しております。
メルマガ会員募集中
 

トップ>アピシウス シェフソムリエ 情野氏 が薦める、“今”オススメのワイン

アピシウス シェフソムリエ 情野氏 が薦める、“今”オススメのワイン

ソムリエ
情野 博之氏

情野 博之氏

有楽町フランス料理店「アピシウス」シェフソムリエ。
ワイン専門誌への連載のほか、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』にて密着取材が放送されるなど、メディアでも活躍。

■国際ソムリエ協会認定 インターナショナル・ソムリエ
■ゴ・エ・ミヨ ガイド2019「ソムリエ オブ ザ イヤー」
■シャンパーニュ・アンリオ アンバサダー
■自由が丘ワインスクール主任講師
■女子栄養大学非常勤講師
■シャンパーニュ騎士団 認定オフィシエ

こんにちは、ソムリエの情野博之です。

ソムリエを生業にしてから約30年、数えられないほどの様々なワインを飲んできました。
本業は40年続く有楽町のフレンチレストラン「アピシウス」のシェフソムリエですが、 それに加え、ワイン雑誌やメディア関連、インポーターさんの試飲会などを含めるとワインの試飲数は年間2000本近くになります。

このコンテンツではその出会ったワインの中から、自分の舌で確信した「美味しいから本当に飲んで欲しい!」をベースに 「気軽に楽しく飲める旨いワイン」を紹介させて頂きます。

今月のオススメ

ロゼワインの世界の消費量は2002年から2015年の間で30%増加しているようですが、日本国内におけるロゼの消費量は0.3%の増加にとどまっています。

日本ではまだそれほどではありませんが、世界ではすでに大人気のロゼワイン。ボルドーの伝統産地の生産者も、プロヴァンスに進出してロゼワインを作っています。

そんなロゼワインの最大の特徴は、スノッブにならず気軽に楽しめる点です。
ロゼとまとめて呼んでいますが、実は大きく分けて2つのタイプがあるのをご存じでしょうか?

ピンク色をしているロゼは、皮を漬け込んで色素を抽出して作る『赤ワインの様』なロゼ。
オレンジ色なら黒ブドウをプレスしてプレスした圧で果汁にほのかな色のつく『白ワインの様』な軽やかなスタイルとなります。

いずれも少し冷やしてお楽しみください。冷やして楽しめばヴァカンス気分になれますし、クセがなく飲みごこちが良いので毎日飲んでも飽きません。インドアでも良いですし、アウトドアでも楽しめます。
料理もあまり考えなくても「そこそこ」の相性を見せるのですが、酸味が少なくほんのりと甘味が残るので特に塩分の効いた料理には鉄板の組み合わせを見せます。

クセがなくスノッブにならない気軽さで毎日楽しめる。まさに『おうち飲みの定番』と言えます。

ロゼながら華やかでしっかり

ボデガス・プロトス プロトス クラレテ 2020

ボデガス・プロトス
プロトス クラレテ 2020

税込2,189

 

情野ソムリエのオススメポイント
コクのある味わい色調は『赤ワインの様に濃い目』のロゼです。
イメージ通りのロゼらしいロゼワインと言えそうです、この様な赤の濃さが強いロゼは皮を一日程度漬け込むので、ほとんど赤ワインの様な『コクがある』ロゼワインに仕上がります、爽やかなロゼが多い中でこの様なロゼは希少です。
しっかりしたコクが感じられて飲み足りなさは感じません。
串揚げなどの油を使った濃いめの料理にはとても良く合います。詳しく見る

雑味なし 真っ直ぐな味わいロゼ

ジェラール・ベルトラン グリ・ブラン オーガニック 2020

ジェラール・ベルトラン
グリ・ブラン オーガニック 2020

税込2,200

 

情野ソムリエのオススメポイント
玉ねぎの皮の様な淡い色調のロゼです。これは『ダイレクト・プレス』という手法で、黒ブドウをプレスした際に皮の色素が果汁に移りこませ、その後低温で発酵させています。
そのため皮の影響が少なく白ワインの様に軽やかに仕上がります。
比較的暑い地方で用いられる手法で、このワインの様に『グリ=灰色』と表現されます。
このワインも南フランスの雄ジェラール・ベルトランによる白ワインの様な爽やかな果実味が特徴の仕上がりです。
帆立のソテーなど海鮮系にはベストマッチします。
詳しく見る

世界基準の代表的な味わいロゼ

ル・ルー・ブルー ヴォル・ド・ニュイ ロゼ 2019

ル・ルー・ブルー
ヴォル・ド・ニュイ ロゼ 2019

税込2,321

 

情野ソムリエのオススメポイント
世界でのロゼブームの発祥ともいえるのがプロヴァンス地方。
この生産者は2011年設立のドメーヌで歴史は若いのですが、作りはまさにプロヴァンスのプレス式製法なので、『白ワインの様な』ロゼに仕上げ、味わいは軽やかです。
しっかり冷やしても渋みを感じないので、ここはしっかり冷やして飲んで頂きたい『今風のロゼ』。
バンバンジーの様な軽い野菜とお肉の組み合わせを上手にコーディネートしてくれます。詳しく見る

人気の品種から作られる、まろやかロゼ

イーラス ピノ・ノワール ロゼ 2018

イーラス
ピノ・ノワール ロゼ 2018

税込3,696

 

情野ソムリエのオススメポイント
ピノ・ノワールのロゼです。
世界的に人気のピノ・ノワールをロゼに仕立てるのは珍しいと思います。
色素をなるべく出さない様にプレスも軽くし醸しも軽くするので、優しい味わいに仕上がります。酸味が穏やかで微かに甘味が感じられて、まるでピノ・ノワールの白ワインといういで立ちです。
アメリカのピノ・ノワールの聖地と言われる『オレゴンピノ』の自由さが垣間見れ、酸味が控えめなのでコブサラダなどの野菜料理に合わせると野菜の香りを引き立てます。詳しく見る

ほんのり微発泡 ロゼの新スタイル

ベレ・エ・コンパニ ザ・ビュル NV

ベレ・エ・コンパニ
ザ・ビュル NV

税込3,300

 

情野ソムリエのオススメポイント
微かに甘いロゼのロゼ・ダンジュはロワールのロゼワインの代表格ですが、それに対して、このワインはロワールの新しいロゼワインといえるかもしれません。
コルクではなく王冠で栓がなされあえて微発泡に仕上げて軽やかさを強調したスタイル。
後味に残るほんのりとした甘味が感じられるので、赤いフルーツのタルトなどスイーツ系にはとてもよく合います。
アルコールも9.5度と低いので、心地よい飲みごこちできっちり冷やして食前酒としてもお楽しみいただけます。詳しく見る

おまとめ5本セット

おまとめセット

情野さんおすすめ5本セット

税込11,800

 

上記ワインをすべてお入れしたワインセットをご用意しました。
おまとめセット特価(10%OFF)にて販売いたします。詳しく見る

スペシャルワイン

フランス品種のエスプリ、ブレンドの究極を知る

ラポストール当主:シャルル氏

全て手摘みされたカルメネール45%、メルロ20%、カベルネ・ソーヴィニヨン15%、ピノ・ノワール10%、シラー9%。生産量は年間1万本前後とあまり市場に出てくる事のない『超レアな赤ワイン』です。

5品種をブレンドしていますが、そのメインはカルメネールです。秋口に葉が「carmine=深紅色」になるのが品種名の由来です。カルメネールのルーツはボルドーですが、今やボルドーではほとんど栽培しているシャトーがありません。1900年代にボルドーからチリに移って栽培されていたのですが、誤ってメルローだと考えられていました。ところが、近年DNA鑑定を経て、実はカルメネール種だったということが認定されたという面白い品種で、暑さに強いのも特徴です。

この少し『青いトーンの香り』で清涼感があるカルメネールが、複雑にブレンドされたこのワインの味わいを上手にまとまあげており、溢れるジューシーさにコクとキレが共存した濃厚な味わいは、間違いなくメインディッシュ向きワインです。味わいの濃い中華料理などにはぴったりです。

フランスのオレンジリキュール、グランマルニエ創業家のひ孫であるアレクサンドラ・マルニエ・ラポストールと夫のシリル・ド・ブルネがチリの大地の可能性にほれ込み1994年に設立したワイナリー。
本場フランスのエスプリをちりばめながらも、ボルドーの『Bo』、コート・デュ・ローヌ『Ro』ブルゴーニュ『Bo』の頭文字をとり代表品種を上手にブレンドした、他所ではなかなかお目にかかれない『奇想天外の赤ワイン』、是非一度飲んで見てください。

詳しく見る