topへ戻る
  • HOME
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • ワインの選び方
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
日本ワインコラム
情野ソムリエ特集
ファインズ生産者コラム
スタッフブログ
リーデル商品ページ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

インポーターで選ぶ

インポーター紹介
店舗一覧
HPはこちら
熨斗・ラッピング対応しております。
メルマガ会員募集中
 

トップ>アピシウス シェフソムリエ 情野氏 に訊く、“今”オススメのワイン

アピシウス シェフソムリエ 情野氏 が薦める、“今”オススメのワイン

ソムリエ
情野 博之氏

情野 博之氏

有楽町フランス料理店「アピシウス」シェフソムリエ。
ワイン専門誌への連載のほか、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』にて密着取材が放送されるなど、メディアでも活躍。

■国際ソムリエ協会認定 インターナショナル・ソムリエ
■ゴ・エ・ミヨ ガイド2019「ソムリエ オブ ザ イヤー」
■シャンパーニュ・アンリオ アンバサダー
■自由が丘ワインスクール主任講師
■女子栄養大学非常勤講師
■シャンパーニュ騎士団 認定オフィシエ

こんにちは、ソムリエの情野博之です。

ソムリエを生業にしてから約30年、数えられないほどの様々なワインを飲んできました。
本業は40年続く有楽町のフレンチレストラン「アピシウス」のシェフソムリエですが、 それに加え、ワイン雑誌やメディア関連、インポーターさんの試飲会などを含めるとワインの試飲数は年間2000本近くになります。

このコンテンツではその出会ったワインの中から、自分の舌で確信した「美味しいから本当に飲んで欲しい!」をベースに 「気軽に楽しく飲める旨いワイン」を紹介させて頂きます。

今月のオススメ

 暑い日はどうしてもワインに手が伸びる場面も少なくなりがちでしたが、暑い夏も終わり、ようやく食欲の増す秋に突入しました。今回はそんな気候的にも落ち着いた時期に是非お試し頂きたい、まろやかなテイストのワインを選んでみました。

 食べて飲む、飲んで食べる、食の楽しみを満喫できる季節におすすめするワインのポイントは、ズバリ『飲みやすさ』です。選んだ基準は、『酸味程々』『渋み程々』『アルコール程々』など様々な味わいに『尖り』のないものですので、『誰からも好まれる』『ワイン初心者からディープなワインラバーまで楽しめる』、つまり敵を作らない飲みやすいワインになるかと思います。

 この秋にお勧めしたい『おうち飲みワイン』の決定版と言えるワイン。キノコや秋の魚、秋の味覚とともに是非お楽しみください。

さらっとピュアで、ブドウの旨味たっぷり

チェレット モスカート・ダスティ 2020

チェレット
モスカート・ダスティ 2020

税込3,190

 

情野ソムリエのオススメポイント
ワインはブドウから作られる割りには意外と『ブドウの香り』が少ないのも特徴ですよね。
しかし、このワインはマスカット(モスカート)のピュアな香りが特徴で、グラスの中に「ブドウ」がしっかり感じられます。アルコール度数は5.5度と低アルコール。ほんのりとした泡が心地よくマスカットの香りを引き立ててくれます。
このワインを『不味い』という人は見たことありません。あまりワインを飲まない人でも必ず美味しいと言ってくれるホームパーティではダントツの人気のワインです。
塩分の強い生ハムや、クリームをたっぷり使ったデザートなど、組み合わせの可能性は無限大です。詳しく見る

まろやかで奥行きのある味わい

ドメーヌ・ド・ラ・ボングラン マコン・ヴィラージュ テヴネ・カンテーヌ 2018

ドメーヌ・ド・ラ・ボングラン
マコン・ヴィラージュ テヴネ・カンテーヌ 2018

税込4,070

 

情野ソムリエのオススメポイント
ブルゴーニュの最南のワイン産地マコン地区のすぐ南にはボージョレーが位置しています。
ブルゴーニュのワイン産地としては一等地とはされないものの、値頃感が強くコストパフォーマンスに優れています。南のワインの味わいがしっかり感じられ、味わいもしっかりとした果実味が感じられます。グラスの中にトロピカルフルーツが入っている様なイメージです。まろやかでクセがなく誰からも好まれる味わい。
塩味のきいた炒め物(イカの野菜炒め)などと合わせたいです。気軽に楽しめる味わいで、あまり冷やしすぎず楽しんでもらいワインです。
詳しく見る

柔らかなテクスチャと、ほどよい酸味が癖になる

エロイカ リースリング 2018

エロイカ
リースリング 2018

税込4,488

 

情野ソムリエのオススメポイント
このワインはドイツのドクター・ローゼン醸造所とワシントンにおけるリースリングのパイオニアとして知られるシャトー・サン・ミッシェルによる共同作品です。リースリング特有の直線的な酸味とほんのりとした甘みのバランスが絶妙です。
このワインのほんのりとした味わいは、『さしすせそ』の調味料を基本とする和食には完璧な組み合わせを見せます。
『悩んだらエロイカ』お寿司よし、割烹よし、家庭料理にもよし、『敵なし全方向にあうワイン』と使い勝手が良いワインです。
ワイン名のエロイカとはベートーヴェンの交響曲第3番『英雄』の別邦題です。詳しく見る

ビロードのような滑らかなタンニン

シャトー・サン・ミッシェル コロンビア・ヴァレー メルロ 2016

シャトー・サン・ミッシェル
コロンビア・ヴァレー メルロ 2016

税込2,937

 

情野ソムリエのオススメポイント
トゲのない円やかな味わいはとても美味しく、メルロのキャラクターをしっかり表現してくれてます。
グラスに注いでからやく1時間経ってから飲んでみると、まろやかさが一段と増して、まったりとした味わいが強くなり、ビックリするほどグラスの中でワインが変化します。
サスティナブル農法を実践していてエシカル消費をくすぐりそうなワインですが、それはさておきコストパフォーマンスが飛び切り良い美味しいワインです。
過去にワイン会を行った時にこのワインを選んだのですが、グラスの中で変わる変わる様は見事でした。詳しく見る

渋みのない、ピュアな果実

パラシオス・レモンド ラ・モンテサ 2017

パラシオス・レモンド
ラ・モンテサ 2017

税込3,146

 

情野ソムリエのオススメポイント
スーパースパニッシュと呼ばれる『レルミタ』を作ったアルバロ・パラシオスが実家のワイナリーを継いで生み出しているワインです。
『レルミタ』同様、このワインもガルナッチャ種から作られています。ガルナッチャは酸化的品種と言われ、空気に触れるとたちどころに果物の華やかな香りがはなたれます。渋みは少なく、赤ワインのイメージする『渋さ』はほとんど感じられません、それ故に少し冷やしても美味しく飲めます。
すき焼きやうなぎの蒲焼などお醤油をベースに味付けされた料理にはとても相性が良いです。詳しく見る

おまとめ5本セット

おまとめセット

情野さんおすすめ5本セット

税込15,400

 

上記ワインをすべてお入れしたワインセットをご用意しました。
おまとめセット特価(10%OFF)にて販売いたします。詳しく見る

今月のスペシャルワイン

スペシャルワイン

ドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス
ボーヌ・グレーヴ
ヴィーニュ・ド・ランファン・ジェズュ 2017

税込16,610

 

情野ソムリエのオススメポイント
このワイン名の由来は色々ありますが、『幼子イエス』と名付けられたこのランファン・ジェズュはボーヌ・グレーヴ畑の一区画でブシャール家の単独所有区画です。

 13年に醸造長が変わり、赤ワインに関しては今流行の全房発酵を一部取り入れました。茎も入れる醸造方法はドメーヌ・ロマネ・コンティ社なども取り入れる手法で、柔らかで果実味主体のピノ・ノワールにタンニンと輪郭をもたらしてくれますが、しっかりと茎も成熟したブドウを使わないと、青臭さが出るので、より熟したブドウを使用しないとなりません。このワインは確かにタンニンはありながらも、果実味がしっかりしていて、酸味は実にエレガントに仕上がり後味に心地よい旨味が残ります。

 北部ブルゴーニュのコート・ド・ニュイ地区はシャンベルタンやロマネ・コンティなど著名な赤のクリュが多い反面、南のコート・ド・ボーヌ地区には赤の著名な畑が少ないのですが、このランファン・ジェズは間違いなくボーヌを代表する赤ワインです。飲むたびに『シルクを纏った幼子イエス様が喉を通る』かの様なイメージに陥ってしまうぐらいで、思わず『うっとり』してしまうワインです。

 知り合いのソムリエは『プルミエ・クリュだけれど是非グラン・クリュに昇格させて欲しい』と言っていました。食の秋の名物『キノコ』や『若鶏のクリーム煮』などとの組み合わせで、秋のディナーを楽しんでいただいたいです。詳しく見る