topへ戻る
  • HOME
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • ワインの選び方
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
日本ワインコラム
ファインズ生産者コラム
高松氏オススメワイン
スタッフブログ
リーデル商品ページ
RIEDEL×日本ワイン企画

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

インポーターで選ぶ

インポーター紹介
店舗一覧
HPはこちら
熨斗・ラッピング対応しております。
メルマガ会員募集中
 

トップ>アピシウス シェフソムリエ 情野氏 に訊く、“今”オススメのワイン

アピシウス シェフソムリエ 情野氏 が薦める、“今”オススメのワイン

ソムリエ
情野 博之氏

情野 博之氏

有楽町フランス料理店「アピシウス」シェフソムリエ。
ワイン専門誌への連載のほか、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』にて密着取材が放送されるなど、メディアでも活躍。

■国際ソムリエ協会認定 インターナショナル・ソムリエ
■ゴ・エ・ミヨ ガイド2019「ソムリエ オブ ザ イヤー」
■シャンパーニュ・アンリオ アンバサダー
■自由が丘ワインスクール主任講師
■女子栄養大学非常勤講師
■シャンパーニュ騎士団 認定オフィシエ

こんにちは、ソムリエの情野博之です。

ソムリエを生業にしてから約30年、数えられないほどの様々なワインを飲んできました。
本業は40年続く有楽町のフレンチレストラン「アピシウス」のシェフソムリエですが、 それに加え、ワイン雑誌やメディア関連、インポーターさんの試飲会などを含めるとワインの試飲数は年間2000本近くになります。

このコンテンツではその出会ったワインの中から、自分の舌で確信した「美味しいから本当に飲んで欲しい!」をベースに 「気軽に楽しく飲める旨いワイン」を紹介させて頂きます。

今月のオススメ

サイトに訪れた方々、本年もよろしくお願いいたします。情野です。

冬本番、寒い日が続きますと食べ物も温かい物になりがちですよね、そうしますとワインもどちらかといえば『酸味控えめで、ほっこりするワイン』が飲みたくなります。そこで今回の新年第一弾企画は『冬本番、寒い時期にぴったりな、懐にも優しいワイン』です。あまり手にすることはないけれど、トライしてみると面白いと思うアイテムを選んでみました。
あえて白ワインは選ばずに珍しいオレンジワインを選んでいます。

オレンジワインは僕のレストランでは使うことはないものの、仕事がら試飲する機会は多いワイン。今までイマイチ『ピンとこない』アイテムが多かったのですが、今回『これは!』というものに出会いました。

赤もワインはボルドー原産の品種にスポットを当て、フランスとニューワールドから選びました。寒い日に心を温めてくれそうなアイテムばかりです。

今年も、このコンテンツ続けさせていただけるようなので、情野一押しのガチワイン紹介をさせていただこうと思っています。お付き合いのほどよろしくお願いいたします。まだまだ寒い日が続きますのでお身体ご自愛ください。

懐の深さと引き出しの多さ

マス・デル・ペリエ オランジュ・ヴォワレ 2019

マス・デル・ペリエ
オランジュ・ヴォワレ 2019

税込6,600

 

情野ソムリエのオススメポイント
オレンジワインの定義は白ブドウを赤ワインのように皮ごと漬け込んで方法で作られたワインを指し、元は2004年に作られた造語です。皮に含まれるポリフェノールオキシダーゼ酵素が果汁を褐変化させ琥珀色にさせ『アンバーワイン(琥珀色のワイン)』とも呼ばれてます。

このワインはそれほど濃い色調ではないですが、皮や種由来のタンニンが含まれしっかりとした味わい。例えばケイジャンチキンのようなスパイスを効かせた料理と合わせると、香りをより引き立たせてくれます。イメージとしては重心の低い白ワインのようで、懐の深さと引き出しの多さがあります。一度体験していただきたい味わいです。詳しく見る

やや重めでマッタリ感のある味わい

ムーラン・ド・デュアール 2018

ムーラン・ド・デュアール 2018

税込5,830

 

情野ソムリエのオススメポイント
しっかりした味わいで、コクのあるいわゆる『フルボディ』の味わいを持つ赤ワイン。やや重めでマッタリ感のある味わいは、寒い季節には温めてくれるような印象です。間違いなく『冬ワイン』。
ワイン自身もロスチャイルド家が所有するシャトーで生産され、ロスチャイルド家当主でグループの前会長だったエリック男爵が自宅でデイリーに楽しんでいるそうです。カベルネ・ソーヴィニヨンの味わいがしっかりしているので、エビチリなどと合わせると面白い世界が広がります。
詳しく見る

メルロ主体の洗練された味わい

フルール・ド・ペデスクロー 2018

フルール・ド・ペデスクロー 2018

税込4,620

 

情野ソムリエのオススメポイント
ボルドーメドック、ポイヤック村といえばカベルネと思われがちなのですが、このワインはメルロ主体で作られています。ファーストワインのペデスクローはしっかりしたカベルネ主体でこのワインはそのペデスクローのセカンドでしてメルロ主体です。ワイン自身を段階的に楽しんでもらおうというシャトー の意図が鑑みれます。

2015年に全面改装されたシャトーはメドックでも指折りのモダンな醸造場。ワイン作りも一新され、洗練したワインを作ります。『これほどまで激変するのか!』と思わざるを得ません。揚げ物など香ばしさ満載の料理にはぴったり合います。
詳しく見る

ほどよい濃さと、抜け感の良い清涼感

ラポストール キュヴェ・アレクサンドル・カルメネール 2019

ラポストール
キュヴェ・アレクサンドル・カルメネール 2019

税込3,894

 

情野ソムリエのオススメポイント
カルメネールとは深紅色の意味。超晩熟のブドウで収穫が終わった秋に畑が真っ赤に紅葉することからその名前がついたと言われている品種。元をたどればボルドー原産なのですがボルドーでは現在数haのみの栽培面積にとどままる一方、チリでは代表的な赤品種として扱われています。

この品種が俄然注目を集めたのは94年。
実はチリに渡りその後長くメルロと混同され栽培されていたのですが、1994年11月24日にこれがメルロではなく、当時失われたと思われていたカルメネールであったということが分かりました。なお、現在この日は『カルメネールの日』と制定されています。

このワインはカルメネールにシラーを混ぜているのでテクスチャーの広がりと厚みがありジャミーな印象が感じられますが、カルメネールの特徴の『青い抜け感』があり清々しい後味が感じられます。メリハリのある味わいですので、餃子などネギやニラを使う料理にはうまくハマります。詳しく見る

クセがなくスムースな口当たり

ボデガス・カロ アマンカヤ 2017

ボデガス・カロ
アマンカヤ 2017

税込2,838

 

情野ソムリエのオススメポイント
元はボルドー原産で、今やアルゼンチンを代表するブドウ品種として有名なマルベック種主体のワインです。
アルゼンチンのワインメーカー、カテナ家の『CA』とフランスのロスチャイルド家の『RO』を合わせて2000年からリリースされたワインが『CARO』。『アマンカヤ』は『カロ』のセカンドワインに位置しており、2003年がファーストヴィンテージ。アマンカヤはアンデス山脈に咲く幻の花で『プロポーズの花』と言われています。
何か縁起が良さそうで幸せになれそうなワインです。マルベックとカベルネ・ソーヴィニヨンのブレンドで、クセがなくスムースな口当たりが特徴です。詳しく見る

おまとめ5本セット

おまとめセット

情野さんおすすめ5本セット

税込19,800

 

上記ワインをすべてお入れしたワインセットをご用意しました。
おまとめセット特価(15%OFF)にて販売いたします。詳しく見る

今月のスペシャルワイン

スペシャルワイン

ジェラール・ベルトラン
クロ・ドラ 2014

税込29,150

 

情野ソムリエのオススメポイント
南仏のミネルヴォワ・ラ・リヴィニエールという産地をご存じでしょうか?ミネルヴォワ内にある小産地ですがミネルヴォワとは品種の規定も違いますし、AOCの制定も1999年と歴史も違う産地。まだ馴染みの薄い産地ですが以前に日本で受けたワインジャーナリストさんによるセミナーで聞いた『ラングドックのミネルヴォワ・ラ・リヴィニエールにあるクロ・ドラはラングドックのロマネ・コンティです』というキーワードが耳に残っていました。
『それほどなら』ということでラングドックまでクロ・ドラを見に行くことにしました。

ワンボックスの車に乗り、ギリギリの道幅しかない人里離れた山道を行きたどり着いた先、クロ・ドラの畑は秘境といっても良いものでした。周囲の自然条件を最大限に活かすべく畑は大きく3つに分けられ(区画としては8つにさらに細分化)、温暖な産地で人気のあるSGM(シラー、グルナッシュ、ムールヴェードルの頭文字)の3種と『大量生産の品種』と言われいまや減反の対象品種ともなったカリニャン種をそれぞれが適した区画で栽培しています。農法はビオディナミを採用し、さらにはラバが畑を耕していました。タンクは外気を取り込みやすいコンクリートタンク。熟成は樽に加え、一部卵型のコンクリートタンクで行っています。南仏のそれもこんな秘境ともいえる場所で世界最新のワイン作りが構築されていることに驚かされました。

熟成には新樽を使用しているので、ワインにモカやチョコレートのような香ばしい香りがしっかりと感じられます。これは原酒のボディがしっかりしていることの証。これがもし香りも薄っぺらいワインでしたら『樽負け』してしまい、『一体何を飲んでいるか分からぬもの』になってしまうでしょう。

南フランス特有のアルコールの高さは身体を芯から温めてくれるような感覚に襲われます。まったり感が強いワインですので、グラスは大きめで香りを十分に楽しんで欲しいところです。後味にもまろやかなタンニン分があり(これはロマネ・コンティとは逆の味わいですが)、飲んで『満ち足りた』気分になれます。

ワイン会などで飲み足りない時はありませんか?そんな時に、『真打登場』と言わんばかりにこのワインは素晴らしい存在感を示してくれます。料理も濃い味付けの中華料理や今流行の韓国料理の様にどちらかといえばスパイスを効かせた料理とは抜群の相性を見せます。寒い時期にはぴったりな組み合わせだと思います。万が一お料理が無くともワインだけでも楽しめます。

もう一度、これは僕が言ったわけではないのですが『ラングドックのロマネ・コンティ』クロ・ドラ。
フランスのアイコンワインの一つとして是非皆さんに知って頂きたいワインです。詳しく見る