topへ戻る
  • HOME
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • ワインの選び方
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
ログイン
日本ワインコラム
まとめ買いがおトク☆よりどり2本以上で5%OFF
リーデル商品ページ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

インポーターで選ぶ

インポーター紹介
熨斗・ラッピング対応しております。
メルマガ会員募集中

実店舗情報


実店舗JPはこちら

Cave de Relax 本店

カーヴ ド リラックス本店

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-0003
    東京都港区
    西新橋1-6-11
  • TEL03-3595-3697
Cave de Relax プティ

カーヴ ド リラックス
プティ有楽町店

  • 店休日不定休
  • 所在地〒100-0006
    東京都千代田区
    有楽町1-7-1 B1F
    Bistro&Bar
    有楽町ワイン倶楽部
  • TEL03-6269-9231
The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒106-0032
    東京都港区
    六本木1-4-5
    アークヒルズ
    サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒101-0021
    東京都千代田区
    外神田4-14-1
    秋葉原UDXビル 1F
    FUKUSHIMAYA
    TASTING MARKET
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 店休日月曜日
  • 所在地〒104-0061
    東京都中央区
    銀座6-2-1
    Daiwa銀座ビル 1F
    リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
The Cellar Toranomonhills

ザ・セラー虎ノ門ヒルズ

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-6490
    東京都港区
    虎ノ門1-17-1
    虎ノ門ヒルズ
    ビジネスタワーB1F
    FUKUSHIMAYA内
  • TEL03-6550-9993
 

造り手に聞く日本ワイン

造り手に聞く日本ワイン

日本ワインを誰よりも深く理解するワイナリーの所長

丹精込めてブドウを育てる栽培から

個性豊かなワインを手がける醸造へのこだわりまで、

日本ワインの魅力とワイン造りにかける思いを語っていただきました。

サントリーの日本ワイン作りへのこだわり

その土地の風土に根ざし、 個性を最大限引き出す。

その風土から生まれたワインが、
日本の料理と調和するのは必然。

日本ワインを造る際に大切にしているのは、風土を理解することです。
徹底した土壌調査に基づき最適な品種を選んだ上で、良いブドウが生育する環境をじっくり整えていきます。そうやって手塩にかけて育てたブドウの特長を、いかに引き出すかも重要です。その土地に根ざした最高のワインを追求し続ける。
その営みに終わりはありません。ワイン造りを通じて人と自然が響き合い、より多くの人に笑顔をお届けすることが、これからも変わらぬ我々の使命だと考えています。

日本ワインの魅力のひとつは食事との相性に優れていることです。食に寄り添い料理の旨みを引き出す力を持つ日本ワインの繊細な味と香りが最も生きるのは、日本の食材を生かした料理とともに召しあがっていただくとき。その土地の食文化と、その土地で造られたワインが調和するのは必然です。

だからこそ、多くのみなさまに日本ワインをもっと飲んでいただきたい。レストランのメニューを見て、真っ先に目に飛び込んでくるワインが、日本ワインになれば最高です。そのためには私たちワイナリーがさらなる品質向上に努めるのはもちろん、これまで以上の量を世に送り出していく必要があります。

ブドウ栽培へのこだわり

ブドウの気持ちに寄り添って、素晴らしい日本ワインを。

プロフィール庄内文雄
・2018年4月、サントリー登美の丘ワイナリー所長に就任
・登美の丘ワイナリー技師長、ワイン生産研究本部商品開発グループ部長
などを歴任、ボルドー大学ワイン利酒適正資格取得

良いワインは、良いブドウから。
品種毎の可能性をもっと引き出したい。

ブドウの気持ちに寄り添う。素晴らしいワインを造るために、常に心がけていることです。特に収穫時期には、ブドウからの「採っていいよ」というサインを見逃さないように、毎日のように畑へと足を運びます。成熟前のブドウはとても酸っぱい上に、香りも草っぽくて、とてもワインには使えません。
ところが、だんだんと酸味が落ち着き、口のなかで華やかな香りを感じられるようになっていきます。赤ワイン用の品種では、種の完熟度も重要なポイント。カリッとした歯触りに香ばしさが続くようになった頃が、最適な収穫時期です。

海外の生産地に比べて降水量が多い日本では、水のコントロールに細心の注意が求められます。私たちの畑では、丘の傾斜を生かして水はけを良くするなどの工夫を重ねてきました。ブドウを取り巻く環境を理解することも大切。試行錯誤の末にたどり着いたのが、自然の植物と共生しながらブドウを育てる「早生栽培」です。これによって農薬や肥料を最小限に抑えながら、ワインに適したブドウを栽培できるようになりました。今後の目標は、欧州系ブドウ品種に力を入れていきながら、日本固有のブドウ品種である「甲州」の可能性をさらに引き出すこと。風味豊かなワインへと化ける良質なブドウを育てるために、新たな栽培方法を積極的に取り入れながら、心を込めてブドウを育てていきたいですね。

醸造家の声

世界のワインに負けない、日本ワインをつくりたい

プロフィール篠田 健太郎
・1998年にサントリーに入社。
 2009年から2012年フランスのボルドー大学醸造学部に留学。DUAD(ワイン利酒適正資格)を取得。
・在籍中は白ワインの香りについての研究やシャトーラグランジュでの実習を経験。
・帰国後は、登美の丘ワイナリーを経て、2015年4月より現職。

ブドウの個性を生かしたワイン造りを。

優しさと柔らかさの中に凛とした気品が感じられる。そんなエレガントな魅力に満ちた日本ワインを造るために重要なのは、ブドウの特長を最大限に引き出すことです。同じ畑で育てられたブドウでも、年によって風味や味はガラリと異なります。その個性を見極め、最適な醸造方法を見つけ出すのが私の仕事。

さらに私の務めるワイナリーでは、ブドウ畑を50 の区画に分けて、なるべく区画ごとに醸造します。これもブドウごとの個性を生かしたワインを造るための工夫のひとつです。

100 年以上にわたる先人たちの努力をベースに、海外との技術交流を盛んに行いながら、品質向上に取り組んできました。
私自身の今後の目標は、日本で栽培した欧州系ぶどう品種を用いて、世界トップクラスの日本ワインを造ること。同時に甲州やマスカット・ベーリーA といった日本固有の品種から、その土地に根ざした日本ワインも造っていきたい。一本一本に愛情を注ぎながら、ブドウの個性をしっかりと表現したワインを手がけていきたいですね。

知られざる貴腐ワインの世界

希少性の高い「ワインの帝王」
芳醇な香りと濃厚な甘みによって世界中で愛されてきた貴腐ワイン。
原料となるのは「ボトリティス・シネレア菌」というカビの一種に感染した「貴腐ブドウ」です。
完熟したブドウがこの菌に感染すると、果実から水分が蒸発し、まるで干しブドウのように糖分が凝縮します。
これが貴腐ワイン特有の芳香、甘味、コクのもと。
ただし、ブドウが「貴腐化」するのは、気温や湿度、感染時期などさまざまな条件を満たした場合のみです。
その上、糖度の高い貴腐ブドウは、通常のブドウに比べて、醸造に何倍もの手間がかかります。貴腐ワインの希少性が高く「ワインの帝王」とも呼ばれているのは、そのためです。
特別な日を、さらに特別に彩るワインです
ハチミツを思わせる甘みと香りを誇る貴腐ワインは、同じく甘味の強いドライフルーツやチョコレートによく合います。
バニラアイスによく冷えた貴腐ワインを垂らしていただくのもおすすめ。
反対にブルーチーズをはじめとした塩気の強い食材との相性も抜群です。
変わったところでは梅干しやスパイシーなアジア料理にもマッチします。

一度お試しいただきたいのが、おせち料理との組み合わせ。

栗きんとんや黒豆などの甘味を引き立てることはもちろん、お正月というハレの日に、希少価値の高い貴腐ワインをテーブルに添えることで、より一層の特別感を味わえます。

登美ワイナリー おすすめのワイン

  • エレガントな果実香と
    ふくよかな味わい。

    登美の丘<赤>2017

    4,000円(税抜)

    詳細はこちら
  • ほどよい甘さで心地よく
    爽やかな味わい。

    登美の丘<甲州>2018

    4,000円(税抜)

    詳細はこちら
登美ワイナリー通信