商品情報にスキップ
1 1

味わいの特徴

果実味
淡い 豊か
酸味
弱い 強い
渋み
弱い 強い

ジェラール・ペラゾー ボンヌ・マール 2019

ジェラール・ペラゾー ボンヌ・マール 2019

Domaine Gerard Peirazeau Bonnes-Mares 2019

凝縮されたグラン・クリュの真髄

通常価格 44,000 (税込) 獲得ポイント : 440pt
通常価格 セール価格 44,000 (税込)獲得ポイント : 440pt
獲得ポイント : 440pt

残り1個

750ml / ピノ・ノワール / ラフィネ

amazon pay 楽天Pay PayPayご利用いただけます。

1975年、1980年に植樹された古樹ピノ・ノワール。シャンボール・ミュジニ村とモレ・サン・ドニ村にまたがる特級畑で、シャボール村側にある区画を所有。

商品データ

商品番号 2927138528092
種類 赤ワイン
生産地 フランス・ブルゴーニュ・シャンボール・ミュジニー
ヴィンテージ 2019年
原産地呼称 AOCボンヌ・マール・グラン・クリュ
品種 ピノ・ノワール
輸入元 ラフィネ
容量 750ml
アルコール度数 13.8%

ワイナリー情報

ジェラール・ペラゾー

モレ・サン・ドニの名家、かのグロフィエ家の一員であるローラン・ペラゾー氏が、100年以上に渡り代々受け継がれてきた綺羅星の如き畑を守りながら切り盛りする、家族経営のドメーヌです。ローランの祖母は「ドメーヌ・グロフィエ」の三代目である大御所ロベール・グロフィエ氏の妹で、兄妹ともにそれぞれが優良畑を相続し、その祖母が相続した畑が当ドメーヌに引き継がれています。また、ローランの妻はかのフィリップ・シャルロパン氏の娘で、正に銘家一門の揃うサラブレッド・ドメーヌと言えるでしょう。 その源となるグロフィエ家は、19世紀にフレデリック・グロフィエ氏によって創業され、1933年に二代目のジュール・グロフィエ氏が優良畑を購入し、銘ドメーヌとしての基礎を築きました。前述のように畑はそれぞれ三代目のロベール・グロフィエ氏と、その妹であるベルナデットに相続されましたが、ベルナデットも生涯栽培家として献身しました。その息子が当ドメーヌの当主ジェラール・ペラゾー氏で、彼は母からドメーヌを受け継いだのちに、ドメーヌの名を自身の名「ジェラール・ペラゾー」に改名し、長らくドメーヌの舵を取ってきました。現在はその息子のローランがほとんどの業務を担っていますが、彼は代々大切に受け継がれてきた素晴らしいテロワールという家宝を守っていくことを使命として従事しています。

味わいの特徴

果実味
淡い 豊か
酸味
弱い 強い
渋み
弱い 強い

商品データ

商品番号 2927138528092
種類 赤ワイン
生産地 フランス・ブルゴーニュ・シャンボール・ミュジニー
ヴィンテージ 2019年
原産地呼称 AOCボンヌ・マール・グラン・クリュ
品種 ピノ・ノワール
輸入元 ラフィネ
容量 750ml
アルコール度数 13.8%

ワイナリー情報

ジェラール・ペラゾー

モレ・サン・ドニの名家、かのグロフィエ家の一員であるローラン・ペラゾー氏が、100年以上に渡り代々受け継がれてきた綺羅星の如き畑を守りながら切り盛りする、家族経営のドメーヌです。ローランの祖母は「ドメーヌ・グロフィエ」の三代目である大御所ロベール・グロフィエ氏の妹で、兄妹ともにそれぞれが優良畑を相続し、その祖母が相続した畑が当ドメーヌに引き継がれています。また、ローランの妻はかのフィリップ・シャルロパン氏の娘で、正に銘家一門の揃うサラブレッド・ドメーヌと言えるでしょう。 その源となるグロフィエ家は、19世紀にフレデリック・グロフィエ氏によって創業され、1933年に二代目のジュール・グロフィエ氏が優良畑を購入し、銘ドメーヌとしての基礎を築きました。前述のように畑はそれぞれ三代目のロベール・グロフィエ氏と、その妹であるベルナデットに相続されましたが、ベルナデットも生涯栽培家として献身しました。その息子が当ドメーヌの当主ジェラール・ペラゾー氏で、彼は母からドメーヌを受け継いだのちに、ドメーヌの名を自身の名「ジェラール・ペラゾー」に改名し、長らくドメーヌの舵を取ってきました。現在はその息子のローランがほとんどの業務を担っていますが、彼は代々大切に受け継がれてきた素晴らしいテロワールという家宝を守っていくことを使命として従事しています。