商品情報にスキップ
1 1

こなれたボルドー6本セット

こなれたボルドー6本セット

通常価格 15,000 (税込) 獲得ポイント : 150pt送料無料
通常価格 セール価格 15,000 (税込)獲得ポイント : 150pt送料無料
通常価格 参考価格 : 20,009 (税込)
送料無料
獲得ポイント : 150pt

残り9個

750ml×6本

amazon pay 楽天Pay PayPayご利用いただけます。


商品データ

商品番号 2946690000808
容量 750ml×6本

私が選びました

THE CELLAR Roppongi スタッフ

荒木 勇二

セット商品企画第二弾!!!

キャラ濃いあらきがお届けする「こなれたボルドー」6本です。

今回のお題の“こなれた”。

『こなれる』→漢字「熟れる」
1 食べた物が消化される。
2 世慣れて円満になる。かどがとれる。
3 物事に熟練する。無理なく思いのままに運用できるようになる。
4 調和の取れた状態になる。
5 動きがおさまり、落ち着いた状態になる。

てっきり「小慣れる」と書くとばかり勘違いしていました。
俗に「少し慣れる」という意味で使われることがあるそうですが、ワインにおいては「熟れる」のほうで
「熟成によって角が取れて落ち着いた飲み頃のもの」といったところでしょうか。

そんなワインにまつわる小慣れた方の失敗エピソードがひとつありまして、、、

知り合いのワインバーのカウンターでしっぽり飲んでいたら、隣の常連の方がボトルを開けていて
「ぜひ一杯ごちそうするよ」といただける機会がありました。
スワリング(ワインの入ったグラスをくるくる回す動作) に小慣れてきていた僕は、より酸素と触れさせて香りや味わいを感じ取りたい気持ちと、せっかちな性格が相まっていつもより多く回しておりました。
「きみきみ、回しすぎだよ。もっと優しく丁寧に、女性に接するときのように」
ハッとしました。なんだか、コック修行時代にもシェフに
「食材を扱うときは優しく丁寧に、女性の手を握るように」
と指導されたことをも思い出し、反省いたしました。

ただ回せばいい、格好がいいからではなく、目の前のものをしっかり判断し、的確に対応できる、
そんなワインのプロを目指していたいと心を燃やした瞬間でもありました。

だがしかし、だがしかしですよーーーー!
「熟れた」ワインを「小慣れ」てスワリングして、レストランやバーで大人な雰囲気を醸し出せるようになりたくもありませんか?それが人情ってもんですよ!
そんなあなたに打って付けのコスパ良し、ちょっとやそっと回してもへこたれない
しっかりめボルドーワインを厳選。ぜひこの機会にご賞味ください。

ワインを回すスワリングのコツは、
「少し下の方を持って底に小指を添えて、遠心力で振り回されないように安定させる」です!
「小慣れる」のではなく、「熟れる」ように、、、
キャラ濃いあらきは、初心忘れるべからず、常に謙虚に愚直にワインと向き合っていきまーーーーす!!!

セット内容の紹介

商品データ

商品番号 2946690000808
容量 750ml×6本

私が選びました

THE CELLAR Roppongi スタッフ

荒木 勇二

セット商品企画第二弾!!!

キャラ濃いあらきがお届けする「こなれたボルドー」6本です。

今回のお題の“こなれた”。

『こなれる』→漢字「熟れる」
1 食べた物が消化される。
2 世慣れて円満になる。かどがとれる。
3 物事に熟練する。無理なく思いのままに運用できるようになる。
4 調和の取れた状態になる。
5 動きがおさまり、落ち着いた状態になる。

てっきり「小慣れる」と書くとばかり勘違いしていました。
俗に「少し慣れる」という意味で使われることがあるそうですが、ワインにおいては「熟れる」のほうで
「熟成によって角が取れて落ち着いた飲み頃のもの」といったところでしょうか。

そんなワインにまつわる小慣れた方の失敗エピソードがひとつありまして、、、

知り合いのワインバーのカウンターでしっぽり飲んでいたら、隣の常連の方がボトルを開けていて
「ぜひ一杯ごちそうするよ」といただける機会がありました。
スワリング(ワインの入ったグラスをくるくる回す動作) に小慣れてきていた僕は、より酸素と触れさせて香りや味わいを感じ取りたい気持ちと、せっかちな性格が相まっていつもより多く回しておりました。
「きみきみ、回しすぎだよ。もっと優しく丁寧に、女性に接するときのように」
ハッとしました。なんだか、コック修行時代にもシェフに
「食材を扱うときは優しく丁寧に、女性の手を握るように」
と指導されたことをも思い出し、反省いたしました。

ただ回せばいい、格好がいいからではなく、目の前のものをしっかり判断し、的確に対応できる、
そんなワインのプロを目指していたいと心を燃やした瞬間でもありました。

だがしかし、だがしかしですよーーーー!
「熟れた」ワインを「小慣れ」てスワリングして、レストランやバーで大人な雰囲気を醸し出せるようになりたくもありませんか?それが人情ってもんですよ!
そんなあなたに打って付けのコスパ良し、ちょっとやそっと回してもへこたれない
しっかりめボルドーワインを厳選。ぜひこの機会にご賞味ください。

ワインを回すスワリングのコツは、
「少し下の方を持って底に小指を添えて、遠心力で振り回されないように安定させる」です!
「小慣れる」のではなく、「熟れる」ように、、、
キャラ濃いあらきは、初心忘れるべからず、常に謙虚に愚直にワインと向き合っていきまーーーーす!!!