商品情報にスキップ
1 1

オー・ボン・クリマ蔵出し2009年とニュイ・ブランシュ2019年2本セット

オー・ボン・クリマ蔵出し2009年とニュイ・ブランシュ2019年2本セット

2 bottles of wine assortment

通常価格 15,950 (税込) 獲得ポイント : 159pt
通常価格 セール価格 15,950 (税込)獲得ポイント : 159pt
通常価格 参考価格 : 18,480 (税込)
獲得ポイント : 159pt

2024年02月13日 08:00から販売開始

残り7個

750ml×2本

amazon pay 楽天Pay PayPayご利用いただけます。

商品データ

商品番号 2946690002055
容量 750ml×2本

私が選びました

THE CELLAR Toranomonスタッフ & バイヤー

石田 章洋

こんにちは! えぇワインご案内いただきましたので。

輸入元完売!!
2009年 オー・ボン・クリマ・シャルドネ・シエラ・マドレ・ヒストリック・ヴィンヤード
蔵出しのワインです。

まだ飲んでいませんが1本購入させていただきました。飲むのが楽しみで仕方ない!
本当であれば2009年だけでよいのですが、せっかくなので2019年ニュイ・ブランシュ独歩とセットにしました。
2019年の同じワインがあったらよかったのですが・・・。しかしながら、ニュイ・ブランシュはオー・ボン・クリマの顔ともいえる白ワインなのである意味!!
せっかくなので、きっと飲み比べたほうが楽しいと思い2セットにしてお届け。

2009年、もう15年前ですよ、何してました?
大きな出来事と言えば、
・アメリカ大統領にオバマ氏が就任
・世界的スーパースターのマイケル・ジャクソン氏が逝去
・第1回AKB48選抜総選挙が行われ前田敦子さんが初代女王に、などなど
カリフォルニアのヴィンテージ評価は白赤ともによく。
ブルゴーニュは2005年以来のグレートヴィンテージということもあり、2009年のブルゴーニュがリリースされた時は沢山の方がブルゴーニュの赤を購入しに来たことを覚えています。

2019年ですら5年前。
・2019年は元号が「令和」に
・マリナーズのイチロー選手が引退表明
・闇営業問題
・消費税率10%に、などなど
カリフォルニアは2009年同様2019年も白赤ともによく。
2019年は果実味が豊かなワインが多いような気がします。

さて、飲み頃とは難しく、何をもって飲み頃とするか??個人的にはタイミングや飲み手が決めるものだと思いますが、15年熟成は伊達じゃない!もともとオー・ボン・クリマのワインはどれも素晴らしいのですが、2009年!今飲んで絶対おいしいと思います。古酒の領域展開には入っていませんが、円熟した果実味と心地よい酸、落ち着いた樽感が想像されます。ニューワールドはあまりバックヴィンテージが出てきません。貴重な蔵出しワイン、まだまだ熟成可能かと思いますが、この機会に飲み比べて楽しんじゃってくださいな!

自分も今回購入した09と持っているニュイ・ブランシュ19を引っ提げて次回のワイン会に馳せ参じようかと。
単体で飲むのもいいかもしれませんが、テーマなど見つけて飲むとさらに楽しいワインライフを送れると思います。

セット内容の紹介

商品データ

商品番号 2946690002055
容量 750ml×2本

私が選びました

THE CELLAR Toranomonスタッフ & バイヤー

石田 章洋

こんにちは! えぇワインご案内いただきましたので。

輸入元完売!!
2009年 オー・ボン・クリマ・シャルドネ・シエラ・マドレ・ヒストリック・ヴィンヤード
蔵出しのワインです。

まだ飲んでいませんが1本購入させていただきました。飲むのが楽しみで仕方ない!
本当であれば2009年だけでよいのですが、せっかくなので2019年ニュイ・ブランシュ独歩とセットにしました。
2019年の同じワインがあったらよかったのですが・・・。しかしながら、ニュイ・ブランシュはオー・ボン・クリマの顔ともいえる白ワインなのである意味!!
せっかくなので、きっと飲み比べたほうが楽しいと思い2セットにしてお届け。

2009年、もう15年前ですよ、何してました?
大きな出来事と言えば、
・アメリカ大統領にオバマ氏が就任
・世界的スーパースターのマイケル・ジャクソン氏が逝去
・第1回AKB48選抜総選挙が行われ前田敦子さんが初代女王に、などなど
カリフォルニアのヴィンテージ評価は白赤ともによく。
ブルゴーニュは2005年以来のグレートヴィンテージということもあり、2009年のブルゴーニュがリリースされた時は沢山の方がブルゴーニュの赤を購入しに来たことを覚えています。

2019年ですら5年前。
・2019年は元号が「令和」に
・マリナーズのイチロー選手が引退表明
・闇営業問題
・消費税率10%に、などなど
カリフォルニアは2009年同様2019年も白赤ともによく。
2019年は果実味が豊かなワインが多いような気がします。

さて、飲み頃とは難しく、何をもって飲み頃とするか??個人的にはタイミングや飲み手が決めるものだと思いますが、15年熟成は伊達じゃない!もともとオー・ボン・クリマのワインはどれも素晴らしいのですが、2009年!今飲んで絶対おいしいと思います。古酒の領域展開には入っていませんが、円熟した果実味と心地よい酸、落ち着いた樽感が想像されます。ニューワールドはあまりバックヴィンテージが出てきません。貴重な蔵出しワイン、まだまだ熟成可能かと思いますが、この機会に飲み比べて楽しんじゃってくださいな!

自分も今回購入した09と持っているニュイ・ブランシュ19を引っ提げて次回のワイン会に馳せ参じようかと。
単体で飲むのもいいかもしれませんが、テーマなど見つけて飲むとさらに楽しいワインライフを送れると思います。