商品情報にスキップ
1 1

【6月追加募集!25年3月までお届け!】それぞれの代表的なスタイルを知る~メジャー品種頒布会【送料・クール代込み】

【6月追加募集!25年3月までお届け!】それぞれの代表的なスタイルを知る~メジャー品種頒布会【送料・クール代込み】

送料無料
獲得ポイント : 120pt

2024年06月30日 10:00までの期間限定販売品

残り1個

750ml×3本


各月のテーマ

6月 ソーヴィニヨン・ブラン(ニュージーランド、ロワール、ボルドー)
7月 甲州(勝沼、山形、ドイツ)
8月 リースリング(ドイツ、アルザス、オーストラリア)
9月 メルロ(ボルドー右岸、日本、ニューヨーク)
10月 シラー(ローヌ、オーストラリア、南アフリカ)
11月 ピノ・グリ(アルザス、バーデン、ヴェネト)
12月 ピノ・ノワール(ブルゴーニュ、カリフォルニア、ドイツ)
1月 グルナッシュ(ローヌ、アラゴン、南オーストラリア)
2月 カベルネ・ソーヴィニヨン(ボルドー左岸、ワシントン、チリ)
3月 マスカット(アルザス、シチリア、ドイツ)

 

注意事項

・ご利用いただけるお支払い方法は「クレジットカードのみ」とさせていただいております。

・こちらの商品は贈答用・他商品の同梱はできかねます。ご自宅用としてお送りさせていただきます。

・解約をご希望の際はお届け月の前月末日までに、下記お問い合わせ先までご連絡ください。
なお、解約はお電話でのみ承ります。お手数をおかけしますがご了承いただきますようお願い申し上げます。

問い合わせ先
電話:03-3595-3697

商品データ

商品番号 2946690005810
容量 750ml×3本

私が選びました

Cave de Relax アドバイザリースタッフ

柳原 亮

こんにちは、柳原です。

世界のワイン用ブドウ栽培面積は約740万ヘクタール。その中で良く知られたカベルネ・ソーヴィニヨンやシャルドネ、ピノ・ノワールなどのいわゆるインターナショナル品種(栽培面積上位20位まで)の栽培面積は約250万ヘクタールで全体の1/3強を占めます。
しかし、これらの品種たちは世界の様々な国の、様々な気候を持った産地で、かつ全く異なる嗜好を持つ国民性の中で生産されているだけに、産地ごとに驚くほど異なる表情を見せて来ます。
今回の頒布会ではメジャー品種の代表産地の中で、代表的と思われるスタイルを集めました。それらを連続して飲む事で、
「その品種に共通して顕れる特徴」
「土地(気候や土壌)がワインの味わいに与える影響」
「その産地の代表的な醸造方法がワインの味わいに与える影響」

の3つの要素が見えて来ると思っています。
甲州は日本ではメジャーなので加えてみました。意外なくらいに産地ごとで異なった味わいが出て来るのでビックリされるのではないでしょうか。
品種×産地の特徴を知るという点ではソムリエなどの資格試験を目指している方にもオススメです!

各月のテーマ
4月 シャルドネ(シャブリ、ブルゴーニュ、カリフォルニア)
5月 サンジョヴェーゼ(トスカーナ内陸部、トスカーナ海岸部、オーストラリア)
6月 ソーヴィニヨン・ブラン(ニュージーランド、ロワール、ボルドー)
7月 甲州(勝沼、山形、ドイツ)
8月 リースリング(ドイツ、アルザス、オーストラリア)
9月 メルロ(ボルドー右岸、日本、ニューヨーク)
10月 シラー(ローヌ、オーストラリア、南アフリカ)
11月 ピノ・グリ(アルザス、バーデン、ヴェネト)
12月 ピノ・ノワール(ブルゴーニュ、カリフォルニア、ドイツ)
1月 グルナッシュ(ローヌ、アラゴン、南オーストラリア)
2月 カベルネ・ソーヴィニヨン(ボルドー左岸、ワシントン、チリ)
3月 マスカット(アルザス、シチリア、ドイツ)

ご注意事項

・定期便ではCLUB THE CELLARのポイントはご利用いただけません
・ご利用可能なお支払い方法はクレジットカードのみとなります
・贈答用・他商品の同梱はできかねます
    ¥12,000
    お届け回数10回
    毎月お届け、全10回

    第1回目 お届け内容の紹介

    商品データ

    商品番号 2946690005810
    容量 750ml×3本

    私が選びました

    Cave de Relax アドバイザリースタッフ

    柳原 亮

    こんにちは、柳原です。

    世界のワイン用ブドウ栽培面積は約740万ヘクタール。その中で良く知られたカベルネ・ソーヴィニヨンやシャルドネ、ピノ・ノワールなどのいわゆるインターナショナル品種(栽培面積上位20位まで)の栽培面積は約250万ヘクタールで全体の1/3強を占めます。
    しかし、これらの品種たちは世界の様々な国の、様々な気候を持った産地で、かつ全く異なる嗜好を持つ国民性の中で生産されているだけに、産地ごとに驚くほど異なる表情を見せて来ます。
    今回の頒布会ではメジャー品種の代表産地の中で、代表的と思われるスタイルを集めました。それらを連続して飲む事で、
    「その品種に共通して顕れる特徴」
    「土地(気候や土壌)がワインの味わいに与える影響」
    「その産地の代表的な醸造方法がワインの味わいに与える影響」

    の3つの要素が見えて来ると思っています。
    甲州は日本ではメジャーなので加えてみました。意外なくらいに産地ごとで異なった味わいが出て来るのでビックリされるのではないでしょうか。
    品種×産地の特徴を知るという点ではソムリエなどの資格試験を目指している方にもオススメです!

    各月のテーマ
    4月 シャルドネ(シャブリ、ブルゴーニュ、カリフォルニア)
    5月 サンジョヴェーゼ(トスカーナ内陸部、トスカーナ海岸部、オーストラリア)
    6月 ソーヴィニヨン・ブラン(ニュージーランド、ロワール、ボルドー)
    7月 甲州(勝沼、山形、ドイツ)
    8月 リースリング(ドイツ、アルザス、オーストラリア)
    9月 メルロ(ボルドー右岸、日本、ニューヨーク)
    10月 シラー(ローヌ、オーストラリア、南アフリカ)
    11月 ピノ・グリ(アルザス、バーデン、ヴェネト)
    12月 ピノ・ノワール(ブルゴーニュ、カリフォルニア、ドイツ)
    1月 グルナッシュ(ローヌ、アラゴン、南オーストラリア)
    2月 カベルネ・ソーヴィニヨン(ボルドー左岸、ワシントン、チリ)
    3月 マスカット(アルザス、シチリア、ドイツ)

    ご注意事項

    ・定期便ではCLUB THE CELLARのポイントはご利用いただけません
    ・ご利用可能なお支払い方法はクレジットカードのみとなります
    ・贈答用・他商品の同梱はできかねます