商品情報にスキップ
1 1

味わいの特徴

果実味
淡い 豊か
酸味
弱い 強い
旨味
弱い 強い

クライン・ザルゼ・ワインズ メソッド・キャップ・クラシック ブリュット NV

クライン・ザルゼ・ワインズ メソッド・キャップ・クラシック ブリュット NV

Kleine Zalze Method Cap Classique Brut NV

豊かな果実味と酸味、そしてクリーミーな余韻を楽しめるフルボディのMCC

通常価格 3,960 (税込) 獲得ポイント : 39pt
通常価格 セール価格 3,960 (税込)獲得ポイント : 39pt
獲得ポイント : 39pt

残り3個

750ml / シャルドネ他 / ラフィネ

amazon pay 楽天Pay PayPayご利用いただけます。

シャンパーニュ製法を用いて3年以上の瓶熟成を経て造られた古き良き時代のスタイルのスパークリングで、非常に繊細な泡が立ち上り、焼き立てのブリオッシュやビスコッティなど酵母由来のエレガントなアロマが印象的です。シャルドネ由来の繊細さと心をくすぐるようなミネラル感、そしてピノ・ノワールの優雅さのバランスが非常に良く、豊かな果実味と酸味、そしてクリーミーな余韻を楽しめるフルボディのMCCと言えます。


商品データ

商品番号 6009611451083
種類 白ワイン,スパークリングワイン
生産地 南アフリカ
原産地呼称 コースタル・リージョン
品種 シャルドネ60%
ピノ・ノワール40%
輸入元 ラフィネ
容量 750ml
アルコール度数 11.5%

ワイナリー情報

クライン・ザルゼ・ワインズ

文献によれば南アフリカで最初にワイナリーが誕生したのは1685年のことですが、ここ 『クライン・ザルゼ・ワインズ』の歴史もたいへん古く、その10年後の1695年のステレンボッシュ市の税金徴収台帳に、当時のドイツ人オーナーの名前と「ワイン700本分の税額」についての記録が残っています。 現在の当主はコバスとマリエット・バッソン夫妻で、彼らは1996年に、当時はまだ小規模で無名だったこのワイナリーを買い取りました。夫妻は綿密な地質調査を行い、この土地のテロワールがブドウ栽培において大きな可能性を秘めていることを再確認し、徐々に自社畑を増やし、事業拡大へと舵を切りました。 そのバッソン・ファミリーのたゆまぬ努力と天性の経営手腕、そして勤勉でワイン愛溢れる各部門スタッフらの献身的な貢献によって、今では敷地内に瀟洒なホテルやレストランを備える規模となり、一年を通して世界中から多くのワイン・ラヴァ―が訪れるワイナリーに成長しました。 リリースするワインはいずれも「新世界」の力強さと「旧世界」のエレガンスとストラクチャーを見事に融合させており、それがまさに 『クライン・ザルゼ・ワインズ』 の真骨頂と言えます。 扱う品種やレンジも徐々に増え、それと比例するように国内外の様々なコンクールで数々の賞を獲得し続けており、すべてのキュヴェが世界中から引く手数多となり、紛れもなくここ10数年間の世界市場における南アフリカ・ワインの人気急上昇のトレンドを牽引する立役者となりました。 そして遂に2020年11月12日、南アフリカ・ワインの指標となるガイドブックの最高権威 【プラッターズ・ワイン・ガイド 2021】で、『トップ・パフォーミング・ワイナリー・オブ・ザ・イヤー』 に選ばれました。この賞はこれまでハイクラスと言える価格帯のいわばセレブ・ワイナリーが受賞してきましたので、それらのワイナリーとは一線を画し、地道にレンジを広げながらも高品質なデイリー・ワインを造り続けることに拘り抜いたバッソン氏ら自身も、大変驚いていることでしょう。 常に自然と対話し、ブドウ畑からの究極の表現を求め続け、消費者の期待に応えるべく、創造性と革新性の限界を押し広げて成長し続ける 『クライン・ザルゼ・ワインズ』。 他のニュー・ワールドのワイナリーには真似できないほどのパフォーマンスを叩き出すその圧倒的なクオリティーの味わいを、どうぞお楽しみください。

スタッフのおすすめポイント

Cave de Relax 管理部 兼 オンラインストアリーダー

幡野 圭子

プロフィールを見る
以前、クライン・ザルゼのロゼが入荷したときにスタッフの中で好評だった記憶がありますが、今回のこのスパークリングもとてもいい出来です。
36ヶ月の瓶内二次発酵。
細かくて勢いのある泡はもちろんですが、りんごやマンダリンなどの果実の香りと少しスパイス系のエキゾチックな香りも広がります。
夏の泡とは違う、少し複雑さを帯びた秋向けの味わいが楽しめます。
(2019年10月)

味わいの特徴

果実味
淡い 豊か
酸味
弱い 強い
旨味
弱い 強い

商品データ

商品番号 6009611451083
種類 白ワイン,スパークリングワイン
生産地 南アフリカ
原産地呼称 コースタル・リージョン
品種 シャルドネ60%
ピノ・ノワール40%
輸入元 ラフィネ
容量 750ml
アルコール度数 11.5%

ワイナリー情報

クライン・ザルゼ・ワインズ

文献によれば南アフリカで最初にワイナリーが誕生したのは1685年のことですが、ここ 『クライン・ザルゼ・ワインズ』の歴史もたいへん古く、その10年後の1695年のステレンボッシュ市の税金徴収台帳に、当時のドイツ人オーナーの名前と「ワイン700本分の税額」についての記録が残っています。 現在の当主はコバスとマリエット・バッソン夫妻で、彼らは1996年に、当時はまだ小規模で無名だったこのワイナリーを買い取りました。夫妻は綿密な地質調査を行い、この土地のテロワールがブドウ栽培において大きな可能性を秘めていることを再確認し、徐々に自社畑を増やし、事業拡大へと舵を切りました。 そのバッソン・ファミリーのたゆまぬ努力と天性の経営手腕、そして勤勉でワイン愛溢れる各部門スタッフらの献身的な貢献によって、今では敷地内に瀟洒なホテルやレストランを備える規模となり、一年を通して世界中から多くのワイン・ラヴァ―が訪れるワイナリーに成長しました。 リリースするワインはいずれも「新世界」の力強さと「旧世界」のエレガンスとストラクチャーを見事に融合させており、それがまさに 『クライン・ザルゼ・ワインズ』 の真骨頂と言えます。 扱う品種やレンジも徐々に増え、それと比例するように国内外の様々なコンクールで数々の賞を獲得し続けており、すべてのキュヴェが世界中から引く手数多となり、紛れもなくここ10数年間の世界市場における南アフリカ・ワインの人気急上昇のトレンドを牽引する立役者となりました。 そして遂に2020年11月12日、南アフリカ・ワインの指標となるガイドブックの最高権威 【プラッターズ・ワイン・ガイド 2021】で、『トップ・パフォーミング・ワイナリー・オブ・ザ・イヤー』 に選ばれました。この賞はこれまでハイクラスと言える価格帯のいわばセレブ・ワイナリーが受賞してきましたので、それらのワイナリーとは一線を画し、地道にレンジを広げながらも高品質なデイリー・ワインを造り続けることに拘り抜いたバッソン氏ら自身も、大変驚いていることでしょう。 常に自然と対話し、ブドウ畑からの究極の表現を求め続け、消費者の期待に応えるべく、創造性と革新性の限界を押し広げて成長し続ける 『クライン・ザルゼ・ワインズ』。 他のニュー・ワールドのワイナリーには真似できないほどのパフォーマンスを叩き出すその圧倒的なクオリティーの味わいを、どうぞお楽しみください。

スタッフのおすすめポイント

Cave de Relax 管理部 兼 オンラインストアリーダー

幡野 圭子

プロフィールを見る
以前、クライン・ザルゼのロゼが入荷したときにスタッフの中で好評だった記憶がありますが、今回のこのスパークリングもとてもいい出来です。
36ヶ月の瓶内二次発酵。
細かくて勢いのある泡はもちろんですが、りんごやマンダリンなどの果実の香りと少しスパイス系のエキゾチックな香りも広がります。
夏の泡とは違う、少し複雑さを帯びた秋向けの味わいが楽しめます。
(2019年10月)