商品情報にスキップ
1 1

味わいの特徴

味わい ミディアム

ライトボディミディアムボディ フルボディ
果実味
淡い 豊か
酸味
弱い 強い
渋み
弱い 強い

シャトー・レストリーユ ルージュ 2015

シャトー・レストリーユ ルージュ 2015

Chateau Lestrille Rouge 2015

口当たり柔らかく、軽快で飲みやすい仕上がり

通常価格 2,420 (税込) 獲得ポイント : 24pt
通常価格 セール価格 2,420 (税込)獲得ポイント : 24pt
獲得ポイント : 24pt

残り6個

750ml / メルロ / フィネス

amazon pay 楽天Pay PayPayご利用いただけます。

平均樹齢は約20年、ステンレスタンクで約20日間発酵、発酵中は約28℃に保ち、短時間のルモンタージュをしばしば行います。熟成もステンレスタンクで16ヶ月間行い、醸造に時間を掛けることで果実味を引き出し、丸みとコクのある味わいになります。口当たり柔らかく、軽快で渋味もまろやかな飲みやすい仕上がりになっています。


商品データ

商品番号 2917139124157
生産地 フランス・ボルドー・オー・メドック、メドック、その他ボルドー
ヴィンテージ 2015年
原産地呼称 AOCボルドー・シュペリュール
品種 メルロ
輸入元 フィネス
容量 750ml
アルコール度数 14%

ワイナリー情報

シャトー・レストリーユ

このシャトーの現当主であるエステル・ルマージュ女史のルマージュ家は、19世紀の終わり頃から伝統的なブドウ栽培者としてサンジェルマン・デュ・ピュシュ村で代々続いています。彼らは情熱を持ってブドウ栽培に取り組み、環境を尊重してテロワールを表現することを常に考え、最高のブドウを収穫するために努力しています。赤はメルロー種とカベルネ・ソーヴィニヨン種、白はソーヴィニヨン・ブラン種、ソーヴィニヨン・グリ種、セミヨン種、ムスカデル種などボルドーの伝統的な品種が植えられています。土壌は泥粘土土壌と砂質土壌でブドウ栽培は環境を尊重し、ブドウの木の列の間に草を生やして地中の微生物活動を促進して畑を活性化させたり、除葉することで日当たりと風通しを良くして健康で優良なブドウを収穫し、さらに収穫量を制限することでクオリティを向上させています。近年はより厳しいHVE認証も受け、2020年からはリュット・レゾネ(減農薬農法)からビオロジックへ転換しています。 醸造はブドウを尊重し、アロマと個性を表現させるために細心の注意を払って行われます。赤ワインの発酵は区画、樹齢、品種にもよりますが破砕した後にステンレスタンクで25~30℃で約1週間行われ、その後、5日~3週間浸漬させます。熟成は1年間、樽やステンレスタンクで行われ、タンク熟成のワインの方がタニックで骨格がしっかりしており、早くから飲める傾向があります。また、熟成にはワインが空気と触れることも重要でタンク熟成の場合は2~3ヶ月に1回澱引きして空気に触れさせますが、樽熟成の場合は樫の木の孔から極微量の空気の出入りがあるので、澱引きは年にもよりますが年0~3回に留められます。白は各品種ごと、区画ごとに別々に醸造され、11~13℃という低温で約3週間かけてじっくり発酵させます。 (参照:輸入元フィネス「生産者資料」より)

味わいの特徴

味わい ミディアム

ライトボディミディアムボディ フルボディ
果実味
淡い 豊か
酸味
弱い 強い
渋み
弱い 強い

商品データ

商品番号 2917139124157
生産地 フランス・ボルドー・オー・メドック、メドック、その他ボルドー
ヴィンテージ 2015年
原産地呼称 AOCボルドー・シュペリュール
品種 メルロ
輸入元 フィネス
容量 750ml
アルコール度数 14%

ワイナリー情報

シャトー・レストリーユ

このシャトーの現当主であるエステル・ルマージュ女史のルマージュ家は、19世紀の終わり頃から伝統的なブドウ栽培者としてサンジェルマン・デュ・ピュシュ村で代々続いています。彼らは情熱を持ってブドウ栽培に取り組み、環境を尊重してテロワールを表現することを常に考え、最高のブドウを収穫するために努力しています。赤はメルロー種とカベルネ・ソーヴィニヨン種、白はソーヴィニヨン・ブラン種、ソーヴィニヨン・グリ種、セミヨン種、ムスカデル種などボルドーの伝統的な品種が植えられています。土壌は泥粘土土壌と砂質土壌でブドウ栽培は環境を尊重し、ブドウの木の列の間に草を生やして地中の微生物活動を促進して畑を活性化させたり、除葉することで日当たりと風通しを良くして健康で優良なブドウを収穫し、さらに収穫量を制限することでクオリティを向上させています。近年はより厳しいHVE認証も受け、2020年からはリュット・レゾネ(減農薬農法)からビオロジックへ転換しています。 醸造はブドウを尊重し、アロマと個性を表現させるために細心の注意を払って行われます。赤ワインの発酵は区画、樹齢、品種にもよりますが破砕した後にステンレスタンクで25~30℃で約1週間行われ、その後、5日~3週間浸漬させます。熟成は1年間、樽やステンレスタンクで行われ、タンク熟成のワインの方がタニックで骨格がしっかりしており、早くから飲める傾向があります。また、熟成にはワインが空気と触れることも重要でタンク熟成の場合は2~3ヶ月に1回澱引きして空気に触れさせますが、樽熟成の場合は樫の木の孔から極微量の空気の出入りがあるので、澱引きは年にもよりますが年0~3回に留められます。白は各品種ごと、区画ごとに別々に醸造され、11~13℃という低温で約3週間かけてじっくり発酵させます。 (参照:輸入元フィネス「生産者資料」より)