• HOME
  • ザ・セラー六本木とは?
  • スタッフ紹介
  • スタッフ紹介
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
ログイン
日本ワインコラム
リーデル商品ページ
サントリー日本ワイン
スタッフのオススメ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

インポーターで選ぶ

インポーター紹介
スタッフ紹介
ワインの選び方
熨斗・ラッピング対応しております。
メルマガ会員募集中
公式Facebook

実店舗情報


実店舗JPはこちら

Cave de Relax 本店

カーヴ ド リラックス本店

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-0003
    東京都港区
    西新橋1-6-11
  • TEL03-3595-3697
Cave de Relax プティ

カーヴ ド リラックス
プティ有楽町店

  • 店休日不定休
  • 所在地〒100-0006
    東京都千代田区
    有楽町1-7-1 B1F
    Bistro&Bar
    有楽町ワイン倶楽部
  • TEL03-6269-9231
The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒106-0032
    東京都港区
    六本木1-4-5
    アークヒルズ
    サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒101-0021
    東京都千代田区
    外神田4-14-1
    秋葉原UDXビル 1F
    FUKUSHIMAYA
    TASTING MARKET
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 店休日月曜日
  • 所在地〒104-0061
    東京都中央区
    銀座6-2-1
    Daiwa銀座ビル 1F
    リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
The Cellar Toranomonhills

ザ・セラー虎ノ門ヒルズ

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-6490
    東京都港区
    虎ノ門1-17-1
    虎ノ門ヒルズ
    ビジネスタワーB1F
    FUKUSHIMAYA内
  • TEL03-6550-9993
 

トップ > 日本 > 関西 > ヒトミワイナリー 身土不二 キュベ ツムラ シャルドネ 2018

ヒトミワイナリー 身土不二 キュベ  ツムラ シャルドネ 2018

拡大画像

※画像はイメージのため実際の商品とは異なる場合があります。

ヒトミワイナリー 身土不二 キュベ ツムラ シャルドネ 2018

商品番号
4537105058019
英語表記
Hitomi Winery Shindo Funi Cuvee Tsumura Chardonnay 2018
生産地
日本
原産地呼称
滋賀県
品種
シャルドネ
輸入元
ヒトミワイナリー
容量
750ml
アルコール度数
11%
価格 : 3,000円(税込3,300円)
ポイント : 33
数量
 

通常価格とは当店で取り扱いがあり通常販売している価格です。

参考価格とは輸入元が設定している価格です。

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
味わいMAP

香りにはパイン、りんご、スギやオークのニュアンスを感じる、果実味豊かなワイン

ヒトミワイナリーの創始者、図師禮三氏は1984年、60歳を機に「本当に自分のやりたいことをやろう」と決意。独自のワイン造りをしたいと思い立ち全くのゼロからワイン造りを始めました。その後、試験醸造期間3年を経て本格スタート。試行錯誤する過程で、ワインを完全にろ過する直前のにごった状態で試飲し、おいしかったことから「ワインはこうあるべき」と思い、ワイナリーの看板ワインであるにごりワイン造りを本格的に開始しました。
身土不二(しんどふに)とは、その土地、その季節に収穫した物を食べるのが身体に良いという考え方です。滋賀県内で丁寧に栽培されたブドウで、心豊かになるワインを造り、滋賀に根付く地ワインへの成長を目指しています。また、全国各地の方に滋賀から発信する食文化の1つとして認知していただきたいシリーズです。
滋賀県北部にある今荘葡萄園の津村徹さんが栽培するシャルドネを使用しました。滋味深く優しい滋賀のブドウの味を楽しんで頂けると幸いです。清澄・濾過・除酸を行っていないので成分などが沈殿しますが、身体を害するものではありません。
2018年産は1日スキンコンタクトを行った後搾汁し、3年目と4年目のフレンチオークで醗酵。その後、約10ヶ月間熟成させています。2018年は気温が高く、例年にない収穫の早さでした(8月25日)。香りはパイン、りんご、スギやオークのニュアンスも感じられます。熟期の早さもあり、注ぎたては少し苦味を感じる印象ですが、時間の経過により果実香の広がりもお楽しみいただけると思います。