topへ戻る
  • HOME
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • ワインの選び方
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
日本ワインコラム
まとめ買いがおトク☆よりどり2本以上で5%OFF
ラスト1本10%OFF
情野ソムリエ特集
リーデル商品ページ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

インポーターで選ぶ

インポーター紹介
店舗一覧
HPはこちら
熨斗・ラッピング対応しております。
メルマガ会員募集中
 

トップ > その他フランス > ドメーヌ・デュ・ペリカン ブリュット・エス・ゼロ NV

ドメーヌ・デュ・ペリカン ブリュット・エス・ゼロ NV

拡大画像

※画像はイメージのため実際の商品とは異なる場合があります。

ドメーヌ・デュ・ペリカン ブリュット・エス・ゼロ NV

商品番号
2917139123877
英語表記
Domaine du Pelican Brut S Zero 2018
生産地
フランス・ジュラ
原産地呼称
ヴァン・ド・フランス
品種
サヴァニャン
輸入元
フィネス
容量
750ml
アルコール度数
13%
価格 : 7,300円(税込8,030円)
ポイント : 80
数量
 

通常価格とは当店で取り扱いがあり通常販売している価格です。

参考価格とは輸入元が設定している価格です。

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
味わいMAP_果実味f 味わいMAP_酸味a 味わいMAP_その他

サヴァニャン100%のスパークリング・ワイン

ワイン名の「S」はサヴァニャンのSで、「°」はドザージュ・ゼロの意味。サヴァニャン100%では「クレマン・ド・ジュラ」は名乗れないので「ヴァン・ド・フランス」になります。
なぜ発泡ワインを造り始めたかというと、1つはサヴァニャンという品種がとても酸味があり、発泡ワインを造るのに適していること。もう1つはジュラのアイデンティティの痕跡を残したいという2つの想いからです。通常、発泡ワインは酵母と蔗糖を添加するいわゆる「ティラージュ」で瓶内発酵による発泡を促しますが、アルコール度数が上昇してしまうこととブドウ以外のものを添加しなければならないという難点があるので、このワインについては2018年物のアルコール発酵のみさせたワインに2019年もののアルコール発酵し始めのブドウ液(糖がアルコールに変換されきっておらず、かつ酵母も存在する)を加えて不自然なアルコール上昇を抑えた瓶内醗酵で発泡させています。

 

ドメーヌ・デュ・ペリカン


ヴォルネイ村でワイン造りをしているドメーヌ・マルキ・ダンジェルヴィーユの当主ギョーム・ダンジェルヴィーユ氏と醸造責任者のフランソワ・デュヴィヴィエ氏が、ブルゴーニュのような素晴らしいテロワールのワインを造りたいという探究心から2012年にジュラ地方アルボワの町に隣接するモンティニー・レ・ザルスール村に設立しました。
ドメーヌ名の由来はアルボワの町のエンブレムである「ペリカン」から引用したもの。15世紀末にヴォルネイの1級畑クロ・デ・デュックを所有していたブルゴーニュ公には一人娘がおり、彼女はアルボワの町のエンブレムを「ペリカン」に定めたローマ皇帝マクシミリアン1世の妻だったので、現クロ・デ・デュック所有者であるギョーム氏はヴォルネイとアルボワの繋がりを想ってドメーヌ名を「ペリカン」としました。
所有する畑は約15haで、そのうちの5.8haは2003年からビオディナミ農法を取り入れてワイン造りをしていた「シャトー・ド・シャヴァヌ」が所有していた畑で、アルボワの代表的な品種であるサヴァニャン、シャルドネ、トルソー、プルサール、ピノ ノワールが植えられています。別の5haは「グラン・キュルレ」と呼ばれているアルボワで最初に開墾された区画で素晴らしいサヴァニャン種のブドウが出来ます。以前はジャン・マルク・ブリニョが所有しており2004年から2012年までビオディナミで運営されていました。残りの4.2haはモンティニー・レ・ザルスール村の生産者で「ジュラの教皇」と呼ばれていたジャック・ピュフネイから2014年末に譲り受けた畑で、こちらもアルボワの品種に合う素晴らしいテロワールがある畑です。
収穫は全て手摘みですが品種によって成熟スピードに差があるので約3週間に渡って続けられます。2018年ヴィンテージからアルボワにもブルゴーニュと同じように個々のテロワールがあることを世界に広めるために単一区画での醸造も始めました。
(参照:輸入元フィネス「生産者資料」より)