topへ戻る
  • HOME
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • ワインの選び方
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
ログイン
日本ワインコラム
まとめ買いがおトク☆よりどり2本以上で5%OFF
リーデル商品ページ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

インポーターで選ぶ

インポーター紹介
熨斗・ラッピング対応しております。
メルマガ会員募集中

実店舗情報


実店舗JPはこちら

Cave de Relax 本店

カーヴ ド リラックス本店

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-0003
    東京都港区
    西新橋1-6-11
  • TEL03-3595-3697
Cave de Relax プティ

カーヴ ド リラックス
プティ有楽町店

  • 店休日不定休
  • 所在地〒100-0006
    東京都千代田区
    有楽町1-7-1 B1F
    Bistro&Bar
    有楽町ワイン倶楽部
  • TEL03-6269-9231
The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒106-0032
    東京都港区
    六本木1-4-5
    アークヒルズ
    サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒101-0021
    東京都千代田区
    外神田4-14-1
    秋葉原UDXビル 1F
    FUKUSHIMAYA
    TASTING MARKET
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 店休日月曜日
  • 所在地〒104-0061
    東京都中央区
    銀座6-2-1
    Daiwa銀座ビル 1F
    リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
The Cellar Toranomonhills

ザ・セラー虎ノ門ヒルズ

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-6490
    東京都港区
    虎ノ門1-17-1
    虎ノ門ヒルズ
    ビジネスタワーB1F
    FUKUSHIMAYA内
  • TEL03-6550-9993
 

トップ > 甲州 > 旭洋酒 千野甲州 2019

旭洋酒 千野甲州 2019

拡大画像

※画像はイメージのため実際の商品とは異なる場合があります。

旭洋酒 千野甲州 2019

商品番号
2900027802749
英語表記
Chino Koshu 2019
生産地
日本
原産地呼称
山梨県
品種
甲州
輸入元
旭洋酒
容量
720ml
アルコール度数
12%
価格 : 2,800円(税込3,080円)
ポイント : 30
数量
 

通常価格とは当店で取り扱いがあり通常販売している価格です。

参考価格とは輸入元が設定している価格です。

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
味わいMAP_果実味f 味わいMAP_酸味a 味わいMAP_その他

穏やかながら香りと味の複雑な構成

小川孝郎・崇両氏が標高600m弱の南向き粘土質斜面で育てる甲州種。肥料を抑え、草の力によって有機的な土壌をつくる不耕起草生栽培と一文字短梢剪定を組み合わせ、減農薬で栽培されます。充実した果実を生むこの一級畑のブドウのみを選果しながら丁寧に収穫、ホールバンチプレスの後フレンチオーク樽で醗酵させています。樽熟成6ヶ月、新樽率50%。
カリン、洋ナシ、レモングラス、コリアンダーシードなど、多様なニュアンスを含む穏やかな香り。アタックはゆるやかで、小ぶりの蜜柑のような果実味が柑橘の皮の仄かな苦みを伴って膨らみ、シロップや蜜柑の花のような甘やかな香が心地よく余韻します。
ガス、酸とも落ち着いており、例年より新樽率が高いものの液体によく馴染んでいます。全体としてまとまりが良く尖ったところがありませんが、ベースとなる酸はしっかりと備わっているので今後のゆるやかな熟成が期待できます。

旭洋酒


旭洋酒はもともと数軒の農家によってつくられた共同体で、その後、山梨市と春日居町の農家約380軒が集まって発足させたワイナリー。
市場には出回らない自家生産のワインを、地元の人達が日常的に飲んでいました。栽培農家の減少や醸造家の高齢化によって2001年に旭洋酒は消滅寸前になりましたが、勝沼でワイン造りをしていた若い夫婦・鈴木夫妻によって引き継がれることになりました。
従来の素朴でクリーンな旭洋酒のスタイルを継承しつつ、ブドウの魅力を引き出した柔らかな温かみの感じられるワインを目指しています。