topへ戻る
  • HOME
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • ワインの選び方
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
日本ワインコラム
まとめ買いがおトク☆よりどり2本以上で5%OFF
ラスト1本10%OFF
情野ソムリエ特集
リーデル商品ページ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

インポーターで選ぶ

インポーター紹介
店舗一覧
HPはこちら
熨斗・ラッピング対応しております。
メルマガ会員募集中
 

トップ > アメリカ > ワシントン州 > ドメーヌ・サン・ミッシェル ミッシェル ブリュット・ロゼ NV

ドメーヌ・サン・ミッシェル ミッシェル ブリュット・ロゼ NV

拡大画像

※画像はイメージのため実際の商品とは異なる場合があります。

ドメーヌ・サン・ミッシェル ミッシェル ブリュット・ロゼ NV

商品番号
4582203095008
英語表記
Domaine Ste. Michelle Michelle Brut Rose NV
生産地
アメリカ・ワシントン州
原産地呼称
AVAコロンビア・ヴァレー
品種
ピノ・ノワール
ピノ・ムニエ
輸入元
ファインズ
容量
750ml
アルコール度数
11%
価格 : 2,490円(税込2,739円)
ポイント : 27
数量
 

通常価格とは当店で取り扱いがあり通常販売している価格です。

参考価格とは輸入元が設定している価格です。

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
味わいMAP_果実味f 味わいMAP_酸味a 味わいMAP_その他

ベリー系の香りで口当たりはすっきりとドライなスパークリング

コロンビア・ヴァレーの西部ヤキマ・ヴァレーからのブドウを厳選。夏の日照時間が長い特異な気候により得られる完熟した果実味と、砂漠気候由来の昼夜の寒暖の差から得られる美しい酸のバランスを生み出しています。
美しい淡いピンクの色合い。ベリー系の香りで口当たりは非常にキレが良くドライ。優しく表現された果実味が爽やかな余韻へと導いてくれます。

 

ドメーヌ・サン・ミッシェル


1970年代よりワシントン州のワインの先駆者として名実ともにアメリカでも屈指のワイン生産者となったシャトー・サン・ミッシェルが造り出すスパークリング部門。フランスのシャンパーニュと同じ瓶内二次発酵方式でこだわりのプレミアムスパークリングワイン造りを行っています。

 
宮坂
arrow

気づけばもう5月。
花見のシーズンも過ぎてしまい、お客様によっては「え、今さらなの」って思われる方もいるかもしれないのですが、それを踏まえてでもオススメしたいのが、こちらのロゼ・スパークリングです。
シャトー・サンミッシェルといえば、アメリカ・ワシントン州の有名かつパイオニア的スパークリングワインの生産者であり、弊社でも馴染み深い商品ではないかと思います。
商品説明欄にも記載されていますが、シャンパンと同じメトード・トラディショナル(瓶内二次発酵)方式を用いていることや、ブドウ品種にピノ・ノワールやピノ・ムニエを使っていることからも、何処かしら(テイスティング時など)でシャンパンを連想ないし意識する人は少なくないのではないでしょうか(あくまで宮坂の私見ですが)?
シャンパンを意識しつつ(期待値のハードルを自分で勝手に上げていますが)、いざテイスティング!
ラズベリーなどを連想させる赤系ベリーや青リンゴの香り、アフターまで伸びる綺麗な酸味・香り同様に完熟したラズベリーなどの赤系ベリーを連想させる果実味を感じます。
一口飲んでみて凄く驚いたのですが、酸味は冷涼感のあるしっかりとしたものであり、果実味は完熟したイメージが強いにも関わらず、酸味と果実味がケンカすることなく絶妙なバランスでまとめられていて、全体的に爽やかで完成度の高いワインだと個人的に思いました。
味わいのバランスだけにとどまらず、瓶熟期間が18ヶ月だけあって、泡立ちもしっかりしていてきめ細かく、口当たりも凄く滑らかでした。
もしお料理に合わせるなら、軽いものなら生ハム(自分はこの組み合わせで飲みました)、トンカツや天ぷらなどの揚げ物系も凄く良いのではないかと思います。
これからの時期、ピクニックなどお外で合わせるならサンドイッチ(もちろん具は生ハムやカツ)もオススメかと。
ある程度マリアージュの例を挙げましたが、食前酒としてワイン単体で飲むのも全然ありだと思いますよ。
味わいのバランスが凄く良く、泡立ちもしっかりしてていてきめ細かく、口当たりも凄く滑らかなミッシェル ブリュット・ロゼ NVですが、これからの時期に是非一度は飲んでいただきたいスパークリングワインとして、オススメですよー!
(2019年4月)