topへ戻る
  • HOME
  • ザ・セラー六本木とは?
  • スタッフ紹介
  • スタッフ紹介
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
ログイン
日本ワインコラム
サントリー日本ワイン
まとめ買いがおトク☆よりどり2本以上で5%OFF
リーデル商品ページ
スタッフのオススメ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

インポーターで選ぶ

インポーター紹介
熨斗・ラッピング対応しております。
メルマガ会員募集中
公式Facebook

実店舗情報


実店舗JPはこちら

Cave de Relax 本店

カーヴ ド リラックス本店

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-0003
    東京都港区
    西新橋1-6-11
  • TEL03-3595-3697
Cave de Relax プティ

カーヴ ド リラックス
プティ有楽町店

  • 店休日不定休
  • 所在地〒100-0006
    東京都千代田区
    有楽町1-7-1 B1F
    Bistro&Bar
    有楽町ワイン倶楽部
  • TEL03-6269-9231
The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒106-0032
    東京都港区
    六本木1-4-5
    アークヒルズ
    サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒101-0021
    東京都千代田区
    外神田4-14-1
    秋葉原UDXビル 1F
    FUKUSHIMAYA
    TASTING MARKET
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 店休日月曜日
  • 所在地〒104-0061
    東京都中央区
    銀座6-2-1
    Daiwa銀座ビル 1F
    リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
The Cellar Toranomonhills

ザ・セラー虎ノ門ヒルズ

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-6490
    東京都港区
    虎ノ門1-17-1
    虎ノ門ヒルズ
    ビジネスタワーB1F
    FUKUSHIMAYA内
  • TEL03-6550-9993
 

トップ > アルゼンチン > 【<リーデル・ヴィノム>セット対象B】 カテナ カテナ・アルタ マルベック 2016 *

【<リーデル・ヴィノム>セット対象B】 カテナ カテナ・アルタ マルベック 2016 *

拡大画像

※画像はイメージのため実際の商品とは異なる場合があります。

【<リーデル・ヴィノム>セット対象B】 カテナ カテナ・アルタ マルベック 2016 *

商品番号
4580018615107
英語表記
Bodega Catena Zapata Catena Alta Malbec 2016
生産地
アルゼンチン
原産地呼称
メンドーサ
品種
マルベック
輸入元
ファインズ
容量
750ml
アルコール度数
13.5%
価格 : 6,300円(税込6,930円)
ポイント : 69
数量
 

通常価格とは当店で取り扱いがあり通常販売している価格です。

参考価格とは輸入元が設定している価格です。

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
味わいMAP

カテナの長年の研究と、アッサンブラージュの高い技術が融合して生み出されたワイン

カテナ家のメンドーサでのミクロクリマ研究とアッサンブラージュの技術が結実したワイン。カテナ家が所有する畑において、特に優れているという定義されたブドウの列を選び出し、そこで取れたブドウのみを使用。さらに醗酵や熟成の途中で厳密な選定を行い、限られた数量だけを“カテナ・アルタ”として出荷します。
フレンチオーク樽で18ヶ月間熟成。プラムやカシスのフレーバーと黒コショウのノート。フルボディですが、口当たりはソフトで甘みのあるタンニンが感じられます。

 

カテナ


1902年、ニコラ・カテナがイタリア、マルケ州よりアルゼンチンに移住し、メンドーサでブドウの栽培をしたことから始まります。3代目にあたる現当主二コラス・カテナは1980年代にカリフォルニアの高品質ワインのつくりに影響され、「アルゼンチンを代表して世界に通用するワインをつくりたい」という希望を胸に帰国。以降、メンドーサの土壌の研究と品種・クローンの相性について徹底的に研究を進め、今や世界のトップワインとして必ず挙げられるほどの造り手として評価されています。現在は娘のラウラ・カテナが中心となり、テロワールやマルベックの研究を行い、ワインの品質向上に努めています。