topへ戻る
  • HOME
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • ワインの選び方
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
ログイン
日本ワインコラム
まとめ買いがおトク☆よりどり2本以上で5%OFF
リーデル商品ページ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

インポーターで選ぶ

インポーター紹介
熨斗・ラッピング対応しております。
メルマガ会員募集中

実店舗情報


実店舗JPはこちら

Cave de Relax 本店

カーヴ ド リラックス本店

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-0003
    東京都港区
    西新橋1-6-11
  • TEL03-3595-3697
Cave de Relax プティ

カーヴ ド リラックス
プティ有楽町店

  • 店休日不定休
  • 所在地〒100-0006
    東京都千代田区
    有楽町1-7-1 B1F
    Bistro&Bar
    有楽町ワイン倶楽部
  • TEL03-6269-9231
The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒106-0032
    東京都港区
    六本木1-4-5
    アークヒルズ
    サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒101-0021
    東京都千代田区
    外神田4-14-1
    秋葉原UDXビル 1F
    FUKUSHIMAYA
    TASTING MARKET
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 店休日月曜日
  • 所在地〒104-0061
    東京都中央区
    銀座6-2-1
    Daiwa銀座ビル 1F
    リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
The Cellar Toranomonhills

ザ・セラー虎ノ門ヒルズ

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-6490
    東京都港区
    虎ノ門1-17-1
    虎ノ門ヒルズ
    ビジネスタワーB1F
    FUKUSHIMAYA内
  • TEL03-6550-9993
 

トップ > 甲州 > 勝沼醸造 アルガブランカ・イセハラ 2019

勝沼醸造 アルガブランカ・イセハラ 2019

拡大画像

※画像はイメージのため実際の商品とは異なる場合があります。

勝沼醸造 アルガブランカ・イセハラ 2019

商品番号
4930520332458
英語表記
ARUGABRANCA VINHAL ISSE'HARA 2019
生産地
日本
原産地呼称
山梨県
品種
甲州
輸入元
勝沼醸造
容量
750ml
アルコール度数
9%
価格 : 5,500円(税込6,050円)
ポイント : 60
数量
 

通常価格とは当店で取り扱いがあり通常販売している価格です。

参考価格とは輸入元が設定している価格です。

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
味わいMAP_果実味f 味わいMAP_酸味a 味わいMAP_その他

爽やかな酸味と微妙な甘さがバランス良く、他に無い個性

ワイン造りはぶどう作り」という基本に忠実に、風土の個性を反映したワイン造りに取り組んでいます。
このワインは小字名の伊勢原の単一畑から収穫された甲州種のみを原料に醸造したワインです。華やかな香りに加え、爽やかな酸味と微妙な甘さがバランス良く、他に無い個性を醸し出しています。
2019年は長雨による天候不順が病気の発生を促し、山梨県全体が非常に厳しい年となりました。
しかし、イセハラに関しましては、独特の水捌けの良い土壌構造と御坂山系から流れ込む東風により、健全で例年の通りテロワールの特徴をもつ皆様のご期待にお応えできる高品質なワインとなっております。

勝沼醸造


勝沼醸造は、1937年より勝沼の地に根ざしワイン造りを行なっているワイナリー。
産地の風土、勝沼のテロワールを表わしたワイン、世界に通用する日本のワインを目指してワイン造りを行なっています。
日本のブドウ栽培は生食用が主流で、生食用として出荷できなかったものをワイン造りにまわす、という考えが根強くありましたが、ワイン用に糖度の高いブドウの栽培、良質なブドウの確保のために、ワイナリー自ら栽培。
「ワインづくりは農業」との考えのもと、自社畑に加えて町内の農家等から積極的に農地借受を行っています。
生食用の栽培に広く用いられている「棚式」から、一粒一粒の糖度をあげるように垣根式を採用、収量制限等を行なって良質な原料にこだわっています。