• HOME
  • ザ・セラー六本木とは?
  • スタッフ紹介
  • スタッフ紹介
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
サントリー日本ワイン
サントリー日本ワイン
スタッフのオススメ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

メルマガ会員募集中
ワインの選び方
スタッフ紹介
熨斗・ラッピング対応しております。
公式Facebook

実店舗情報

Cave de Relax 本店

カーヴ ド リラックス本店

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-0003
    東京都港区西新橋
    1-6-11
  • TEL03-3595-3697
Cave de Relax プティ

カーヴ ド リラックス
プティ有楽町店

  • 店休日不定休
  • 所在地〒100-0006
    東京都千代田区有楽町
    1-7-1 B1F
    Bistro&Bar
    有楽町ワイン倶楽部内
  • TEL03-6269-9231
The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒106-0032
    東京都港区六本木1-4-5
    アークヒルズ
    サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒101-0021
    東京都千代田区外神田
    4-14-1
    秋葉原UDXビル 1F
    FUKUSHIMAYA
    TASTING MARKET内
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 店休日月曜日
  • 所在地〒104-0061
    東京都中央区銀座6-2-1
    Daiwa銀座ビル 1F
    リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
The Cellar Toranomonhills

ザ・セラー虎ノ門ヒルズ

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-6490
    東京都港区虎ノ門
    1-17-1
    虎ノ門ヒルズ
    ビジネスタワーB1F
    FUKUSHIMAYA内
  • TEL03-6550-9993

トップ > スタッフのおすすめワイン > デ・ウアー シュヴェルニー アンヴォル 2014

デ・ウアー シュヴェルニー アンヴォル 2014

拡大画像

※画像はイメージのため実際の商品とは異なる場合があります。

デ・ウアー シュヴェルニー アンヴォル 2014

商品番号
4560450060079
英語表記
Domaine des Huards Cheverny Envol 2014
生産地
フランス・ロワール
原産地呼称
AOCシュヴェルニー
品種
ピノ・ノワール50%
ガメイ50%
輸入元
テラヴェール
容量
750ml
アルコール度数
12%
価格 : 2,000円(税込2,200円)
ポイント : 22
数量
 

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
味わいMAP

赤 ミディアムボディ

ロワールで最も目立たないAOCクール・シュヴェルニー。この地で7代続く作り手がデ・ウアーです。1922年より元詰めを開始し、現在はミッシェル・ジャンドリエが家族と共にドメーヌを経営しています。クール・シュヴェルニーとして栽培可能な品種はロモランタンのみ。デ・ウアーは8haのロモランタンを所有し、AOCを代表する造り手になっています。現在はシャルドネとソーヴィニヨン・ブラン、赤はガメイとピノ・ノワールも栽培。それらはAOCシュヴェルニーとしてリリースしています。
平均樹齢20年。粘土石灰質および粘土珪質。ゆっくりとプレス後デブルバージュ。天然酵母のみを使用し最高28℃で7日かけて発酵、その後マロラクティック発酵。


♪ 岡野のおすすめワイン
虎ノ門店頭のロワールコーナーの最下部にたたずむデ・ウアー。
最下部にありながらもしっかりとそこにあるという存在感です。
上の説明にも「ロワールで最も目立たないAOC」だなんて書かれていますが、そのAOCを代表する生産者であり、ロワールの歴史ある古代品種ロモランタンに力を入れている生産者です。
こちらのアンヴォルはピノ・ノワールとガメイが半分ずつ。
美味しいっ!
香りはチャーミングな明るい赤い果実。
小さくてコロコロしている、チェリーやラズベリーのイメージ。
さわやかな透け感のある緑のハーブの印象もあります。
味わいは明るい果実とさわやかなイメージがそのまま口の中に。
美味しい!
そしてしっかり広がる酸が香りの印象とともに梅っぽさを連想させます。
一直線に、和なお料理に合わせたいなと思いました。
連想したままですが、梅やしそを使ったお料理やぽん酢で食べるタイプのお鍋、さっぱりソースで食べる柔らかジューシーなローストビーフにも合いそう。
酸がしっかりとあるので、揚げものと一緒に食べるとさっぱりと口休めにもなりそうです。
ご家庭での食事のお供におすすめなワインです。
(2018年11月)