• HOME
  • ザ・セラー六本木とは?
  • スタッフ紹介
  • スタッフ紹介
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
ログイン
日本ワインコラム
サントリー日本ワイン
サントリー日本ワイン
スタッフのオススメ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

メルマガ会員募集中
ワインの選び方
スタッフ紹介
熨斗・ラッピング対応しております。
公式Facebook

実店舗情報


実店舗JPはこちら

Cave de Relax 本店

カーヴ ド リラックス本店

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-0003
    東京都港区
    西新橋1-6-11
  • TEL03-3595-3697
Cave de Relax プティ

カーヴ ド リラックス
プティ有楽町店

  • 店休日不定休
  • 所在地〒100-0006
    東京都千代田区
    有楽町1-7-1 B1F
    Bistro&Bar
    有楽町ワイン倶楽部
  • TEL03-6269-9231
The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒106-0032
    東京都港区
    六本木1-4-5
    アークヒルズ
    サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒101-0021
    東京都千代田区
    外神田4-14-1
    秋葉原UDXビル 1F
    FUKUSHIMAYA
    TASTING MARKET
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 店休日月曜日
  • 所在地〒104-0061
    東京都中央区
    銀座6-2-1
    Daiwa銀座ビル 1F
    リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
The Cellar Toranomonhills

ザ・セラー虎ノ門ヒルズ

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-6490
    東京都港区
    虎ノ門1-17-1
    虎ノ門ヒルズ
    ビジネスタワーB1F
    FUKUSHIMAYA内
  • TEL03-6550-9993

トップ > イタリア > ピエモンテ > アラルディカ バルベーラ・ダスティ セッピ 2015

アラルディカ バルベーラ・ダスティ セッピ 2015

拡大画像

※画像はイメージのため実際の商品とは異なる場合があります。

アラルディカ バルベーラ・ダスティ セッピ 2015

商品番号
4547203525221
英語表記
Araldica Barbera d'Asti Ceppi Storici 2015
生産地
イタリア
原産地呼称
ピエモンテ州
品種
バルベーラ
輸入元
リラックス
容量
750ml
アルコール度数
14%
価格 : 1,620円(税込1,782円)
ポイント : 17
数量
 

通常価格とは当店で取り扱いがあり通常販売している価格です。

参考価格とは輸入元が設定している価格です。

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
味わいMAP

赤 フルボディ

セッピはアラルディカが造るバルベーラ・ダスティの上級キュヴェ。平均樹齢40年超の古木のバルベーラ100%から仕込まれています。ぎっしりと詰まったきめ細やかな赤い果実の風味、密度の高いまろやかなタンニンと余韻の長いアフター。きわめて上質なピエモンテ産バルベーラです。


♪ 千田のおすすめワイン
バルベーラ・ダスティは2008年にD.O.C.Gに昇格した、ピエモンテ南部のワイン産地です。
北イタリアでなんとなく寒いイメージがありますが、意外にも夏場は気温が高く、凝縮感と果実の甘さを備えたワインが造られています。
こちらのアラルディカ バルベーラ・ダスティ セッピも、スペインやポルトガルワインのような、暖かな凝縮感が印象的です。
親しみやすい味わいで、赤ワインは渋くて苦手。。。という方にも美味しく飲んでいただけると思います。
と同時に、バルベーラ特有の草や土っぽいエレガントなニュアンスも。
たっぷりとした果実の味わいだけではなく、きちっとした酸と滑らかで存在感のあるタンニンも備えます。
それでいて、このお手頃価格!
王道にナポリタンスパゲッティ、マルゲリータなどのトマトベースのお食事と合わせるのがおすすめです。
(2019年4月)