東京・港区虎ノ門のワイン専門店通販

新型コロナウイルスの影響により、流通に遅れが出ております。しばらくの間、当日発送の締切を午前10時とさせていただきます。
お届け日時のご指定をいただきましても、遅れる場合がございます。ご不便をおかけしますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

新規会員登録で500ポイントプレゼント!!

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

ソムリエに相談する
  • ペログビワイン日記
  • 新しいワイン空間 The Cellar Roppongi
  • 公式インスタグラム

営業日カレンダー

2020年 05月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2020年 06月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

フラム・ワインズ ドライ・ホワイト NV
Fram Wines Dry White Wine NV

フラム・ワインズ ドライ・ホワイト NV

拡大画像を見る

※画像は実際のヴィンテージ、ラベルとは異なる場合があります。

商品番号6009879665079
商品名フラム・ワインズ ドライ・ホワイト NV
原産国南アフリカ
生産地域シトラスダル・マウンテン
色・味わい白 すっきりとした辛口
容量750ml
アルコール度数12%
販売価格2,350 円(税込2,585 円)
ポイント25 ポイント
数量
品切れ中
  • お気に入りに追加
  • 商品についてのお問い合わせ
南アフリカ シトラスダル・マウンテン 白 すっきりとした辛口
品種:パロミノ70%、シュネル(シュナン・ブラン×ユニ・ブラン)約15%、ソーヴィニヨン・ブラン約15%
2013年よりステレンボッシュでティナス・クルーガーによって設立されました。南アフリカにおいて古く歴史のある、ボッシェンダル・ワインというワイナリーで12年醸造長を務め、独立を果たしました。様々な地域に点在する南アフリカのブドウ畑を探す旅を“航海”と例え、ワイナリーのコンセプトとしています。他の多くの生産者同様、自分の畑は持たず毎年一定のブドウが確保できるよう購入元のブドウ生産者と連携しています。シュナン・ブラン、ピノタージュおよびシラーズにオークの新樽は使用しません。その土地ならではの特色と、テロワールが醸し出すフレッシュで活き活きとした果実味を楽しめるワインを造ることを目指しています。基本的に酵母、酸等は添加せず、自然のままに醸造します。
フィールド・ブレンド(混植)の白ブドウを用いて、2ヴィンテージをアッサンブラージュした辛口の白ワイン。2016年はオーク樽にて醸造、2017年はステンレスタンクにて醸造。プラム、青りんご、アーモンド、ミネラル、爽やかなセイヴォリー(ミント)、八角、ラムネなど非常に個性的で複雑な香り。海風を感じるような塩味のニュアンスのミネラル感とフルーティーさのバランスのよい辛口の白ワインです。
(アルコール度数:12%)

♪ 金山のおすすめワイン
先日、有難いことに南アフリカの何人かの生産者にお会いする機会がありました。
このフラムのティナス・クルーガーさんとも話したのですが、独特のゆるい雰囲気がなんとも素敵な方でした。
それはそうと、このドライ・ホワイト!
初めて試飲したときからコスパの高さと、この価格帯の他のワインにない個性を気に入って取り扱っていたんですが、いかんせんNVなうえに品種もなんだかわかりづらい、ということでなかなか手にとってもらいにくく、正直ちょっと諦めかけていました。
ところが先日ティナスさんからサーヴしてもらったその液体は、以前にも増しておいしくなっていているではありませんか。
彼のほかのワインもそうだったんですが、このドライホワイトは特にびっくりしました。
というわけでオススメしないわけにはいかないのです。
そもそもこのワインは2016年と2017年を半分ずつブレンドした、フレッシュでありながら複雑な味わいが特徴。
フィールド・ブレンドで平均樹齢はなんと60年!
これも南アのすごいところですね。
ちなみに私はフィールド・ブレンドと聞くとちょっとときめきます。
味わいにはプラム、梅、りんごなどの果実にウマミ!そしてミネラル!
香ばしいニュアンスや柑橘の皮のようなほのかな苦味など、価格で考えるとすばらしいです。
そして何より、私にワインにとって時間がいかに大事であるかを再認識させてくれました。
ぱっと見なんだかよくわからないワインかもしれませんが、一度お試しいただければ幸いです!
(2019年10月)


トップへ
戻る