東京・港区虎ノ門のワイン専門店通販

<まもなく終了> 夏のなごりのグランヴァンセールは明日9月16日(月)14時まで!

新規会員登録で500ポイントプレゼント!!

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

ソムリエに相談する
  • ペログビワイン日記
  • 新しいワイン空間 The Cellar Roppongi
  • 公式インスタグラム

営業日カレンダー

2019年 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
この色のついた日は、発送業務、メール等のお問い合わせ対応の休業日となります。
2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
この色のついた日は、発送業務、メール等のお問い合わせ対応の休業日となります。
日本の夏にはリースリング!5本セット

【ポイント10倍】 日本の夏にはリースリング!5本セット(クール便配送)

【ポイント10倍】 日本の夏にはリースリング!5本セット(クール便配送)

拡大画像を見る

※画像は実際のヴィンテージ、ラベルとは異なる場合があります。

商品番号2597990028223
商品名【ポイント10倍】 日本の夏にはリースリング!5本セット(クール便配送)
原産国
生産地域
販売価格13,889 円(税込15,000 円)
ポイント1,500 ポイント
数量
カートに入れるすぐに購入する
  • お気に入りに追加
  • 商品についてのお問い合わせ

こんにちは。毎日うんざりしちゃう暑さですが、寒いよりはまだ我慢できる派の金山 です。

さて、夏に飲むワインと言えばやっぱり泡?
最近だとフレッシュなロゼも人気上昇中ですね〜。
どちらも正解ですが、私がオススメするのはキンと冷えたリースリング
ポイントは飾らないピュアな果実味とビシッと伸びる酸
幅広い料理に合わせることができ、酸が食欲が駆り立てるわけです。

というわけで、暑い外から帰ってきて真っ先に飲みたくなるリースリングをご紹介!

まずは今回の目玉でしょうか、ヴァインバックのキュヴェ・テオ
アルザスの偉大なビオディナミの生産者であり、このワインの生まれるクロ・デ・キャプサンは長い歴史をもつ畑です。
ピュアでありながらもスケールの大きさを感じさせる複雑な果実味と華やかで長い余韻。
ミネラリーな質感とシャープな酸がもたらす奥行きと調和。
夏にはリースリング、と言いつつもこれは一年中、毎日でも飲みたいワインですね!
この夏、ここぞ!というときに開けていただければと思います。
ちなみにこれは冷やし過ぎないくらいがちょうどいいです。

リースリングを語る上で外せないのがドイツ。
あなたの乾いた喉を潤す、ラインガウのクラシックな辛口スタイル、その名もリースリング・ベンチャー
先日カーヴドリラックスにもお越しいただき、その場にいたスタッフ全員がファンになってしまったという、ゲオルグ・ブロイヤーのテレーザさん。
彼女が仲間と共にリースリングへの情熱を表現したのがこのワインです。
イキイキとした酸と軽やかで繊細な味わいは和食にもぴったり
冷やし中華のような酸味の効いた料理もいいですし、この時期こそ食べるべきスパイシーなエスニック料理ともお楽しみいただけます。
ブロイヤー家が経営するホテルでもハウスワインとして提供されているらしく、まさに現地でカジュアルに楽しまれている、ドイツワインの入り口としても最適な1本です!

ニューワールドのリースリングも負けていません。
西オーストラリア、マーガレット・リヴァーを代表する生産者、ルーウィン・エステート
アート・シリーズといえば、極めて高い評価を受けるシャルドネはご存知の方も多いと思いますが、カエルのラベルが可愛いこのリースリングも美味しいんです。
キリリとした酸とレモンやライムのフレーバーがすっきり爽やかな、まさに夏に飲むべき1本。
これさえあれば揚げ物だって怖くありませんよ!
夏野菜の天ぷらなんてもう最高

チリ南部のテロワールを世界に知らしめる生産者、クロ・デフ
設立メンバーであり、地質のスペシャリスト、ペドロ・パッラ氏が探し出した花崗岩の土壌から生まれる、ミネラルをダイレクトに感じられるドライなリースリングです。
キャッチーなラベルとは裏腹なタイトな仕上がりで、ほのかな塩味を舌の上に感じます。
リーズナブルな価格のワインですが、酸はしっかりしていてボディも程々にあるので、豚のしょうが焼きなどお肉とも合わせられます。
キンキンに冷やして生ハムをつまむもよし、です。

辛口が続きましたが、最後はワシントン州より、やや厚みのあるオフドライなタイプ。
ワシントンは非常に気候の安定していて、多様な品種が栽培されている産地です。
サン・ミッシェルといえば当店でもお馴染みの生産者で、千円台前半のリースリングも大人気です。
こちらは州内で最も古いリースリングの畑の一つであるコールド・クリークの葡萄からつくられる上級キュヴェ。
コロンビアヴァレーでも最も暖かいところのようです。
日本と違うのはジメジメしてないところ!
白桃や柑橘、トロピカルフルーツなどの凝縮した果実を程よい甘みとともに感じられる、完成度の高いワインです。
それでいて案外サラリと飲めるのがこの手のリースリングの特徴。
やはりポイントは酸。
蒸し暑さでぐったりな身体を癒してくれるはずで、こういうワインも実は夏向けなんです。
ほのかな甘みと酸味、とくれば酢飯ですね。
でも寿司ってネタによっては難しい。
なので是非試していただきたいのは中華
オイリーで甘みのあるソースとバッチリ合います。

そんなわけで、真夏生まれの私が責任を持ってオススメするリースリング、5本セットで13,889円(税込15,000円)です!
送料はもちろん、クール便も無料でお届け致します。

長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。
ご注文お待ちしております!!



ドメーヌ・ヴァインバック リースリング・キュヴェ・テオ 2016 ドメーヌ・ヴァインバック リースリング・キュヴェ・テオ 2016
Domaine Weinbach Riesling Cuvee Theo
フランス アルザス AOCアルザス 白 こくのある辛口
品種:リースリング
1612年にカプチン派修道僧により設立された歴史あるドメーヌで、1898年にファレール家の所有となりました。二代目にあたるテオ・ファレール氏が亡くなった後、コレット夫人とその娘のカトリーヌとローランスが引き継ぎました。現在は長女のカトリーヌがドメーヌ運営を、息子であるテオ氏が栽培を担当しています。1998年から一部ビオディナミを導入し、2005年から全面実施しています。収量を抑え、収穫は手摘み。発酵には自然酵母のみを使用しています。
キュヴェ・テオはテオ氏へのオマージュとして名前をつけたキュヴェ。「リースリング・キュヴェ・テオ」はモノポール畑(単独所有)クロ・デ・キャプサンのブドウから造られます。キレのある酸味としっかりしたミネラル感。果実香が豊かで余韻の長い繊細な味わいです。
ブロイヤー+メアライン+ルンデン リースリング ベンチャー トロッケン 2016 ブロイヤー+メアライン+ルンデン リースリング ベンチャー トロッケン 2016
Breuer + Mehrlein + Lunden Riesling Venture
ドイツ ラインガウ 白 すっきりとした辛口
品種:リースリング
ラインガウを代表する若手3人組の新たな企て。ラインガウの西側、エストリッヒにあるメアラインさんと、ゲオルク・ブロイヤー醸造所当主テレーザさん、醸造長マルクスさん3名の合作。ブロイヤー経営のホテル、リューデスハイマー・シュロスのハウスワインです。
メアラインで収穫したブドウをブロイヤーの2人が監修、瓶詰した、フレッシュな辛口ワインです。
シャトー・サン・ミッシェル コールド・クリーク リースリング 2016 シャトー・サン・ミッシェル コールド・クリーク リースリング 2016
Chateau Ste. Michelle Cold Creek Vineyard Riesling
アメリカ ワシントン州 コロンビア・ヴァレー 白 フルーティーなやや甘口
品種:リースリング
シャトー・サン・ミッシェルは、ワシントン州のワイン造りのリーダーともいえる存在。1,420haの畑を所有し、サステイナブルな手法でブドウを栽培し、ワイン造りを行っています。
サン・ミッシェルが所有する畑それぞれのテロワールを表現するシリーズ。手摘みで約1ヶ月かけて房ごとに成熟のタイミングを見極めながら収穫。房ごとに含まれる糖分の差が出ることで、ワインとしての幅を広げます。コールド・クリークはコロンビア・ヴァレー内でも最も温暖で、長いハングタイムと、降水量の少なさ、土壌の水はけの良さが特長。ワインは凝縮感あふれるアロマとフレーバー、洗練され、爽やかな余韻が感じられます。
クロ・デ・フ プール・マ・ギュール リースリング 2016 クロ・デ・フ プール・マ・ギュール リースリング 2016
Clos des Fous Pour Ma Gueule Riesling
チリ イタタ・ヴァレー 白 すっきりとした辛口
品種:リースリング
「良質なワインをうみ出すには”テロワール”を知らなければならない」とチリワインに初めて本当の意味でのテロワールの概念を持ち込み、数々のスーパープレミアムなチリワインを成功させてきた、世界が注目するテロワリストがペドロ・パッラ氏。クロ・デ・フは氏が究極を追い求めて、辿り着いた、自らが手掛ける渾身のブランドです。現在では、母国チリ以外にも、イタリア屈指の醸造家アルベルト・アントニーニ氏とタッグを組みアメリカ、イタリア(ポッジョトンド)、アルゼンチン(オルミガス)で、またフランス、アルメニア、ウルグアイでもコンサルタントを行っています。
ペドロ・パッラ氏がチリ南部、話題の産地イタタ・ヴァレーで造るリースリング。冷涼な気候と花崗岩質土壌が生み出す見事なストラクチャーが特徴の上質リースリングです。
ルーウィン・エステート アート・シリーズ リースリング 2018 ルーウィン・エステート アート・シリーズ リースリング 2018
Leeuwin Estate Margaret River Riesling
オーストラリア 西オーストラリア州 マーガレット・リヴァー 白 すっきりとした辛口
品種:リースリング
ルーウィン・エステートは1973年にデニス&トリシア・ホーガン夫妻によって設立された、オーストラリアを代表するプレミアム・ワイナリーです。1970年初頭、デニス・ホーガンはカリフォルニア・ワインの大御所ロバート・モンダヴィの来訪により、家族が週末を過ごしていた牧草地が世界的な品質のワインを生み出す可能性がある土地であることを知り、自力でその土地を開墾し、ブドウを植えることを決断しました。モンダヴィの指導の下、1974年からシャルドネとカベルネ・ソーヴィニヨン、シラーズ、ピノ・ノワールの植付けを開始し、1978年にボブ・カートライトが初代のワインメーカーに就任し、その年に初めてルーウィン・エステートのワインが造られました。デニスとトリシアの引退後、長女シモーヌと弟のジャスティンが共同最高経営者としてワイナリーを受け継ぎ、経験豊かな醸造チームと共にルーウィン・エステートワインを世界30ヶ国へ輸出しています。
アート・シリーズはルーウィン・エステートがクオリティを追求し、最高のレベルに達したワインに向けられるトップ・レンジ・シリーズ。切りたての柑橘とリンゴの爽快な果実にタイバジル、コブミカン(カフィアライム)、レモングラスのハーブが香り立ち、湿った石のミネラル感が調和。溌溂としながら穏やかな口当たりで、レモンとライムの繊細で美しい酸の構造が全体を支えています。4種類のカエル・ラベルで親しまれるドライ・リースリングです(イラストはお選びいただけません)。

*セット商品は実店舗では取り扱っておりません。ネット限定となります。


トップへ
戻る