• HOME
  • ザ・セラー六本木とは?
  • スタッフ紹介
  • スタッフ紹介
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
ログイン
日本ワインコラム
リーデル商品ページ
サントリー日本ワイン
スタッフのオススメ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

インポーターで選ぶ

インポーター紹介
スタッフ紹介
ワインの選び方
熨斗・ラッピング対応しております。
メルマガ会員募集中
公式Facebook

実店舗情報


実店舗JPはこちら

Cave de Relax 本店

カーヴ ド リラックス本店

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-0003
    東京都港区
    西新橋1-6-11
  • TEL03-3595-3697
Cave de Relax プティ

カーヴ ド リラックス
プティ有楽町店

  • 店休日不定休
  • 所在地〒100-0006
    東京都千代田区
    有楽町1-7-1 B1F
    Bistro&Bar
    有楽町ワイン倶楽部
  • TEL03-6269-9231
The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒106-0032
    東京都港区
    六本木1-4-5
    アークヒルズ
    サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒101-0021
    東京都千代田区
    外神田4-14-1
    秋葉原UDXビル 1F
    FUKUSHIMAYA
    TASTING MARKET
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 店休日月曜日
  • 所在地〒104-0061
    東京都中央区
    銀座6-2-1
    Daiwa銀座ビル 1F
    リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
The Cellar Toranomonhills

ザ・セラー虎ノ門ヒルズ

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-6490
    東京都港区
    虎ノ門1-17-1
    虎ノ門ヒルズ
    ビジネスタワーB1F
    FUKUSHIMAYA内
  • TEL03-6550-9993
 

トップ > その他ニューワールド > サルトン パラドクソ シャルドネ 2018

サルトン パラドクソ シャルドネ 2018

拡大画像

※画像はイメージのため実際の商品とは異なる場合があります。

サルトン パラドクソ シャルドネ 2018

商品番号
7896023011115
英語表記
Salton Paradoxo Chardonnay 2018
生産地
ブラジル
原産地呼称
リオグランデ・ド・スル州
品種
シャルドネ
輸入元
ドリンク オブ ブラジル
容量
750ml
アルコール度数
13%
価格 : 3,980円(税込4,378円)
ポイント : 43
数量
 

通常価格とは当店で取り扱いがあり通常販売している価格です。

参考価格とは輸入元が設定している価格です。

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
味わいMAP

白 こくのある辛口

1878年にアントニオ・ドミニコ・サルトンがイタリア・ヴェネト州からブラジル・リオグランデ・ド・スル州に移り住んだのがサルトンの歴史の始まり。最初は自分たちで楽しむためのワイン作りを細々と行っていましたが、1910年にアントニオの息子のパウロ兄弟らが、父のワイン造りをビジネスとして確立。ベント・ゴンサルベスの街で、ブドウ作りからはじめ、スティルワインやスパークリングワイン、さらにはベルモットなどの製造を開始し、パウロサルトン&ブラザーズという名前で活動を始めました。現在では、ベント・ゴンサルベスとサンパウロの両施設を3代目の世代を中心に運営しており、すでに4代目の世代も会社の運営に関わっています。
カンパーニャ・ガウシャでのワイン造りに大手として一番初めに挑戦したサルトン・ワイナリー。そのチャレンジ精神と努力が実り成功した最初のコレクションがパラドクソ。ブラジルからの自慢のシャルドネです。透き通った明るい緑味を帯びた黄色。白い果肉のシトラスフルーツの香りに、バニラやチョコレート、イーストの香りも感じられます。口に含んだ瞬間に感じるとても滑らかな舌触り。その後に生き生きとした酸、一貫した味わいとフルーティな後味が続きます。