• HOME
  • ザ・セラー六本木とは?
  • スタッフ紹介
  • スタッフ紹介
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
ログイン
サントリー日本ワイン
サントリー日本ワイン
スタッフのオススメ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

メルマガ会員募集中
ワインの選び方
スタッフ紹介
熨斗・ラッピング対応しております。
公式Facebook

実店舗情報


実店舗JPはこちら

Cave de Relax 本店

カーヴ ド リラックス本店

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-0003
    東京都港区
    西新橋1-6-11
  • TEL03-3595-3697
Cave de Relax プティ

カーヴ ド リラックス
プティ有楽町店

  • 店休日不定休
  • 所在地〒100-0006
    東京都千代田区
    有楽町1-7-1 B1F
    Bistro&Bar
    有楽町ワイン倶楽部
  • TEL03-6269-9231
The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒106-0032
    東京都港区
    六本木1-4-5
    アークヒルズ
    サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒101-0021
    東京都千代田区
    外神田4-14-1
    秋葉原UDXビル 1F
    FUKUSHIMAYA
    TASTING MARKET
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 店休日月曜日
  • 所在地〒104-0061
    東京都中央区
    銀座6-2-1
    Daiwa銀座ビル 1F
    リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
The Cellar Toranomonhills

ザ・セラー虎ノ門ヒルズ

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-6490
    東京都港区
    虎ノ門1-17-1
    虎ノ門ヒルズ
    ビジネスタワーB1F
    FUKUSHIMAYA内
  • TEL03-6550-9993

トップ > スパークリングワイン・シャンパーニュ > マックスウェル スパークリング・ミード NV(330ml缶)

マックスウェル スパークリング・ミード NV(330ml缶)

拡大画像

※画像はイメージのため実際の商品とは異なる場合があります。

マックスウェル スパークリング・ミード NV(330ml缶)

商品番号
9317705001968
英語表記
Maxwell Sparkling Mead 330ml Can NV
生産地
オーストラリア
原産地呼称
サウス・オーストラリア州
品種
輸入元
Down Under
容量
330ml
アルコール度数
5%
価格 : 900円(税込990円)
ポイント : 9
数量
 

通常価格とは当店で取り扱いがあり通常販売している価格です。

参考価格とは輸入元が設定している価格です。

品切れ
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
味わいMAP

ミード(蜂蜜酒) 発泡 すっきりとしたやや辛口

容量:330ml
マックスウェル・ワインズは、1979年に現当主マークの父であるケン・マックスウェルが設立したサウス・オーストラリア州マクラーレン・ヴェイルのワイナリー。南半球では最大かつ最も評価の高いミード(蜂蜜酒)の生産者として知られています。
ミード(蜂蜜酒)は、蜂蜜を発酵させて造ったユニークな珍しい飲み物です。蜂蜜酒は人類最古の発酵飲料で、古代ギリシアでは「アンブロシア〜神々の飲む不老不死の酒」として知られていました。海賊バイキングは蜂蜜酒を飲むと精力がつくと信じていたため、新婚のバイキングの男性は子供が授かるよう結婚後1ヶ月間はミードを飲み続けました。この期間が蜜月(ハニームーン)として知られるようになり、ここから「ハネムーン」の伝統が生まれました。


♪ 幡野のおすすめワイン
興味本位で買ってみました。
空けた瞬間にまず感じるのはシナモンのようなスパイシーな香り。
そして飲んでみるとジンジャーエールのような親しみのある味わいです。
缶ワインって今までも飲みましたが、グラスから飲むのと違って、なぜか物足りなさや独特の香りがあり、「どうなんだろう」と思っていました。
しかしこれは缶に入っても楽しめます。
最近のスタッフの間で「缶ワインって缶のまま飲みました?グラスに注ぎました?」という会話がありました。
私は「缶ワインなんだから缶から飲むんでしょ?」と当たり前のように答えましたが、缶で買って家でグラスに注いで楽しむ方法もありですよね。
皆様もお好みの飲み方でお楽しみください。
(2019年11月)