• HOME
  • ザ・セラー六本木とは?
  • スタッフ紹介
  • スタッフ紹介
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
ログイン
日本ワインコラム
サントリー日本ワイン
サントリー日本ワイン
スタッフのオススメ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

メルマガ会員募集中
ワインの選び方
スタッフ紹介
熨斗・ラッピング対応しております。
公式Facebook

実店舗情報


実店舗JPはこちら

Cave de Relax 本店

カーヴ ド リラックス本店

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-0003
    東京都港区
    西新橋1-6-11
  • TEL03-3595-3697
Cave de Relax プティ

カーヴ ド リラックス
プティ有楽町店

  • 店休日不定休
  • 所在地〒100-0006
    東京都千代田区
    有楽町1-7-1 B1F
    Bistro&Bar
    有楽町ワイン倶楽部
  • TEL03-6269-9231
The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒106-0032
    東京都港区
    六本木1-4-5
    アークヒルズ
    サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒101-0021
    東京都千代田区
    外神田4-14-1
    秋葉原UDXビル 1F
    FUKUSHIMAYA
    TASTING MARKET
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 店休日月曜日
  • 所在地〒104-0061
    東京都中央区
    銀座6-2-1
    Daiwa銀座ビル 1F
    リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
The Cellar Toranomonhills

ザ・セラー虎ノ門ヒルズ

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-6490
    東京都港区
    虎ノ門1-17-1
    虎ノ門ヒルズ
    ビジネスタワーB1F
    FUKUSHIMAYA内
  • TEL03-6550-9993

トップ > オーストラリア > バロークス スパークリング・シャルドネ NV(250ml缶)

バロークス スパークリング・シャルドネ NV(250ml缶)

拡大画像

※画像はイメージのため実際の商品とは異なる場合があります。

バロークス スパークリング・シャルドネ NV(250ml缶)

商品番号
9324955000825
英語表記
Barokes Bubbly Wine Chardonnay 250ml Can NV
生産地
オーストラリア
原産地呼称
サウス・オーストラリア州
品種
シャルドネ100%
輸入元
日本酒類販売
容量
250ml
アルコール度数
13%
価格 : 500円(税込550円)
ポイント : 5
数量
 

通常価格とは当店で取り扱いがあり通常販売している価格です。

参考価格とは輸入元が設定している価格です。

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
味わいMAP

白 発泡 こくのある辛口

バロークスは、長年の技術開発と様々な努力を重ねた結果誕生した、世界で初のプレミアム缶ワイン。
高級感漂うフルボディーなワイン。缶ワインの「ブラン・ド・ブラン」と位置付ける、シャルドネ単一品種由来のクリーミーさが特徴。後味もとてもまろやかです。


♪ 宮坂のおすすめワイン
気が付けばここ数ヶ月の間に缶ワインのラインナップが増えましたね。
いつの間にかこんなに増えたんだなぁ〜と驚きつつ缶ワインのコーナーを眺めていると、ラインナップの中でも一際目立っている缶ワインがあるではありませんか。
缶ワインユーザーとして凄く気になった事に加えて、この機会に是非ご紹介出来ればと思いオススメに選んだのが「バロークス スパークリング・シャルドネ NV(250ml缶)」です。
缶を開けて直ぐに立ち上る熟したグレープフルーツなどの柑橘系果実・バニラやナッツを連想させる香りがします。
香り同様に熟した柑橘類を連想させるキリっとした酸味・豊かな果実味が味わえることに加えて、口当たりのクリーミーさ、やや長めのアフターも特徴として挙げられます。
ちびちび飲みつつ「最近飲んだ缶ワインの中で1番上品なんだけど、上品さの中にどこか親しみやすさも内包した缶ワインだなぁ」ってしみじみ思いました。
また、飲み方は人それぞれなので強要は出来ないのですが、この缶ワインに関してはグラスに注いで飲むよりも缶のまま飲んでいただくことを推奨します(グラスに注ぐことで炭酸が抜けてしまったりや、私自身が缶のまま飲んだ方が美味しく感じたなどの体験を踏まえ)。
上品さと親しみやすさを兼ね備えた缶ワイン、きっとお試しいただいた方々のワイン感に寄り添ったり、前よりもワインを身近なもの感じる一助になるのでないかと思います!
気になった方は是非お試し下さい!!
(2020年2月)