topへ戻る
  • HOME
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • ワインの選び方
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
日本ワインコラム
ファインズ生産者コラム
スタッフブログ
リーデル商品ページ
RIEDEL×日本ワイン企画

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

インポーターで選ぶ

インポーター紹介
店舗一覧
HPはこちら
熨斗・ラッピング対応しております。
メルマガ会員募集中
 

トップ > スタッフのおすすめワイン > アルバロ・パラシオス カミンス・デル・プリオラート 2020 *

アルバロ・パラシオス カミンス・デル・プリオラート 2020 *

拡大画像

※画像はイメージのため実際の商品とは異なる場合があります。

アルバロ・パラシオス カミンス・デル・プリオラート 2020 *

商品番号
4573542481270
英語表記
Alvaro Palacios Camins del Priorato 2020
生産地
スペイン/カタルーニャ
原産地呼称
DOプリオラート
品種
ガルナッチャ55%
シラー15%
カベルネ・ソーヴィニヨン12%
メルロ10%
カリニャン8%
輸入元
ファインズ
容量
750ml
アルコール度数
14.5%
価格 : 3,400円(税込3,740円)
ポイント : 37
数量
 

通常価格とは当店で取り扱いがあり通常販売している価格です。

参考価格とは輸入元が設定している価格です。

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
味わいMAP_果実味f 味わいMAP_酸味a 味わいMAP_その他

ベリー系果実、スパイスの複雑なアロマ、力強い味わい

グラタヨップス周辺の村々の畑からのブドウを使用。ステンレス、セメント、木桶の3つで発酵、ルモンタージュとピジャージュを行った後、タンクでマロラクティック発酵。4〜6ヶ月木桶とバリックで熟成。
ワイン名は「プリオラートの道」を意味し、若いうちから楽しめるワイン。 カシスや、ローストしたベリー系果実のニュアンス、スパイスなど複雑で力強いアロマ。ラベルはこの地の家庭に伝わる刺繍をモチーフ。

 

アルバロ・パラシオス


1990年代にスペイン・プリオラートでのワインづくりを復活させ、スペインワインの品質を改めて世界に知らしめ注目を浴びた「四人組」の1人、アルバロ・パラシオスが1997年にグラタヨップスにワイナリーを設立。他のメンバーが近代的な栽培法を志向する中、アルバロが目指したのは「伝統品種と伝統的な方法に立ち返ったワイン造り」。彼は樹齢 60年以上の古木に魅せられ、皆が敬遠するような山頂の急勾配に位置するレルミタ畑を買い取り、名声を勝ち取りました。世界も称賛するワイン造りを実現するだけでなく、土地を代表する造り手として土着品種のブドウ価値観や地域活性化に貢献しています。

 
スタッフ吉永
arrow

スペインワインを普段飲むことはあまりないですがそんな自分でも美味しい!と思ったのがこちらのワイン。
アルバロ・パラシオスはかつて荒廃していたプリオラートの土地を蘇らせたプリオラートの「4人組」として世界に名を広めました。
コチラのワインは早くから楽しめる造りでその名も「プリオラートの道」。開けたてから華やかな赤黒系果実の香りがとにかく勢いよく感じられます。
色合いは濃い赤紫系、口に含むとタンニンも若干感じられますが口全体を覆うようにプラムや黒スグリやスパイス香が広がります。
粘性は控えめながらも心地よいシルキーな味わいとアタックの力強さが程よいバランスを感じさせます。余韻はチョコレートやロースト香のニュアンスが広がります。
アルバロ・パラシオスの中では低価格帯にあるワインですがとても味わい深くついつい飲み進んでしまいました。

幡野
arrow

久しぶりのスペインワインです。
スタッフ紹介のところに好きなワイン「スペインワイン」と書かれていますが、それもずいぶん前の話。
「濃いワインはちょっと〜・・」と個人的には買わない傾向にありましたが、とある飲み会でこのワインを飲むことになり、「おや?キレイ!」と驚いたのを覚えています。
生産者のアルバロ・パラシオスは、バルセロナの南西にある「プリオラート」という荒廃していた土地を高級ワイン産地によみがえらせた「プリオラートの4人組」の一人として有名な方。
畑は急斜面にあり、機械が入れないのでラバを使って作業をしているのだとか。
醸造も果汁に負担をかけないシステムを採用していたりと、とにかく自然な造り方をしているようです。
そういった彼のポリシーがワインに現れているのか、香りにしても味わいにしても、どこか優しさが感じられるスタイル。
赤系・黒系果実の香りにほんのり紅茶のニュアンス。
口に含むとまろやかで尖った感じのないキレイな果実味や酸がとても心地よいんです。
デイリーワインとまではいきませんが、是非お試しいただきたい1本です。 (2013年8月)