topへ戻る
  • HOME
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • ワインの選び方
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
ログイン
日本ワインコラム
まとめ買いがおトク☆よりどり2本以上で5%OFF
リーデル商品ページ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

インポーターで選ぶ

インポーター紹介
熨斗・ラッピング対応しております。
メルマガ会員募集中

実店舗情報


実店舗JPはこちら

Cave de Relax 本店

カーヴ ド リラックス本店

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-0003
    東京都港区
    西新橋1-6-11
  • TEL03-3595-3697
Cave de Relax プティ

カーヴ ド リラックス
プティ有楽町店

  • 店休日不定休
  • 所在地〒100-0006
    東京都千代田区
    有楽町1-7-1 B1F
    Bistro&Bar
    有楽町ワイン倶楽部
  • TEL03-6269-9231
The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒106-0032
    東京都港区
    六本木1-4-5
    アークヒルズ
    サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒101-0021
    東京都千代田区
    外神田4-14-1
    秋葉原UDXビル 1F
    FUKUSHIMAYA
    TASTING MARKET
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 店休日月曜日
  • 所在地〒104-0061
    東京都中央区
    銀座6-2-1
    Daiwa銀座ビル 1F
    リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
The Cellar Toranomonhills

ザ・セラー虎ノ門ヒルズ

  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地〒105-6490
    東京都港区
    虎ノ門1-17-1
    虎ノ門ヒルズ
    ビジネスタワーB1F
    FUKUSHIMAYA内
  • TEL03-6550-9993
 

トップ > GWトレジャーハント > トレジャーハント:自然派ワイン編

トレジャーハント:自然派ワイン編

拡大画像

※画像はイメージのため実際の商品とは異なる場合があります。

トレジャーハント:自然派ワイン編

英語表記
Lucky bag
容量
750ml × 1本
価格 : 5,000円(税込5,500円)
ポイント : 275
数量    残りあと89個
 

通常価格とは当店で取り扱いがあり通常販売している価格です。

参考価格とは輸入元が設定している価格です。

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
*5月1日(土)21時より販売開始致します。それまでは、「カートに入れる」ボタンを押してもお買い物できません。
*5月4日(火)以降、順次発送します。
*ご注文いただいた順番に出荷致します。
*商品の性質上、ワインの状態不良以外、キャンセル・返品はお断りしております。ご了承下さい。
本名
arrow

こんにちは、本名です。
ここだけの話ですが、1本だけの割り当てというのは非常に困ります。
セミナーで10人で飲むのか、セットで販売するのか、どうするのか。
いつも頭を抱えるのですが、そんな困らせものたちがたくさん貯まっていたので思い切って全部入れてみました。

ブルゴーニュを代表するプリューレ・ロックはもちろんのこと、日本人の鏡氏がジュラで手掛けるミロワール
大人気のマッサヴェッキアカーゼ・コリーニも入れちゃってます。

自然派とは言ってもどれもとっても洗練された作りのものばかりですので、自然派好きの方以外も安心してお買い上げしていただけると幸いです。

通常価格5,000円以上の自然派生産者のワイン(赤、白、オレンジ)が1本入っております。残念賞ももちろんございますが、どれもおいしいワインですので、お気軽な気持ちで1本ポチッとしていただけますととっても嬉しいです。

内容一覧

商品名 参考価格 販売数
 プリューレ・ロック ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエ・クリュ 2018 \31,300 
 プリューレ・ロック ラドワ ル・クル ルージュ 2018 \15,000 
 バス・フィリップ エステート ピノ・ノワール 2017  \14,000 
 モリッツ ザンクト・ゲオルゲン・シリアスワイン 2016 \13,000 
 ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クレ・ド・セラン 2018 \12,900 
 サン・サルヴァトーレ ピノ・ディス・ティオ 2013 \12,000 
 カッペッラーノ バローロ ピエ・ルペストリス 2015 \12,000 
 ポルセレインベルグ シラー 2016 \12,000 
 ドメーヌ・デ・ミロワール アントル・ドゥ・ブルー 2017 \11,000 
 プリューレ・ロック ヴァン・ド・フランス・ガメイ 2018 \11,000 
 ドメーヌ・デ・ロッシュ・ヌーヴ ソミュール・ブラン
 レ・パント・デュ・クロ・ド・レコタール 2016
\10,700 
 マッサ・ヴェッキア ポッジョ・ア・ヴェンティ 2017 \10,000 
 ドメーヌ・デ・ミロワール ソノリテ・デュ・ヴァン 2016 \9,000 
 マッサヴェッキア ラ・クエルチョーラ 2017 \8,000 
 フィリップ・パカレ ムーラン・ナヴァン 2017 \7,600 
 ドメーヌ・デ・ミロワール ヤ・ナーイ 2018 \7,500 
 パオロ・ベア アルボレウス 2015 \7,400 
 カステッロ・ディ・ランポッラ リウ 2018 \7,300 
 ニコライホーフ
 イムヴァインゲビルゲ グリューナーヴェルトリーナー スマラクト 2015
\7,000 
 カーゼ・コリーニ アキッレ 2017 \6,500 
 カステッロ・ディ・ランポッラ サンジョヴェーゼ・ディ・サンタルチア 2016 \6,500  12 
 アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ
 ヴァン・ド・ターブル・ブラン ヴィクトール・デュ・ラ・コンブ NV
\6,400 
 ニコラ・ジョリー サヴィニエール・レ・ヴュー・クロ 2018 \6,300  12 
 ルー・デュモン マルサネ・ルージュ ビオ 2017 \6,000 
 ハインリッヒ ブラウフレンキッシュ ライタベルク DAC 2016 \6,000 
 マス・デル・ペリエ カオール・アンフォール 2016 \6,000 
 マス・デル・ペリエ オランジュ・ヴォワレ 2019 \6,000  12 
 ヨハネスホフ・ライニッシュ カピテル1・アウフ・デル・マイシェ 2014 \5,800 
 アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ
 ヴァン・ド・フランス・ルージュ ジャン・ヴ・アンコール NV
\5,800 
 パオロ・ベア サン・ヴァレンティーノ 2011 \5,700 
 トラペP&F ゲヴュルツトラミネール アンブル 2019 \5,500  12 
 トリンケーロ パルメ・シャルドネ 2019 \5,500 
 カンティーナ・ジャルディーノ ヌーデ 2009 \5,400 
 マス・デル・ペリエ カオール レ・ザカシア 2017 \5,400 
 アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ
 ヴァン・ド・フランス・ブラン コパン NV
\5,600 
 ドメーヌ・デ・ロッシュ・ヌーヴ
 ソミュール・シャンピニー テール・ショード 2017
\5,300 
 ドメーヌ・デ・ロッシュ・ヌーヴ ソミュール・ブラン ランソリット 2019 \5,300 
 アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ
 ヴァン・ド・ターブル・ルージュ キュヴェ・マドゥロン NV
\5,200 
 ドメーヌ・ヴァインバック ピノ・グリ クロ・デ・カプサン 2019 \5,000  12 


自然派ワイン編 お宝の一部をご紹介

プリューレ・ロック ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエ・クリュ 2018プリューレ・ロック
ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエ・クリュ 2018

参考価格 : 34,430円(税込)

品種:ピノ・ノワール
AOC:ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエ・クリュ

単独所有する1級畑「クロ・デ・コルヴェ」から収穫されるブドウを、樹齢やブドウの質に応じて3つのワインに分けてリリースしています。これは一番樹齢の若い、と言っても樹齢45年のブドウから造られます。
グロゼイユなどの深みある果実味、スパイシーなニュアンスが混じり、口当たりはとてもなめらかです。

プリューレ・ロック
アンリ・フレデリック ロックが1988年に創立したドメーヌ。当初ドメーヌは1988年にヴォーヌ・ロマネに設立されましたが、1989年にはニュイ・サン・ジョルジュの街中に醸造設備を備えたドメーヌを、プレモーに樽貯蔵庫を設立しました。ロックは古文書を研究し、700年以上前にシトー派の修道士が行っていたブドウ栽培・醸造方法を復活させ、今ではビオロジックワインの代表格の一人となっています。
ラベルに描かれているロゴはエジプトにある古文書に由来しています。左側の緑色の包丁を立てたような模様はブドウの樹、下に描かれている3つの赤い丸はブドウの実、右上の黄色い楕円は神、右下の黄色い楕円は人を表していて、自然(神)と人間の両方によってワインを造り出すという彼の考えが表れています。彼はアンリ・ルロワの長女ポリーヌの次男(ラルー・ビーズ・ルロワの甥)にあたり、92年よりドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティの共同経営者も務めていました。

ドメーヌ・デ・ミロワール アントル・ドゥ・ブルー 2017ドメーヌ・デ・ミロワール
アントル・ドゥ・ブルー 2017

参考価格 : 12,100円(税込)

品種:サヴァニャン
産地:フランス/ジュラ

ワイン名はフランス語で2つの青の間、言い換えれば空と海(大昔は海底であるため)の2つの青の間に育つサヴァニャンを表現している。空、そして海からの恵みを受けたミネラルを特徴とするジュラの地を表現するのに欠かせない地場品種サヴァニャン。このブドウと土地が融合し醸し出す独特の雰囲気で、この畑の個性を余すところなくワインに反映できれば、という願いから。
鏡さん曰く、「私たちのワインは瓶詰3年後には、大体のワインは気難しさや控えめな性格も少なくなり、彼ら本来の表情を見せてくれると思っています。 お手数おかけしますが、そんな彼らの成長した姿をじーっと待って頂けたら幸いです。」

ドメーヌ・デ・ミロワール
6年以上に渡りアルザスのジェラール・シュレールのもとで働いていた鏡健二郎氏が、 満を持してジュラ県の南に位置するグリュス村に3.2ヘクタールの畑を購入し、2011年より始められたワイナリー。
三方を森に囲まれたこの畑では、今まで1度も除草剤を使われたことがなく、 その結果として多様な植物、草花が自生していて、彼が理想とする自然との調和を図った農業を実現する上では大切な要素が揃った環境でした。
そしてその土地の、その年の個性が反映されたワインを醸す上で、畑で自らの目で見て、触れて、感じながら ブドウを栽培することが最も重要だと考えており、自家栽培のブドウのみを使用しています。
セラーでは畑同様の哲学から、醸造を出来るだけシンプルにすることを心がけ、 温度管理をせずに野生酵母による醗酵を行い、熟成後、無清澄、無濾過でボトリングされます。
ドメーヌ名のMiroir(ミロワール)は、自身の姓「鏡」を意味するフランス語であり、 自分たちのワインが、ワイナリーの理念を写し出す鏡であって欲しいという想いで付けられました。


マッサ・ヴェッキア ポッジョ・ア・ヴェンティ 2017マッサ・ヴェッキア
ポッジョ・ア・ヴェンティ 2017

参考価格 : 11,000円(税込)

品種:サンジョヴェーゼ
産地:イタリア/トスカーナ

標高400mにある区画、フォルナーチェのサンジョヴェーゼから造られます。昨今の異常気候(酷暑)とクエルチョーラのブドウ樹に疲れが見え始めてきたことなどから、2016ヴィンテージ以降はこのポッジョ・ア・ヴェンティがトップキュヴェの位置づけになりました。
野生酵母のみを使用して、木製の開放醗酵槽でのマセレーションと醗酵を行い、春先の樽の移し変え時かボトリング時の2酸化硫黄の添加もごく少量に抑えるなど、温度管理や化学合成物による人為的なコントロールをせずに醸造。3年間木樽で熟成。

マッサ・ヴェッキア
ファブリッツィオ・ニコライーニとその家族によって営まれる彼らのワイナリーは、 トスカーナ州の南端グロッセート県のほぼ中央に位置するマッサマリッティマにあります。
1986年より、標高200〜450mのところにある2.1haの畑から始め、現在は5haでブドウを栽培。
土着品種であるヴェルメンティーノやサンジョヴェーゼ、アリカンテを中心に、 土壌やブドウの特性をより自然な形でワインに表現できたらと考えています。
1993年から一切の化学肥料を使わない有機農法へと転換し、 現在では家畜の飼育・その家畜に与える餌の生産・ワラや残根と家畜の糞尿から完熟堆肥の生産、 これらの全てを自分たちでまかなう循環型農法を実践しています。


カーゼ・コリーニ アキッレ 2017カーゼ・コリーニ
アキッレ 2017

参考価格 : 7,150円(税込)

品種:ネッビオーロ、バルベーラ
産地:イタリア/ピエモンテ

2017年ヴィンテージは2018年よりも強い年だったという事もあり、樽熟成を(2018年よりも)約1年長く施しました。「私の父が、このあたりでは最も素晴らしい立地の畑だと常々言っていた畑がここなんだ。それから何十年もの月日が流れているけど、この畑を手に入れられて、本当にハッピーだよ。」と、ロレンツォが絶賛するコッレットという区画のブドウもアキッレに使うようになり、生産量が格段に増えました。

カーゼ・コリーニ
1836年から現在の土地に居を構えるコリーノ家は、冬の長いピエモンテの伝統に則って、代々手工業と農業の兼業を行ってきた。5代目で、現当主のロレンツォがワイナリーとしてボトリングを開始。
ロレンツォは地質学を専門とする農業博士でもあり、彼のブドウ畑は、ライフワークとも言える“持続可能な農業”の実験の場ともなっている。一切の農薬を使用せず(年数回ボルドー液を使うのみ)、無施肥、不耕起、無除草を実践、樹齢の高い樹から、圧倒的な凝縮感、熟度のブドウを収穫している。セラーでも、人為的関与はできる限り避けるようにしており、長期間の醗酵・マセレーションを行い、できるだけ樽の移し替えも行わず、醸造からボトリングまでのどの過程においても酸化防止剤を使用しない。