topへ戻る
  • HOME
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • ワインの選び方
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
日本ワインコラム
情野ソムリエ特集
ファインズ生産者コラム
スタッフブログ
リーデル商品ページ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

インポーターで選ぶ

インポーター紹介
店舗一覧
HPはこちら
熨斗・ラッピング対応しております。
メルマガ会員募集中
 

トップ > 日本ワイン企画 > 今が熱い!凄いベーリーA6本セット【送料無料】

今が熱い!凄いベーリーA6本セット【送料無料】

拡大画像

※画像はイメージのため実際の商品とは異なる場合があります。

今が熱い!凄いベーリーA6本セット【送料無料】

商品番号
2915390038404
英語表記
6 bottles of wine assortment
容量
750ml×6
価格 : 14,000円(税込15,400円)
ポイント : 154
数量    残りあと18個
 

通常価格とは当店で取り扱いがあり通常販売している価格です。

参考価格とは輸入元が設定している価格です。

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

今が熱い!
凄いベーリーA 6本セット

人見
arrow

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
日本ワイン担当の人見です。

お正月も終わったばかりで、ちょっと頭もぼんやりとしがちな1月の上旬。
年末年始はコロナ禍の影響もあり、例年に比べて飲酒量が減った方、逆に増えた方、双方いらっしゃるかとおもいます。

私は増えた側です。
ちょっと体に負荷がかかってるかなぁ、アルコール控えようかなぁ、なんて思っていても、ちょっと時間が経つとまた飲みたいですよね。

そんな飲みすぎてるなぁと思ったときにおすすめなのが日本ワインです!
アルコール度数も低めなものが多く、タッチも柔らかく、二日酔いにもなり難い(個人的感想)です。

そんな日本ワインの中で、代表的な品種でありながらも、一部方面で嫌厭されているのが「マスカット・ベーリーA」です。
あの甘い香りがと薄い味がね。。。というのが主な理由ですが、確かに以前はそういうワインが多かったのは事実です。
しかし、近年の生産者の方々の努力によって、その品質は年々上がり続けているというのをご存知でしょうか。

品種個性のあの甘い香りを活かして、フルーティに仕上げたり、逆にあの香りを劇的にカットして、ピノ・ノワールのような仕上がりにしてみたり、熟成によって旨味を引き出し、和食との相性が抜群になっていたりと、バリエーションも様々に広がっています。

今回のセットは様々なタイプの「マスカット・ベーリーA」を揃えました。
疲れた体には癒しの「マスカット・ベーリーA」です。
是非ともお試しください。


昨年まで毎月3回、週末に実施していた担当者ごとのセールを、今年からすこし趣を変えて、月に2回として、担当者ごとではなく地域ごとのセールにしようと考えています。

減ってしまったセールの週の分は、日本ワインの様々な企画で盛り上げていく所存でございますので、今年も期待していてください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

セット内容

レ・ヴァン・ヴィヴァンレ・ヴァン・ヴィヴァン
ベリーA 発光体 2021

参考価格 : 2,640円(税込)

ボジョレー・ヌーヴォーに敬意を表して造られたベーリーAのヌーヴォー
産地:長野県/東御市
品種:マスカット・ベーリーA

山形県産のマスカット・ベーリーAを購入して造ったヌーヴォーです。開放型のステンレスタンクにて除梗破砕無しの全房セミマセラシオンカルボニック仕込みました。野生酵母で発酵が始まるのを待ち、ピジャージュは行わず、発酵が始まって4日目辺りから酵母を活性化させるため軽めのルモンタージュを行いました。(バケツで軽く上から液体をかける程度) 1週間程軽めのルモンタージュを行い、それ以降はノンピジャージュ、ノンルモンタージュ。発酵終盤で空圧式のメンブレンプレス機にて搾汁し、果汁のみの発酵に切り替え。発酵終了後、少しでも旨味を持たせるために瓶詰めまでシュールリー。仕込みから瓶詰まで一切の亜硫酸は添加をしておらず、無濾過、無清澄。
ベーリーAのヌーヴォー特有のキャンディ香は抑えつつも、果実味、出汁感、旨味をしっかりと感じる1本。低アルコールなのも飲み疲れもしません。このワインは10月12日に仕込み始めました。ベーリーAの中にガメイを見たあの日からボジョレーヌーヴォーと同じ造りでベーリーAのヌーヴォーを造ってみたいという思いがありました。幸いボジョレーの造り手の元で勉強できる機会を得て、ようやく実践できることができました。出荷日が決まっているボジョレーヌーヴォーを短期間で毎年しっかりと仕上げてくる造り手たちには本当に頭が下がります。尊敬しかありません。そんな彼らに敬意を示した1本です。

レ・ヴァン・ヴィヴァン
2015年に長野県東御市に移住した荻野夫妻のワイナリー。
2016年からピノ・ノワール、ガメイ、シャルドネ、シュナン・ブランなど、様々な品種の栽培を開始しました。
農薬や化学肥料を使わず、野生酵母で発酵するなど、ナチュラルなワインづくりを行っています。2020年春、自社畑で栽培したリンゴでシードルを初リリース。今後が期待されるワイナリーです。

タケダワイナリー ルージュ 樽熟成 2019タケダワイナリー
ルージュ 樽熟成 2019

参考価格:2,860円(税込)

豊かな果実味とバランスのよい味わい
産地:山形県
品種:マスカット・ベーリーA

このワインは、収穫したての良質なブドウを人の手で選りすぐり、独自の醸造技術で丁寧に仕上げられています。 豊かな果実味とバランスのよい味わいが特長です。

タケダワイナリー
タケダワイナリーは山形県蔵王連邦のふもとの南向きの高台に位置しています。1920年の創立以来「良いワインは良いブドウから」をモットーに土作りからはじめたブドウ栽培を続けています。


朝日町ワイン  柏原ヴィンヤード 遅摘 マスカットベーリーA 2020朝日町ワイン
柏原ヴィンヤード 遅摘み マスカット・ベーリーA 2020

参考価格 : 1,650円(税込)

完熟した濃密な果実味とスパイシーな香り、ふくよかでコクのある赤ワイン
産地:山形県
品種:マスカット・ベーリーA

山形県朝日町柏原地区で契約栽培されたマスカット・ベーリーAを11月上旬に遅摘み収穫し、樽を使わずに醸造。
完熟した濃密な果実味とスパイシーな香り、ふくよかでコクのある赤ワインです。

朝日町ワイン
朝日町ワインは酒石酸を軍事目的で利用するため、政府がブドウ産地に命じて工場を造ったのが始まりで、その後大手ワインメーカーの下請けとしてポートワインの原酒を造るようになりました。昭和48年からは自社ワイン製造を開始。平成2年に社名が「有限会社朝日町ワイン」に変わっています。山形県の中部に位置し、内陸性気候で昼夜の寒暖の差が大きい場所で、ブドウ栽培に適しています。


ベルウッドヴィンヤード  コレクション クラシック マスカットベーリーA 2021ベルウッドヴィンヤード
コレクション クラシック マスカット・ベーリーA 2021

参考価格 : 2,420円(税込)

甘いだけじゃないバランスのいいマスカット・ベーリーA
産地:山形県
品種:マスカット・ベーリーA

「コレクション・クラシック」は、ブドウの味わいを素直に感じられるスティルワインのシリーズです。品種の特徴を引き出す醸造を行ったのち、自然と澱が下がるのを待ち、上澄みを無濾過でビン詰めした辛口ワインです。
山形県上山市裏町地区のマスカット・ベーリーAを使用し、除梗破砕後にコールドマセレーション(低温浸漬)を行いながら、徐々に温度を上げてゆっくり発酵を進め、発酵終了後も一定期間醸しを継続し、旨味を抽出いたしました。(醸し期間16日、マロラクティック発酵あり)
ベリー系の華やかな香りと豊かな果実味に、穏やかなタンニンとフレッシュな酸味がバランスよくまとまった辛口赤ワインです。
※プリムールは契約生産者「井上聡さん」に、特別栽培してもらったベーリーAを使用しております。完熟したブドウ(糖度20.7)の旨味をしっかり抽出し、凝縮感のある味わいに仕上げておりますので、今のフレッシュな状態もおススメですが、熟成にも大変期待が持てます。

ベルウッド・ヴィンヤード
地元山形のワイナリーで19年間醸造・栽培に取り組み、醸造責任者を務めた鈴木(ベルウッド)智晃さんが独立して上山市に設立したワイナリー。
2017年春より、後継者のいないデラウエア畑45aを引継ぎ、ワイン用に栽培を開始。隣接する耕作放棄地20aに欧州系品種(ピノ・ノワール、ピノ・グリ、メルロ)を植樹しました。現在は、改植を進めながら、欧州系品種のピノ・ノワール、ピノ・グリ、ソーヴィニヨン・ブラン、メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン(合わせて約70a)と有核デラウエア(約10a)を栽培しています。


ダイヤモンド酒造 ますかっとべーりーA Ycarre 2018ダイヤモンド酒造
ますかっとべーりーA Ycarre 2018

参考価格 : 3,300円(税込)

ブルゴーニュのワインを思わせる香りと味わい
産地:山梨県
品種:マスカット・ベーリーA

山梨県韮崎市穂坂地区の契約栽培ブドウを使用し、約24ヶ月樽熟成させた赤ワイン。
爽やかな果実味と綺麗な酸、上品な樽のニュアンスが特徴です。

ダイヤモンド酒造
ダイヤモンド酒造は、昭和14年、農家が集まって自分達の飲む自家消費用としてワイン醸造を行ったのがはじまり。 その後株式会社となり、設備等の近代化を図って現在に至っています。
勝沼の地でブドウ栽培から醸造まで一貫した地酒的なワイン造りを行っているワイナリーです。


ヒトミワイナリー 身土不二 今荘野畑 マスカットベーリーA 2018ヒトミワイナリー
身土不二 今荘野畑 マスカットベーリーA 2018

参考価格 : 2,860円(税込)

フルーティーな香りと滑らかな酸
産地:滋賀県
品種:マスカット・ベーリーA

身土不二(しんどふに)とは、その土地、その季節に収穫した物を食べるのが身体に良いという考え方です。滋賀県内で丁寧に栽培されたブドウで、心豊かになるワインを造り、滋賀に根付く地ワインへの成長を目指しています。また、全国各地の方に滋賀から発信する食文化の1つとして認知していただきたいシリーズです。
滋賀県北部の長浜市にある今荘葡萄園が栽培するマスカット・ベーリーAを使用しました。よく熟したベリーAを醸し発酵させ、搾汁後フレンチオークで約10ヶ月間熟成しました。
いちご、さくらんぼなどの華やかな果実香とベリーAらしい甘い芳香から、フレンチオークのニュアンスも感じられ全体的に落ち着いた印象です。滋味深く優しい滋賀のブドウの味を楽しんで頂けると幸いです。
*清澄・濾過を行っていないので成分などが沈殿しますが、身体を害するものではありません。 *酸化防止剤は使用しておりませんので、冷暗所での保存をお願いします。

ヒトミワイナリー
ヒトミワイナリーの創始者、図師禮三氏は1984年、60歳を機に「本当に自分のやりたいことをやろう」と決意。独自のワイン造りをしたいと思い立ち全くのゼロからワイン造りを始めました。その後、試験醸造期間3年を経て本格スタート。試行錯誤する過程で、ワインを完全にろ過する直前のにごった状態で試飲し、おいしかったことから「ワインはこうあるべき」と思い、ワイナリーの看板ワインであるにごりワイン造りを本格的に開始しました。