topへ戻る
  • HOME
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • ワインの選び方
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
日本ワインコラム
ファインズ生産者コラム
高松氏オススメワイン
スタッフブログ
リーデル商品ページ
RIEDEL×日本ワイン企画

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

インポーターで選ぶ

インポーター紹介
店舗一覧
HPはこちら
熨斗・ラッピング対応しております。
メルマガ会員募集中
 

トップ > ワインセット > 販売中 > 日本ワイン福袋※お一人様1セット限り・クール便配送

日本ワイン福袋※お一人様1セット限り・クール便配送

拡大画像

※画像はイメージのため実際の商品とは異なる場合があります。

日本ワイン福袋※お一人様1セット限り・クール便配送

商品番号
2925390027803
英語表記
Lucky Set
容量
750ml×2
価格 : 7,070円(税込7,777円)
ポイント : 77
数量    残りあと9個
 

通常価格とは当店で取り扱いがあり通常販売している価格です。

参考価格とは輸入元が設定している価格です。

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
*7月24日(日)21時より販売開始致します。それまでは、「カートに入れる」ボタンを押してもお買い物できません。
*7月26日(火)以降、順次発送します。
*ご注文いただいた順番に出荷致します。
*代引き決済はご利用いただけません。
*クール便にて配送いたします。
*商品の性質上、ワインの状態不良以外、キャンセル・返品はお断りしております。ご了承下さい。
本名
arrow

こんにちは、人見です。

今月もやります!日本ワインの福袋!
今回はほぼ紅白ですが、赤1本と、白もしくはオレンジワインが入っています。

価格はいつもの税込7,777円です!
赤ワインはバックヴィンテージのものを豊富に入れております。

中身の一部ご紹介です。
ドメーヌ・タカヒコの2013年と2017年のバックヴィンテージのパストゥグランを筆頭に、
10Rワイナリーの2014年!の藤澤農園ケルナー 寒翁が馬もエントリーしました。
その他にも、ル・レーヴ・ワイナリーの雅 2020や、話題の濱田ヴィンヤードのワインもリストに入りました。

真夏真っ盛りの福袋です!
運だめしにいかがでしょうか!!

転売防止のため、一部商品に下図のようなシリアルナンバー付きシールを貼っております。
ご理解・ご了承のほど何卒よろしくお願い申し上げます。
シリアルナンバーシール


大当たりワインを一部ご紹介!

ドメーヌ タカヒコ ヨイチ・ノボリ パストゥ・グラン 2013ドメーヌ・タカヒコ
ヨイチ・ノボリ パストゥグラン 2013

当店販売価格 : 6,510円(税込)

日本の旨味文化と世界のワイン文化が融合した複雑な香味を持つワイン
産地:北海道/余市
品種:ツヴァイゲルト75%、ピノ・ノワール25%

余市を代表する赤系品種「ツヴァイ」は、力強い骨格とガメイ種の様な華やかな果実味を備え持つ品種。このワインはそんなガメイ種を主体とするブルゴーニュのパストゥグランをイメージし醸造した。ツヴァイが持つブラックチェリーとピノ・ノワールが持つイチゴやクローブの香りの絶妙なバランスが私は好きだ。また優しい口あたりでありながら、しっかりした骨格と強い果実味があることも特徴だ。また、ピノ・ノワールがブレンドされることによって心地よい余韻も付加され、繊細さも兼ね備えている。
2013年は、ツヴァイの品質が良かったこともあり、ツヴァイゲルトの比率が、ここ数年の中で最も高かった。よって、タンニンが強く例年より男性的なワインとなっている。今でもグラスにワインを注ぐと、グラスから様々な香りが溢れ出て来る。しかし、フレッシュな香りが他の香をマスキングしているため、最低でも2016年の春頃までは熟成させて頂きたい。熟成すれば驚きのワインに化ける可能性があると考えている。ナナツモリ同様、口当たりが非常に硬いので、抜栓は早くても秋まで待ってほしい。
(生産者サイトより)

ドメーヌ・タカヒコ

ドメーヌ・タカヒコ
ドメーヌ・タカヒコは北海道余市町登地区にビオロジックで管理された農場(ナナツモリ)と醸造場を持つ家族経営のワイナリー。
醸造及び栽培の責任者は曽我貴彦氏。氏の実家の小布施ワイナリー(長野県)とココ・ファーム(栃木県)での経験と実績をもとにつくるワインは、少量生産ながら沢山の支持を得ています。
ピノ・ノワールをビオで栽培し自然酵母でナチュラルなワインを造る、北海道余市の可能性と北海道のピノ・ノワールの可能性に挑戦しています。

ドメーヌ・タカヒコ取材記はコチラ>>>Click here

ドメーヌ タカヒコ ヨイチ・ノボリ パストゥ・グラン アイハラ 2014ドメーヌ・タカヒコ
ヨイチ・ノボリ パストゥグラン アイハラ 2017

当店販売価格 : 5,720円(税込)

ツヴァイの力強さとピノの繊細なバランス
産地:北海道/余市
品種:ツヴァイゲルト70%、ピノ・ノワール30%

余市を代表する赤系品種「ツヴァイ」は、力強い骨格とガメイ種の様な華やかな果実味を備え持つ品種。このワインはそんなガメイ種を主体とするブルゴーニュのパストゥグランをイメージし醸造した。ツヴァイが持つブラックチェリーとピノ・ノワールが持つイチゴやクローブの香りの絶妙なバランスを楽しんでいただきたい。
2017年はピノ・ノワール70%ブレンド。心地よい果実味の中に、繊細で複雑な香りを持つワインに仕上がります。
今飲んでも非常に魅力的なワインだが、瓶熟により素晴らしいワインに 変化することは間違いない。
このワインは自園の葡萄ではないため、ラベルにはドメーヌ・タカヒコの明記はなく、タカヒコ・ソガと明記されたワインとなっている。是非、抜栓は2022年の1月まで待って頂きたい。理想は3年以上熟成させてからの抜栓。
(生産者サイトより)

ル・レーヴ・ワイナリー 雅 2020ル・レーヴ・ワイナリー
雅 2020

当店販売価格 : 4,840円(税込)

ワイナリー初の赤ワイン
産地:北海道/余市
品種:ドルンフェルダー73%、メルロー27%

2020年はブドウの花の開花・結実も良く豊作の年であった一方、秋の天候不順により品種によっては一部で病気がでたり糖度が上がりずらい品種もあり、やや難しい年ではありましたが、全体的には病果も少なく品質の良い葡萄を収穫することができました。
先に収穫したドルンフェルダー(全房&除梗)をセミ・マセラシオン・カルボニックにて自然酵母で低温にてゆっくりと発酵させ、後に収穫・除梗したメルローを追加しています(MC約4週間)。エアープレスにて搾汁し、ステンレスタンクにて約3ヶ月発酵、一部を古樽にて熟成させています。
色調はやや紫がかったガーネット、スミレやブラックチェリー等の黒系果実やプルーン、スパイスやハーブも感じられ、特徴的な香りに対して、果実味と酸味のバランスがよいワインとなっています。
ラベルデザインは縁起物である金魚をモチーフに白ワインのMUSUBIと同様、ニセコで「和」のテイストを発信する切り絵作家・横山孝博さん、そして「雅」の揮毫は同じくニセコで習字教室「雅」の書家でもある直子先生のデザインとなっています。
(生産者サイトより)

ル・レーヴ・ワイナリー
余市川の右岸に位置する旭台。地名のとおり、旭陽があたる土地に、ル・レーヴ・ワイナリーはあります。
1.9haの畑では、低農薬で除草剤を使用せずに丹精込めてぶどうを栽培。
現在育てているぶどうの種類は、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、ドルンフェルダー、メルロー、シャルドネ、ピノ・グリ、トラミーナ、ピノ・ブランの8品種を栽培しています。

10Rワイナリー 上幌ワイン 藤澤農園 余市ケルナー 塞翁が馬 2014

10Rワイナリー
上幌ワイン 藤澤農園 余市ケルナー 塞翁が馬 2014

当店販売価格:3,960円(税込)

長いワイン造りの探検の末に生まれた熟成ケルナー
産地:北海道/余市
品種:ケルナー

2014年は、北海道としては暑い夏が9月末まで続いた。10月に入り、涼しくなったとはいえ、平年よりは気温の高い秋で、海岸近くに広がる余市のぶどう栽培地域では、霧が発生し貴腐が広がった。藤澤さんの畑のオールドヴァインケルナーは、例年通りに果実は完熟し、加えて貴腐菌により糖度はさらに高まった。
よく熟したケルナーに特徴的なアロマ (金柑、パッションフルーツ、柑橘類) に加え、貴腐ぶどうからくる、はちみつ、干し杏、イチゴ、焼きパイ ナップルなどのアロマが豊かに香る。加えて、タンク 内での貯蔵期間を長くとった影響で、香ばしいジンジャービールの風味がある。口に含むと非常にたっぷりとして、ほんの少し甘みが残る。味わいが濃厚な中に、程よい酸味。ケルナーらしい苦みが締めくくる。今すぐでも美味しく飲んでいただけるが、長期間熟成しても楽しめる。
(生産者コメントより)

10R(トアール)ワイナリー
10R(トアール)は、栃木県のココ・ファーム・ワイナリーで醸造長を長年務めたブルース・ガットラヴ氏が、北海道空知地方の上幌に開いたカスタム・クラッシュ・ワイナリー(受託醸造所)。ガットラヴ氏はニュ−ヨ−クで生まれ、ワイン醸造技術者の養成機関として名高いカリフォルニア州立大学を卒業しました。カリフォルニアのナパ・サルティングキャリアを重ねた後コンサルティング醸造家として、世界各国で活躍した経歴を持っています。1989年からは、栃木県のココ・ファ−ム・ワイナリ−の醸造責任者を務めてきましたが、北海道の葡萄の品質の高さに惚れ込み、2009年に岩見沢市栗沢に新規就農しました。2012年秋には醸造施設が完成し、初めての仕込みを行いました。10Rワイナリ−の特徴は、委任醸造。自社畑の葡萄だけでなく、独自ラベルのワインを造りたいと考えている生産者の葡萄を受け入れ、一緒にワインを仕込んでいます。