topへ戻る
  • HOME
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • ワインの選び方
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
日本ワインコラム
ファインズ生産者コラム
高松氏オススメワイン
スタッフブログ
リーデル商品ページ
RIEDEL×日本ワイン企画

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

インポーターで選ぶ

インポーター紹介
店舗一覧
HPはこちら
熨斗・ラッピング対応しております。
メルマガ会員募集中
 

トップ > ワインセット > 各州の個性を味わう!イタリア満喫6本セット

各州の個性を味わう!イタリア満喫6本セット

拡大画像

※画像はイメージのため実際の商品とは異なる場合があります。

各州の個性を味わう!イタリア満喫6本セット

商品番号
2926690029085
英語表記
6 bottles of wine assortment
容量
750ml×6
 
参考価格(税抜) : 16,960
価格 : 13,000円(税込14,300円)
ポイント : 143
数量    売り切れ
 

通常価格とは当店で取り扱いがあり通常販売している価格です。

参考価格とは輸入元が設定している価格です。

SOLD OUT

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
 
arrow

こんにちは、ヨーロッパ担当の千田です!

全20州で様々な品種を栽培する、バラエティ豊かな産地として人気のイタリア。
近年、世界的なワインの品薄、値上げが続く中、「価格に見合った高品質の産地」としてますます注目を集めています。

ブーツの形で有名なイタリアは、3つの海に囲まれた南北に長い地形です。
北はアルプス山脈に、真ん中を背骨のように貫くアペニン山脈、そして海に浮かぶ2つの島々といった多様なテロワールから、地域に根差した特徴的なワインを産出しています。
美味しいワインがお手頃価格から沢山見つかり、本当に楽しい産地なのですが、玉石混交でとにかく種類の多いイタリアワイン。
「自分で選ぶのは少しハードルが高い」と感じている方も多いのではないでしょうか?

今回のセットでは、イタリアの有名6州をピックアップ。
各州の人気銘柄より、土着品種を使った白3本・赤3本をセレクトしました。
北は山の麓ピエモンテから、トスカーナを経由してカンパーニャ、そしてシチリア島まで。
個性的な品種やテロワールを飲み比べながら、イタリアを旅するようにお楽しみいただけます。
イタリアワイン好きの方にはもちろん、イタリアワイン初心者の方にもおススメです!

早速ラインナップをご紹介します。
≪北イタリア≫
ピエモンテ 地元民に愛される、軽やかでエレガントな赤ワイン「バルベーラ」
ヴェネト イタリアの白ワインといえば外せない大人気「ソアヴェ」

≪中部イタリア≫
トスカーナ 知っていたらワイン通!?味わい深いコク旨白「ヴェルナッチャ」
アブルッツォ 軽快なスタイルで食中酒に最適な「トレッビアーノ・ダブルッツォ」

≪南イタリア≫
カンパーニャ 火山の麓で作られる、緻密で凝縮感のある高級品種「アリアニコ」
シチリア 海風が綺麗な酸をもたらす島のワイン「ネロ・ダーヴォラ」

イタリアを北から南まで、一気に試せる充実のラインナップを揃えました!
通常価格18,656円のところ、23%OFFでお得にお試しいただけます!

ぜひこちらのセットで、バラエティ豊かなイタリアワインの魅力をお楽しみください♪

セット内容

レ カルチナイエ ヴェルナッチャ ディ サン ジミニャーノ 2021  レ・カルチナイエ
ヴェルナッチャ・ディ・サン ジミニャーノ 2021

参考価格:3,520円(税込)

長い余韻とミネラル感を持つワイン
産地:イタリア/トスカーナ州
原産地呼称:DOCGヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノ
品種:ヴェルナッチャ

ステンレスタンクで発酵、ステンレスタンクで6ヶ月間熟成。
シンプルな造りながら、複雑味を備えており、暑い年でもヴェルナッチャの魅力の革新である多層的な酸が生き生きとしています。

レ・カルチナイエ
サン・ジミニャーノに、高品質ワインを復活させた立役者の一人。常に快活でエネルギッシュなオーナー、シモーネ・サンティーニは、1995年から畑に化学肥料、除草剤、殺虫剤などを排したビオロジック栽培を続ける慧眼の持ち主。加えて栽培で重視するのは、低収穫と、葉を多めに残しブドウの房をしっかり陰にするキャノピー・マネージメント。それにより、ヴェルナッチャの魅力の核心である美しく多層的な酸が得られると語ります。酸を重視するため、主要な畑の大半は北向きです。亜硫酸添加は通常、トータルで45mg/L以下に抑制。理想とするヴェルナッチャは「瓶詰め直後は14歳の少女のように純粋でプリティ。その後熟成により、多彩な要素に美しいハーモニーが生まれるが、けしてビッグではなくフェミニンでエレガントなワイン」とのヴィジョンは、困難な年にさえ、見事にワインに現れます。

ファゾーリ ジーノ ソアーヴェ ボルゴレット 2021ファゾーリ・ジーノ
ソアーヴェ・ボルゴレット 2021

参考価格:2,420円(税込)

花のような香りと調和の取れた満ちたりた味わい
産地:イタリア/ヴェネト州
原産地呼称 DOCソアーヴェ
品種:ガルガネガ

ソアーヴェの備えうる特徴と気品をより表現できるよう、タンクを選びながらアッサンブラージュが行われます。
花のような香りと調和の取れた満ちたりた味わいです。

ファゾーリ・ジーノ
1980年にビオロジック栽培を部分的に開始。1985年、所有する14haの畑全てを転換。1990年にA.I.A.B.の認証を獲得した、ソアーヴェ地区ビオロジック・ワインの先駆的生産者。ワイナリーの歴史は1925年にまで遡り、戦前から自家栽培・自家醸造を敢行しています。

ヴァッレ レアレ トレッビアーノ ダブルッツォ 2020 ヴァッレ・レアレ
トレッビアーノ・ダブルッツォ 2020

参考価格:2,948円(税込)

気候とテロワールを反映した、優美でアロマティックなワイン
産地:イタリア/アブルッツォ州
原産地呼称:DOCトレッビアーノ・ダブルッツオ
品種:トレッビアーノ

ブドウはポポリ畑とカペストラーノ畑のものを使用。
白い花や火打ち石を思わせる香りを持つ。エレガントで心地よい味わいは、瓶内での更なる熟成のポテンシャルを感じるワイン。

ヴァッレ・レアレ
現オーナーであるレオナルド・ピッゾーロにより1997年に創業され、2015年版ガンベロ・ロッソ誌、最優秀白ワインに選ばれた、注目の若手生産者です。アブルッツォの内陸部、ポポリの国立公園内に存在する唯一のワイナリーであり、アブルッツォの山で栽培され、その気候とテロワールを反映した、優美でアロマティックなワインを造っています。ブドウ畑はオーガニックの認証取得済みで、現在はビオディナミ農法へ転換中。 2007年からすべてのワインを自生酵母のみでの自然発酵を行っています。

プリンチピアーノ フェルディナンド バルベーラ ダルバ 2020プリンチピアーノ・フェルディナンド
バルベーラ・ダルバ 2020

参考価格:3,190円(税込)

典型的な日常消費のバルベーラ
産地:イタリア/ピエモンテ州
原産地呼称:DOCバルベーラ・ダルバ
品種:バルベーラ

飲み心地が良く、アルコールも高すぎない仕上がり。美しい果実味と特徴的なバルベーラの酸が楽しめます。 2017年ヴィンテージまではキュヴェ名に“ラウラ”と名付けていましたが、2018年ヴィンテージからはより高樹齢のセレクションにのみ付けることになりました。

プリンチピアーノ
プリンチピアーノ家は、長らく神格化されたバローロ・モンフォルティーノを生む畑、フランチャに接した南西向き、標高350mの偉大なクリュ、ボスカレートを所有。ランゲでの栽培農家としての歴史は1900年代初頭に遡り、1980年代前後はアルタ−レやスカヴィーノにブドウを供給していました。フェルディナンドは1990年代には回転式タンクによるモダン・バローロを手がけましたが、2002年以降、最長3ヶ月にも達する長期浸漬と大樽熟成を軸とする伝統的バローロ造りに回帰。同時にビオロジック栽培を開始。現在、主要な畑ではボルドー液や硫黄も使用しません。

サルヴァトーレ モレッティエーリ イルピーニア アリアニコ チンクエ クエルチェ 2018サルヴァトーレ・モレッティエーリ
イルピーニア・アリアニコ チンクエ・クエルチェ 2018

参考価格:3,630円(税込)

フルボディながら冷涼さも感じられるアリアニコ
産地:イタリア/カンパーニャ州
原産地呼称:DOCイルピニア・アリアニコ
品種:アリアニコ

透明感のあるルビー。チェリーのような可愛らしさを持ちつつも深い果実香、豊富なタンニン、充実した酸を連想する、重層性ある香り。香り通りのどっしり構えた味筋なのに非常に重心が高く、冷ややかさすらも感じる事ができるのは、標高500mを超える畑の環境のおかげか。

サルヴァトーレ・モレッティエーリ
敬意と共に「南のバローロ」と称賛される、カンパーニャ州DOCGの帝王格、タウラージの生産者。ナポリから西に約50kmの内陸で、人を拒絶するかのような急峻な山岳地帯、アヴェリーノ県に広がるタウラージDOCG。そもそもタウラージは軽佻浮薄なワインどころではないし、サルヴァトーレは「モダンな味覚」になど、さらさら譲歩するつもりのない人物。かくして、彼のタウラージの生まれたときの姿は、赤紫系の青い色合いも濃くて、容赦のない強烈さをそなえており、ワインの爆弾ともいうべき趣はこれまでに味わったいかなる若いワインとも、ほとんど比べものになりません。第一次アロマは常に控えめですが、第二、第三の香りを身につけるにつれ、複雑なブーケをまとい始めます。ヴィンテージから6〜7年目に入る頃から、この記念碑的なワインはその深遠な相を呈しはじめ、四半世紀からそれ以上のあいだ、さらに向上し続けるばかりです。 「イルピニア・アリアニコ」、「タウラージ」、「タウラージ・リゼルヴァ」は、すべてアリアニコ100%からなり、同じ畑から生まれるものです(ヴィー ニャ・チンクエ・クエルチェ)。収穫の段階で、どのブドウがどのワインになるのかは決まっており、樹齢の高いブドウの実のみがタウラージになり、良年にはリゼルヴァも生産されます。

マッツェイ ジゾラ ジゾラ 2018マッツェイ・ジゾラ
ジゾラ 2018

参考価格:2,948円(税込)

料理を選ばず気軽に楽しめるバランスの良さ
産地:イタリア/シチリア州
原産地呼称:DOCノート・ロッソ
品種:ネロ・ダーヴォラ

1435年より24代に渡りキャンティ・クラシコでワイン生産を行うマッツェイ家が生み出すシチリア島のワイン。海抜130mの南東向きの斜面。樹齢は8〜13年。26〜28℃で発酵、マセラシオンは14〜16日。フレンチオークのバリックで10ヶ月熟成(新樽は33%)。
シチリアの土着品種ネロ・ダーヴォラでエレガンスを追求し造られたワイン。美しい酸がワインの骨格を支え、森のベリー系果実を思わせる温かみある果実味があり、僅かにスパイシーなニュアンスのあるワインです。

マッツェイ・ジゾラ
ジゾラはシチリアの南東部、ネロ・ダーヴォラ発祥の地として知られるアヴォラから5km程のところにあります。マッツェイ家は、このジゾラの地のポテンシャルの高さに着目し、2003年にワイナリーを創設。ネロ・ダーヴォラ発祥の地に敬意を表した、マッツェイ家の一番新しいワイナリーです。