topへ戻る
  • HOME
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • ワインの選び方
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
日本ワインコラム
ファインズ生産者コラム
スタッフブログ
リーデル商品ページ

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

インポーターで選ぶ

インポーター紹介
店舗一覧
HPはこちら
熨斗・ラッピング対応しております。
メルマガ会員募集中
 

トップ > オーストラリア > デリンクエンテ ロコ・イル・バカボンド 2022

デリンクエンテ ロコ・イル・バカボンド 2022

拡大画像

※画像はイメージのため実際の商品とは異なる場合があります。

デリンクエンテ ロコ・イル・バカボンド 2022

商品番号
9339348005011
英語表記
Delinquente Wine Roko Il Vagabondo 2022
生産地
オーストラリア
原産地呼称
サウス・オーストラリア州
品種
モンテプルチアーノ
輸入元
kpオーチャード
容量
750ml
アルコール度数
-%
価格 : 2,400円(税込2,640円)
ポイント : 26
数量
 

通常価格とは当店で取り扱いがあり通常販売している価格です。

参考価格とは輸入元が設定している価格です。

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
味わいMAP_果実味f 味わいMAP_酸味a 味わいMAP_その他

目を合わせたくない荒くれ者

冷涼な年ならではのエレガンスさが加わった年で、色合いも昨年よりも少しだけ淡め。圧倒される顔とは裏腹にトレンディな雰囲気が増した2022年。1週間ずらして収穫された2バッチからなります。開放タンクで野生酵母による醗酵。その後マロ醗酵を行い、ステンレスタンクにて熟成、少量の酸化防止剤を添加しボトリング、ノンフィルター・清澄剤不使用。
爆発するようなエネルギーをもった果実味と清涼感あるスパイス感が見事に両立しているモンテプルチアーノです。

デリンクエンテ


オーナーワインメーカーのグレッグ・グリゴリオが2013年、リヴァーランドに設立した新しいワイナリー。オーストラリアではテーブルワインの産地として認知されているリヴァーランド。オーストラリアワインの「機関室」と表現され、ファインワインとは縁遠い土地でしたが、彼が造るワインはリヴァーランドの新たな可能性として高い注目を集めています。グレッグは祖父や地位が経営するワイナリーで子供のころからワイン造りに親しみ、自然と自らもワインメーカーとしての道を歩み始めます。そして数年の海外留学を経て自身のブランドでワインを造ることを決意。生まれ育ったリヴァーランドで2013年「デリンクエンテ」を立ち上げました。
彼が造るワインのコンセプトは明快です。「リヴァーランドの気候に適応する南イタリアの地ブドウ」を用い、「なるべく人の手を介さない、ナチュラルな造り」で、「Modern & Easy Drinking」かつ「コストパフォーマンスに優れたワイン」を造ること。
ちなみに斬新なラベルデザインは彼の友人でもあるデザイナーによるもので、それぞれに挑戦的なメッセージが込められています。