商品情報にスキップ
1 1

味わいの特徴

味わい ミディアム

ライトボディミディアムボディ フルボディ
果実味
淡い 豊か
酸味
弱い 強い
旨味
弱い 強い

エロイカ リースリング 2021

エロイカ リースリング 2021

Eroica Riesling 2021

熟した果実と酸のバランスが上品

通常価格 4,455 (税込) 獲得ポイント : 44pt
通常価格 4,950 セール価格 4,455 (税込)獲得ポイント : 44pt
獲得ポイント : 44pt

750ml / リースリング / ファインズ

amazon pay 楽天Pay PayPayご利用いただけます。

ブドウは冷涼な夜中に収穫し、そのままプレス。低温で発酵。区画ごとに個別に醸造が行われ、最終的なブレンドによりワインの複雑味がもたらされます。
美しさを感じさせる、明るい果実味と清冽な酸味、しっかりとしたミネラルを思わせる味わいこそが、リリースから追い求められてきた「エロイカ・スタイル」とされます。

商品データ

商品番号 4573542501398
種類 白ワイン
生産地 アメリカ・ワシントン州・ワシントン州
ヴィンテージ 2021年
原産地呼称 AVAコロンビア・ヴァレー
品種 リースリング
輸入元 ファインズ
容量 750ml

ワイナリー情報

エロイカ

1999年、200年以上の歴史を持つドイツ、モーゼルのDr.ローゼンとシャトー・サン・ミッシェルという、新旧各世界を代表するリースリングの生産者が協働したワイナリー。「エロイカ」とは、ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄(eroica)」から命名され、多様性や土地だけでなく、力強く先進的なワシントンのリースリングと、エレガントで洗練されたドイツのリースリングを融合したスタイルを表しています。

スタッフのおすすめポイント

THE CELLAR online store マネージャー 兼 チーフバイヤー

本名 凌人

プロフィールを見る
今回ご紹介するのは、アメリカはワシントン州のリースリングです。
このワインは、ワシントン州最大のワイナリーであるシャトー・サン・ミッシェルと、ドイツの有名生産者ドクター・ローゼンがコラボレーションしたものです。
優良生産者同士のコラボレーションということもあり、香り、味わいともにバランスが非常に優れており、飲んですぐわかる美味しさと、ボトルを1本飲んでも飽きさせない奥深さも兼ね備えています。
香りは、桃やラムネのようなほのかに甘いフルーツ感があります。
味わいもほんのり甘いフルーツがあり、その中にぴちぴちとした酸の心地よさと主張しないながらもしっかりと芯のあるミネラルがあります。
昼にキリっと冷やして飲んでも良し、夕方に温度を上げて飲んでも良しです。
お料理も幅広く合うと思いますので、ちょっと贅沢したいいつもの夕食のお供にいかがでしょうか。(2015年8月)

味わいの特徴

味わい ミディアム

ライトボディミディアムボディ フルボディ
果実味
淡い 豊か
酸味
弱い 強い
旨味
弱い 強い

商品データ

商品番号 4573542501398
種類 白ワイン
生産地 アメリカ・ワシントン州・ワシントン州
ヴィンテージ 2021年
原産地呼称 AVAコロンビア・ヴァレー
品種 リースリング
輸入元 ファインズ
容量 750ml

ワイナリー情報

エロイカ

1999年、200年以上の歴史を持つドイツ、モーゼルのDr.ローゼンとシャトー・サン・ミッシェルという、新旧各世界を代表するリースリングの生産者が協働したワイナリー。「エロイカ」とは、ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄(eroica)」から命名され、多様性や土地だけでなく、力強く先進的なワシントンのリースリングと、エレガントで洗練されたドイツのリースリングを融合したスタイルを表しています。

スタッフのおすすめポイント

THE CELLAR online store マネージャー 兼 チーフバイヤー

本名 凌人

プロフィールを見る
今回ご紹介するのは、アメリカはワシントン州のリースリングです。
このワインは、ワシントン州最大のワイナリーであるシャトー・サン・ミッシェルと、ドイツの有名生産者ドクター・ローゼンがコラボレーションしたものです。
優良生産者同士のコラボレーションということもあり、香り、味わいともにバランスが非常に優れており、飲んですぐわかる美味しさと、ボトルを1本飲んでも飽きさせない奥深さも兼ね備えています。
香りは、桃やラムネのようなほのかに甘いフルーツ感があります。
味わいもほんのり甘いフルーツがあり、その中にぴちぴちとした酸の心地よさと主張しないながらもしっかりと芯のあるミネラルがあります。
昼にキリっと冷やして飲んでも良し、夕方に温度を上げて飲んでも良しです。
お料理も幅広く合うと思いますので、ちょっと贅沢したいいつもの夕食のお供にいかがでしょうか。(2015年8月)