商品情報にスキップ
1 1

味わいの特徴

味わい フルボディ

ライトボディミディアムボディ フルボディ
果実味
淡い 豊か
酸味
弱い 強い
渋み
弱い 強い

ウィリアム・フェーヴル シャブリ・プルミエ・クリュ ヴァイヨン 2018 *

ウィリアム・フェーヴル シャブリ・プルミエ・クリュ ヴァイヨン 2018 *

William Fevre Chablis 1er Cru Vaillons 2018

奥行きがあり非常にこなれた丸みのあるワイン

通常価格 8,250 (税込) 獲得ポイント : 82pt
通常価格 セール価格 8,250 (税込)獲得ポイント : 82pt
獲得ポイント : 82pt

750ml / シャルドネ / ファインズ

amazon pay 楽天Pay PayPayご利用いただけます。

短時間プレス(1時間~2時間)し低温にて軽く清澄。樽発酵30~50%、ステンレス発酵50~70%。13~14ヶ月熟成(40~50%は小樽で5~6ヶ月熟成、残りの期間ステンレスタンクへ)。
フレッシュな花の香りに果実香が加わり、アクセントのあるミネラルを思わせる風味。早熟な畑由来の奥行きがあり非常にこなれた丸みがあるワインです。バランスの良さを感じる安定感があります。

商品データ

商品番号 3443620110068
種類 オーガニックワイン,白ワイン
生産地 フランス・ブルゴーニュ・シャブリ
ヴィンテージ 2018年
原産地呼称 AOCシャブリ・プルミエ・クリュ
品種 シャルドネ
輸入元 ファインズ
容量 750ml
アルコール度数 13%

ワイナリー情報

ウィリアム・フェーヴル

1850年に設立され、現在の社名となっているウィリアム・フェーヴルが相続しました。氏は積極的に畑を買い増し拡張。うちグラン・クリュが15.2ha、プルミエ・クリュが15.9haを占め、最大のグラン・クリュ所有ドメーヌとなりました。比類ない銘醸畑から生まれるワインは極めて高い評価を得る一方でシャブリ全体の地位を守るための活動(新大陸ワインでの「シャブリ」名称乱用の撲滅、キンメリジャン土壌でない土地での「シャブリ」呼称使用への反対など)にも尽力しました。しかし跡継ぎのいない同氏がドメーヌを売却。1998年すでにブシャール社の改革を成功させていた、アンリオ家が獲得しました。アンリオが取得後、類いまれな畑の能力を最大限生かすため様々な改革を実施。当時まだ若手だった醸造家ディディエ・セギエを抜擢し、次々と改革を行っていきました。果実味あふれるワイン造りに転換し、現在ではビオロジック農法(一部ビオディナミ農法)を取り入れさらに評価を高めています。

味わいの特徴

味わい フルボディ

ライトボディミディアムボディ フルボディ
果実味
淡い 豊か
酸味
弱い 強い
渋み
弱い 強い

商品データ

商品番号 3443620110068
種類 オーガニックワイン,白ワイン
生産地 フランス・ブルゴーニュ・シャブリ
ヴィンテージ 2018年
原産地呼称 AOCシャブリ・プルミエ・クリュ
品種 シャルドネ
輸入元 ファインズ
容量 750ml
アルコール度数 13%

ワイナリー情報

ウィリアム・フェーヴル

1850年に設立され、現在の社名となっているウィリアム・フェーヴルが相続しました。氏は積極的に畑を買い増し拡張。うちグラン・クリュが15.2ha、プルミエ・クリュが15.9haを占め、最大のグラン・クリュ所有ドメーヌとなりました。比類ない銘醸畑から生まれるワインは極めて高い評価を得る一方でシャブリ全体の地位を守るための活動(新大陸ワインでの「シャブリ」名称乱用の撲滅、キンメリジャン土壌でない土地での「シャブリ」呼称使用への反対など)にも尽力しました。しかし跡継ぎのいない同氏がドメーヌを売却。1998年すでにブシャール社の改革を成功させていた、アンリオ家が獲得しました。アンリオが取得後、類いまれな畑の能力を最大限生かすため様々な改革を実施。当時まだ若手だった醸造家ディディエ・セギエを抜擢し、次々と改革を行っていきました。果実味あふれるワイン造りに転換し、現在ではビオロジック農法(一部ビオディナミ農法)を取り入れさらに評価を高めています。