商品情報にスキップ
1 1

味わいの特徴

果実味
淡い 豊か
酸味
弱い 強い
旨味
弱い 強い
渋み
弱い 強い

ベルトー・ジェルベ ヴォーヌ・ロマネ レ・プティ・モン 2020

ベルトー・ジェルベ ヴォーヌ・ロマネ レ・プティ・モン 2020

Berthaut Gerbet Vosne Romanee 1er Cru Les Petits Monts 2020

100年以上の歴史を持つ老舗ドメーヌ

通常価格 18,700 (税込) 獲得ポイント : 187pt
通常価格 セール価格 18,700 (税込)獲得ポイント : 187pt
獲得ポイント : 187pt

売り切れ

750ml / ピノ・ノワール / ENEOSマテリアル・トレーディング

amazon pay 楽天Pay PayPayご利用いただけます。

ドメーヌ・フランソワ・ジェルベから相続した珠玉の畑。2013年が初ヴィンテージ。プティ・モンはリシュブールの上部から丘の最上部まで広がる傾斜の大きな畑。東側はリシュブール、北側はクロ・パラントゥー、南側はオー・レイニョに隣接しています。所有面積は0.1ha。樹齢40~70年の古樹で造られています。コンクリートタンクで発酵後、新樽率40%で15カ月熟成。ヴォーヌ・ロマネを代表する深遠なプルミエ・クリュ。赤/1級畑

商品データ

商品番号 2937121428506
種類 赤ワイン
生産地 フランス・ブルゴーニュ・ヴォーヌ・ロマネ
ヴィンテージ 2020年
原産地呼称 AOCヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ
品種 ピノ・ノワール
輸入元 ENEOSマテリアル・トレーディング
容量 750ml

ワイナリー情報

ベルトー・ジェルベ

ドメーヌ・ベルトー・ジェルベはフィサンを本拠地としたドメーヌ。もとはドメーヌ・ベルトーという名前でしたが、2013年に当主となったアメリー氏がドメーヌ・ベルトーを引き継ぐ際、母方であるジェルベ家の畑も引継いだことで、ドメーヌ名をドメーヌ・ベルトー・ジェルベとしました。 1930年にはメタヤージュによってジュヴレ・シャンベルタン村の畑を取得することで規模を拡大。1974年当主となったドゥニ・ベルトー兄弟はプルミエ・クリュを含むフィサンの畑を取得。また、ワイナリーに熟成庫を建設することでドメーヌの拡大に貢献。そして2013年より現当主のアメリー氏が両親よりドメーヌを引継ぎ、現在は13haの畑を所有しています。アメリー氏はボルドー大学で工学、ブドウ栽培、醸造学を学んだ人物。母方のドメーヌ・フランソワ・ジェルベからはヴォーヌ・ロマネの畑を引き継ぎました。 ワイン造りに関しては、テロワールを反映させた自然で優しいスタイル。2016年より栽培長を務める、アメリ氏の夫、ニコラ・フォール氏はドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC)で栽培に関わった後、プリューレ・ロックに引き抜かれたキャリアを持つ人物で、二コラ氏の携わった2016年からは、より二コラ氏のスタイルが表現されたピュアながら、しっかりと旨味を備えたスタイルへと変貌を遂げています。

味わいの特徴

果実味
淡い 豊か
酸味
弱い 強い
旨味
弱い 強い
渋み
弱い 強い

商品データ

商品番号 2937121428506
種類 赤ワイン
生産地 フランス・ブルゴーニュ・ヴォーヌ・ロマネ
ヴィンテージ 2020年
原産地呼称 AOCヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ
品種 ピノ・ノワール
輸入元 ENEOSマテリアル・トレーディング
容量 750ml

ワイナリー情報

ベルトー・ジェルベ

ドメーヌ・ベルトー・ジェルベはフィサンを本拠地としたドメーヌ。もとはドメーヌ・ベルトーという名前でしたが、2013年に当主となったアメリー氏がドメーヌ・ベルトーを引き継ぐ際、母方であるジェルベ家の畑も引継いだことで、ドメーヌ名をドメーヌ・ベルトー・ジェルベとしました。 1930年にはメタヤージュによってジュヴレ・シャンベルタン村の畑を取得することで規模を拡大。1974年当主となったドゥニ・ベルトー兄弟はプルミエ・クリュを含むフィサンの畑を取得。また、ワイナリーに熟成庫を建設することでドメーヌの拡大に貢献。そして2013年より現当主のアメリー氏が両親よりドメーヌを引継ぎ、現在は13haの畑を所有しています。アメリー氏はボルドー大学で工学、ブドウ栽培、醸造学を学んだ人物。母方のドメーヌ・フランソワ・ジェルベからはヴォーヌ・ロマネの畑を引き継ぎました。 ワイン造りに関しては、テロワールを反映させた自然で優しいスタイル。2016年より栽培長を務める、アメリ氏の夫、ニコラ・フォール氏はドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC)で栽培に関わった後、プリューレ・ロックに引き抜かれたキャリアを持つ人物で、二コラ氏の携わった2016年からは、より二コラ氏のスタイルが表現されたピュアながら、しっかりと旨味を備えたスタイルへと変貌を遂げています。