topへ戻る
  • HOME
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • ワインの選び方
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • CRS
  • お問い合わせ
日本ワインコラム
ファインズ生産者コラム
スタッフブログ
リーデル商品ページ
RIEDEL×日本ワイン企画

産地で選ぶ

日本

フランス

ヨーロッパ

ニューワールド

品種で選ぶ

種類で選ぶ

セットで選ぶ

価格で選ぶ

古い年代で選ぶ

インポーターで選ぶ

インポーター紹介
店舗一覧
HPはこちら
熨斗・ラッピング対応しております。
メルマガ会員募集中
 

トップ > 日本 > 東北 > タケダワイナリー ルージュ 辛口 2021

タケダワイナリー ルージュ 辛口 2021

拡大画像

※画像はイメージのため実際の商品とは異なる場合があります。

タケダワイナリー ルージュ 辛口 2021

商品番号
4938731001538
英語表記
Takeda Winery Rouge 2021
生産地
日本/山形県
品種
マスカット・ベリーA100%
容量
750ml
アルコール度数
11%
価格 : 1,610円(税込1,771円)
ポイント : 17
数量
 

通常価格とは当店で取り扱いがあり通常販売している価格です。

参考価格とは輸入元が設定している価格です。

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
味わいMAP_果実味f 味わいMAP_酸味a 味わいMAP_その他

豊かな果実味とバランスのよい味わい

このワインは、収穫したての良質なブドウを人の手で選りすぐり、独自の醸造技術で丁寧に仕上げられています。
豊かな果実味とバランスのよい味わいが特長です。

 

タケダワイナリー


タケダワイナリーは山形県蔵王連邦のふもとの南向きの高台に位置しています。1920年の創立以来「良いワインは良いブドウから」をモットーに土作りからはじめたブドウ栽培を続けています。

齋藤
arrow

干しぶどうのような甘さのイメージが強い香りです。味わいもそのままにプルーンのような黒い果実にシナモンのようなスイートスパイス、ブラウンシュガーの甘みを感じます。タンニンは大人しく、果実味主体の味わいとなっています。(2021年3月)

岡野
arrow

いよいよ今年も残すところあと一ヶ月。
師走ということでだんだんと慌ただしい雰囲気となってまいりました。
そんな時におすすめしたいのがこちら、タケダワイナリーのスタンダードライン。
ガツンと主張するようなワインも、わくわくするような個性的なワインも好きですが、「疲れてるかも?」なんて言葉が漏れてしまいそうなときは、こういったザ・スタンダードなワインが染みるなぁとなんだかんだ思うのです。
香りは奥行きがあり、ぐぐっと奥のほうからマスカット・ベリーAの特徴的な香りが広がります。
イチゴキャンディーやラズベリー、すみれなど、ひとつひとつは明るいイメージですが、全体としてはワントーン落ち着いているようなこのバランスがすごく良い。
アタックはフレッシュな酸がしっかり。でもイヤに口のなかには残らず、すいすい飲める美味しい軽めの赤です。
マスカット・ベリーA、苦手だ〜という声もよく聞きますが、そんなかたも久しぶりに試してみてはいかがでしょうか?
ご注文お待ちしております。(2019年11月)