商品情報にスキップ
1 1

味わいの特徴

味わい ミディアム

ライトボディミディアムボディ フルボディ
果実味
淡い 豊か
酸味
弱い 強い
渋み
弱い 強い

ジャン・ルイ・シャーヴ・セレクション コート・デュ・ローヌ モン・クール 2022

ジャン・ルイ・シャーヴ・セレクション コート・デュ・ローヌ モン・クール 2022

Jean Louis Chave Selection Cotes-du-Rhone Mon Coeur 2022

コート・デュ・ローヌのレベルをはるかに凌駕するほどの美味しさ

通常価格 3,300 (税込) 獲得ポイント : 33pt
通常価格 セール価格 3,300 (税込)獲得ポイント : 33pt
獲得ポイント : 33pt

残り9個

750ml / シラー他 / フィネス

amazon pay 楽天Pay PayPayご利用いただけます。

ジャン・ルイ・シャーヴ・セレクションは、ジャン・ルイ・シャヴ氏の「ドメーヌでは偉大なワインを、ネゴシアンではおいしいワインを」という想いに基づきながら、ドメーヌワインと同じように造られています。ブドウを買ったり、ドメーヌで使わなかったワインを使ったりと、テロワールを活かしながらもリーズナブルで飲みやすいワインを目指しています。
樹齢は20~60年で沖積土壌でパワーとエレガントさを表現する「ヴィザン」、深い砂粘土質土壌で果実風味豊かなメリハリを与える「ビュイソン」、石灰質の非常に多い粘土石灰質土壌で冷涼な気候がピュアさと凝縮感を与える「ヴァンゾブル」、粘土質土壌に樹齢の古いグルナッシュが植えられており、リッチでグリセリン豊富、ストラクチャー、奥行きを与え、モンクールのハーモニーをまとめる「エステザルグ」など、数区画の畑をアサンブラージュし造られます。その中には本来ならば格上のコート・デュ・ローヌ・ヴィラージュを名乗れる区画もありますが、敢えて格下げしています。
胡椒のようなスパイシーな香り、シラーの力強さとグルッナシュの果実味がバランスよく、柔らかな口当たりで飲みやすく仕上がっており、コート・デュ・ローヌのレベルをはるかに凌駕するほどの美味しさです。

商品データ

商品番号 2947139105122
種類 赤ワイン
生産地 フランス・ローヌ・ローヌ
ヴィンテージ 2019年
原産地呼称 AOCコート・デュ・ローヌ
品種 シラー50%
グルナッシュ50%
輸入元 フィネス
容量 750ml

ワイナリー情報

ジャン・ルイ・シャーヴ

1481年設立、エルミタージュ地区モーヴの町で6世紀にわたってワインを造り続けているドメーヌで、16代目の現当主はジャン・ルイ・シャーヴ氏。エルミタージュに使われるブドウの畑は合計28haで赤白共にいくつかの区画に分かれています。それぞれ土壌に違いがあり、ワインに与える要素も様々なので別々に醸造されます。畑はローヌ特有の急勾配な斜面にあり、様々な土壌の畑にマルサンヌ、ルーサンヌ、シラー、グルナッシュが植えられています。収穫する時期は周辺の生産者と比べて遅く、ブドウが充分に熟すまで待ち、収量もかなり抑えて凝縮したブドウのみ収穫します。白は8割は樽で残りはステンレスタンク、赤は樽のみで醸造され、18~24ヵ月間熟成されます。「エルミタージュはアッサンブラージュのワインである」というジャン・ルイ氏の信念に基づき、区画ごとに醸造されたワインは試飲が繰り返し行われ、最後に神業の如きアッサンブラージュによって仕上げられます。

味わいの特徴

味わい ミディアム

ライトボディミディアムボディ フルボディ
果実味
淡い 豊か
酸味
弱い 強い
渋み
弱い 強い

商品データ

商品番号 2947139105122
種類 赤ワイン
生産地 フランス・ローヌ・ローヌ
ヴィンテージ 2019年
原産地呼称 AOCコート・デュ・ローヌ
品種 シラー50%
グルナッシュ50%
輸入元 フィネス
容量 750ml

ワイナリー情報

ジャン・ルイ・シャーヴ

1481年設立、エルミタージュ地区モーヴの町で6世紀にわたってワインを造り続けているドメーヌで、16代目の現当主はジャン・ルイ・シャーヴ氏。エルミタージュに使われるブドウの畑は合計28haで赤白共にいくつかの区画に分かれています。それぞれ土壌に違いがあり、ワインに与える要素も様々なので別々に醸造されます。畑はローヌ特有の急勾配な斜面にあり、様々な土壌の畑にマルサンヌ、ルーサンヌ、シラー、グルナッシュが植えられています。収穫する時期は周辺の生産者と比べて遅く、ブドウが充分に熟すまで待ち、収量もかなり抑えて凝縮したブドウのみ収穫します。白は8割は樽で残りはステンレスタンク、赤は樽のみで醸造され、18~24ヵ月間熟成されます。「エルミタージュはアッサンブラージュのワインである」というジャン・ルイ氏の信念に基づき、区画ごとに醸造されたワインは試飲が繰り返し行われ、最後に神業の如きアッサンブラージュによって仕上げられます。