Loading...

コレクション: ロゼワイン

ロゼワインは、皮に色を持つぶどうの色素を何らかの方法で抽出して作られる、ごく淡いピンク色~赤ワインに近い淡い赤色をしたワインのことです。色素を抽出する代表的な方法としては、短期間のマセラシオン(ぶどうの果皮・種子と果汁を一緒に発酵させる方法)、直接圧搾(ダイレクトプレス=黒ぶどうをすぐに圧搾して少し果皮から色の移った果汁を取り出す方法)、混醸(発酵前の白ぶどうと黒ぶどうを一定割合で混ぜておいて、それを果皮・種子と一緒に発酵させる方法)の3つが挙げられます。また、法律で禁止されているエリアも多いですが、白ワインに少量の赤ワインを色付けに混ぜて作られることもあります。
ロゼワインの品種には、ピノ・ノワール、グルナッシュ、シラー、サンジョヴェーゼなどが一般的です。それぞれの品種によって異なる特徴があり、地域や造り手のスタイルによっても変化します。軽やかな酸味とフルーティな香りがあるため、サラダやシーフード、軽いチーズとの相性が良いとされています。また、ピクニックやバーベキューなどのアウトドアイベントでも人気があります。スパイシーな料理やアジア料理との相性も抜群であり、多様な料理とのマリアージュを楽しむことができます。

127 3ページ中1ページ目