Loading...

コレクション: オレンジワイン

オレンジワインは、白ぶどうを原料として赤ワインと同じマセラシオン(マセレーション)の工程を経ることで作られる白ワインです。この特殊な製法により、オレンジや琥珀がかった色調と、果皮と種子からの複雑な香りとタンニンのある味わいが特徴となります。ジョージアがオレンジワインの発祥地とされていますが、現在は世界中で生産されています。
オレンジワインはさまざまな品種の白ぶどうもしくはピンクの果皮のグリぶどうを使用して製造されます。品種によって味わいや風味に違いがあり、地域や造り手のスタイルによっても異なる個性が表れます。この醸造方法は果皮からの香りがよく引き出されるため、白ぶどうではリースリングやソーヴィニヨン・ブラン、グリぶどうではゲヴュルツトラミネールやピノ・グリなどの香り高いタイプの品種が良く使われます。それぞれの品種が持つ特性が、オレンジワインの個性を豊かにする要素となっています。近年は日本の甲州でも広く採用される醸造法になってきました。

20 1ページ中1ページ目