商品情報にスキップ
1 1

味わいの特徴

味わい ミディアム

ライトボディミディアムボディ フルボディ
果実味
淡い 豊か
酸味
弱い 強い
渋み
弱い 強い

ドメーヌ・ド・オーシエール シャトー・オーシエール 2018 *

ドメーヌ・ド・オーシエール シャトー・オーシエール 2018 *

Domaine d'Aussieres Chateau d'Aussieres 2018

ラフィットグループが手がける「ドメーヌ・ド・オーシエール」のトップキュヴェ。深みと凝縮感のある味わい

通常価格 4,686 (税込) 獲得ポイント : 46pt
通常価格 セール価格 4,686 (税込)獲得ポイント : 46pt
獲得ポイント : 46pt

残り3個

750ml / シラー他 / ファインズ

amazon pay 楽天Pay PayPayご利用いただけます。

ローマ時代からブドウ造りが行われるオーシエールをシャトー・ラフィット・ロートシルトを筆頭とするドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト(DBR)が1999年から所有。
エリック男爵が一目惚れした土地、南仏・コルビエールでの同グループの挑戦、ドメーヌ・ド・オーシエールのトップキュヴェ。ラングドックの伝統にボルドーで培った技術を融合させたワイン造りを行っています。
パインやユーカリなどの香りに溶け込み始めた樽香。味わい力強く、チョコレートやチェリーなどの凝縮した風味。まだ若いながらも長い余韻とエレガントな味わいが楽しめます。

商品データ

商品番号 4582203055194
種類 赤ワイン
生産地 フランス・南仏・ラングドック・ルーション
ヴィンテージ 2018年
原産地呼称 AOCコルビエール
品種 シラー59%
ムールヴェドル28%
グルナッシュ13%
輸入元 ファインズ
容量 750ml
アルコール度数 15.5%

ワイナリー情報

ドメーヌ・ド・オーシエール

オーシエールのブドウ畑の歴史は、ローマ時代に遡ります。およそ1世紀の間、シトー派修道院の農場としての役割を担っていました。1950年代以降、ラングドック地方の多くの生産者が衰退してゆく中、オーシエールも同様に、徐々に畑は荒れ果て、前オーナーの時代にはそのほとんどは安いテーブルワインに使用され、コミュニティも廃墟と化してしまいました。ラングドック地方の窮状を救うため、地元の有力者がシャトー・ラフィットのエリック・ド・ロートシルト男爵にオーシエールの畑を紹介。エリック男爵はその畑のポテンシャルに惚れ込み、1999年にその広大な土地を取得しました。地質調査から始まり、畑の植え替え、醸造設備の改善を行って、ラングドックのテロワールにボルドーの伝統と技術を融合させたワイン造りを行っています。

味わいの特徴

味わい ミディアム

ライトボディミディアムボディ フルボディ
果実味
淡い 豊か
酸味
弱い 強い
渋み
弱い 強い

商品データ

商品番号 4582203055194
種類 赤ワイン
生産地 フランス・南仏・ラングドック・ルーション
ヴィンテージ 2018年
原産地呼称 AOCコルビエール
品種 シラー59%
ムールヴェドル28%
グルナッシュ13%
輸入元 ファインズ
容量 750ml
アルコール度数 15.5%

ワイナリー情報

ドメーヌ・ド・オーシエール

オーシエールのブドウ畑の歴史は、ローマ時代に遡ります。およそ1世紀の間、シトー派修道院の農場としての役割を担っていました。1950年代以降、ラングドック地方の多くの生産者が衰退してゆく中、オーシエールも同様に、徐々に畑は荒れ果て、前オーナーの時代にはそのほとんどは安いテーブルワインに使用され、コミュニティも廃墟と化してしまいました。ラングドック地方の窮状を救うため、地元の有力者がシャトー・ラフィットのエリック・ド・ロートシルト男爵にオーシエールの畑を紹介。エリック男爵はその畑のポテンシャルに惚れ込み、1999年にその広大な土地を取得しました。地質調査から始まり、畑の植え替え、醸造設備の改善を行って、ラングドックのテロワールにボルドーの伝統と技術を融合させたワイン造りを行っています。